415件中 121 - 130件表示
  • 福井県

    福井県から見た北前船

    江戸時代中頃以降は北前船が三国や敦賀に寄港し、蝦夷地や大坂を結んでいた。小浜の古河、越前河野浦の右近などの北前船主が活躍した。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た一乗谷朝倉氏遺跡

    2009年(平成21年)6月7日、第60回全国植樹祭が一乗谷朝倉氏遺跡で開催される。福井県での開催は第13回以来、47年ぶり。テーマは「未来へつなごう 元気な森 元気なふるさと」。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た廃藩置県

    1634年、小浜藩は京極忠高に代わって幕府老中の酒井忠勝が領主となり、その後、廃藩置県まで酒井氏が若狭を統治する。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た大野藩

    1623年、秀康の長男松平忠直は狼藉を理由に豊後国荻原に配流された。かわりに秀康次男の越後高田藩主松平忠昌が幕命により相続し、忠直の長男松平光長には越後国高田(上越市)に新たに領地が与えられた。このとき北ノ庄藩は規模を縮小し、余地をもって越前勝山藩、大野藩、丸岡藩などの複数の小藩が成立。また、敦賀郡はいったん幕府領(天領)となった後、小浜藩領となり、後に小浜藩支藩の敦賀藩などが成立した。このように、越前は複数の藩に分割統治されることとなった。江戸幕府八代将軍徳川吉宗が若かりし頃、領地を持っていたこともあった。交代寄合旗本の陣屋としては白崎陣屋の金森氏がある。忠昌の越前入部の際、北ノ庄は福居(後に福井)に改称された。これが福井市および県名の由来とされている。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た武田氏

    若狭国では南北朝時代には守護の交代が頻繁に行われるが、1366年、一色氏が守護となり、国人一揆を抑えて若狭を支配する。しかし、1440年、一色氏の勢力拡大を恐れた将軍足利義教は武田氏を守護に任命する。武田氏は一色氏残党や一揆を抑えて若狭を支配する。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た門徒

    1506年、加賀国から本願寺門徒らが侵入する。しかし、朝倉教景(宗滴)指揮する朝倉方はこれを九頭竜川で迎え撃ち勝利する(九頭竜川の戦い)。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た関ヶ原の戦い

    1600年の関ヶ原の戦いの後、戦功第一の恩賞として結城秀康に越前一国および下野国結城郡75万石が与えられる(北ノ庄藩)。越前松平家は、将軍家徳川秀忠の兄の家ということから、制外の家(各種特権が許された家)または、御三家に次ぐ家という意味で四家などともよばれる。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た特例市

    File:Fukui city aerial 03.jpg|1.福井市(特例市福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た越前勝山藩

    1623年、秀康の長男松平忠直は狼藉を理由に豊後国荻原に配流された。かわりに秀康次男の越後高田藩主松平忠昌が幕命により相続し、忠直の長男松平光長には越後国高田(上越市)に新たに領地が与えられた。このとき北ノ庄藩は規模を縮小し、余地をもって越前勝山藩、大野藩、丸岡藩などの複数の小藩が成立。また、敦賀郡はいったん幕府領(天領)となった後、小浜藩領となり、後に小浜藩支藩の敦賀藩などが成立した。このように、越前は複数の藩に分割統治されることとなった。江戸幕府八代将軍徳川吉宗が若かりし頃、領地を持っていたこともあった。交代寄合旗本の陣屋としては白崎陣屋の金森氏がある。忠昌の越前入部の際、北ノ庄は福居(後に福井)に改称された。これが福井市および県名の由来とされている。福井県 フレッシュアイペディアより)

  • 福井県

    福井県から見た敦賀港駅

    1889年(明治22年)7月:東海道支線として米原?金ヶ崎(現敦賀港駅:つるがみなと)間が開通する。福井県 フレッシュアイペディアより)

415件中 121 - 130件表示

「福井のできごと」のニューストピックワード