415件中 111 - 120件表示
  • 福井県

    福井県から見た大野市

    福井県はケッペンの気候区分では県内全域が温暖湿潤気候であるが、日本海側気候であり豪雪地帯(一部特別豪雪地帯)に指定されている。中でも特別豪雪地帯の大野市・勝山市・池田町・南越前町の旧今庄町は全国屈指の積雪量であり、年間の降水量は多い時に3000mm以上に達する。ただし、近年は暖冬傾向で、降水量は昔に比べ減少しつつある。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た越前国

    山中峠・木ノ芽峠・栃ノ木峠を通る稜線を境にして、北側の嶺北(越前地方)と、南側の嶺南(若狭地方および敦賀市)より構成される。また日本海及び若狭湾の福井県海域には周囲0.1km以上の島が58あるが全て無人島で、常神半島沖の岩礁である千島で約3kmの距離しか離れていない。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た若狭国

    山中峠・木ノ芽峠・栃ノ木峠を通る稜線を境にして、北側の嶺北(越前地方)と、南側の嶺南(若狭地方および敦賀市)より構成される。また日本海及び若狭湾の福井県海域には周囲0.1km以上の島が58あるが全て無人島で、常神半島沖の岩礁である千島で約3kmの距離しか離れていない。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た小浜藩

    1623年、秀康の長男松平忠直は狼藉を理由に豊後国荻原に配流された。かわりに秀康次男の越後高田藩主松平忠昌が幕命により相続し、忠直の長男松平光長には越後国高田(上越市)に新たに領地が与えられた。このとき北ノ庄藩は規模を縮小し、余地をもって越前勝山藩、大野藩、丸岡藩などの複数の小藩が成立。また、敦賀郡はいったん幕府領(天領)となった後、小浜藩領となり、後に小浜藩支藩の敦賀藩などが成立した。このように、越前は複数の藩に分割統治されることとなった。江戸幕府八代将軍徳川吉宗が若かりし頃、領地を持っていたこともあった。交代寄合旗本の陣屋としては白崎陣屋の金森氏がある。忠昌の越前入部の際、北ノ庄は福居(後に福井)に改称された。これが福井市および県名の由来とされている。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た坂井市

    2006年(平成18年)3月20日 坂井郡三国町、坂井町、春江町、丸岡町が新設合併し、坂井市が誕生する。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た勝山市

    福井県はケッペンの気候区分では県内全域が温暖湿潤気候であるが、日本海側気候であり豪雪地帯(一部特別豪雪地帯)に指定されている。中でも特別豪雪地帯の大野市・勝山市・池田町・南越前町の旧今庄町は全国屈指の積雪量であり、年間の降水量は多い時に3000mm以上に達する。ただし、近年は暖冬傾向で、降水量は昔に比べ減少しつつある。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た南越前町

    福井県はケッペンの気候区分では県内全域が温暖湿潤気候であるが、日本海側気候であり豪雪地帯(一部特別豪雪地帯)に指定されている。中でも特別豪雪地帯の大野市・勝山市・池田町・南越前町の旧今庄町は全国屈指の積雪量であり、年間の降水量は多い時に3000mm以上に達する。ただし、近年は暖冬傾向で、降水量は昔に比べ減少しつつある。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た越前町

    2005年(平成17年)2月1日 丹生郡朝日町、織田町、旧・越前町、宮崎村が新設合併し、新・越前町が誕生する。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た敦賀駅

    1896年(明治29年)7月15日 北陸線・敦賀駅?福井駅(当時、森田)間が開業する。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た石川県

    1876年(明治9年)8月21日:木ノ芽峠を境に敦賀県が分割され、現在の南越前町以北が石川県に、現在の敦賀市以西が滋賀県に編入された。福井県 フレッシュアイペディアより)

415件中 111 - 120件表示

「福井のできごと」のニューストピックワード