27件中 11 - 20件表示
  • ゼロ金利政策

    ゼロ金利政策から見た福井俊彦福井俊彦

    福井俊彦総裁は「低金利が経済・物価情勢と離れて長く継続するという期待が定着すると、金融・経済活動を通じて資源配分に歪みが生じ、経済成長を阻害する可能性がある」と述べていた。福井は「資源配分に歪み」については「具体的には言えない」と述べていた。ゼロ金利政策 フレッシュアイペディアより)

  • インフレターゲット

    インフレターゲットから見た福井俊彦福井俊彦

    2006年3月に日本銀行は「中長期的な物価安定の理解(Understanding of Medium- to Long-Term Price Stability)」を公表した。2006年版では「物価の安定」について「消費者物価指数で変化率が0%の状態」としており「0から2%の範囲内」としていた。福井俊彦総裁は「政策目標ではない」と述べていた。インフレターゲット フレッシュアイペディアより)

  • たすきがけ人事

    たすきがけ人事から見た福井俊彦福井俊彦

    1969年以降、日銀出身者(プロパー)と大蔵省からの天下り者が交互に総裁を務めた。1998年の日本銀行法改正により、中央銀行としての独立性を向上させるため、この慣行は廃された。日銀出身の速水優に続いて、同じく日銀出身の福井俊彦が総裁に就任している。たすきがけ人事 フレッシュアイペディアより)

  • 森永貞一郎

    森永貞一郎から見た福井俊彦福井俊彦

    1974年、佐々木直の後を受けて第23代日本銀行総裁に就任。これ以後、日銀と大蔵省の出身者が交互に総裁職に就くというたすきがけ人事の慣行が、2003年の福井俊彦総裁誕生まで続くことになる。総裁の座に就いた森永は、早速、第1次石油危機後の対応に迫られることとなった。小宮隆太郎や堀内昭義等の経済学者から、佐々木前総裁の金融政策運営が、マネーサプライの管理に失敗したとの指弾を受けた為、森永日銀は公には否定しながらもマネーの適正管理に配慮をした政策運営を執ることとなった。結果、日本経済は石油危機から立ち直ると安定成長軌道に乗り順調な拡大路線を突き進むこととなった(当時の人々にとってみれば、石油危機後の経済はそれなりに苦しかったようだが、1990年代後半から2000年代前半にかけてのデフレ不況を思えば、それも隔世の感がある)。1979年、日銀総裁を退任。後継総裁にはたすきがけ人事の慣行に倣い、日銀プロパーの前川春雄が就いた。森永貞一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 角谷正彦

    角谷正彦から見た福井俊彦福井俊彦

    父親が三重大学教授になったことで、故郷の三重県に戻り、三重県立亀山高等学校卒業後、東京大学入学。同期に福井俊彦など。角谷正彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の政治

    2008年の政治から見た福井俊彦福井俊彦

    3月19日 - 日本銀行総裁の福井俊彦が任期満了で退任。副総裁の白川方明が総裁代行に就任。2008年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た福井俊彦福井俊彦

    かつて日本銀行総裁は、大蔵省OBと日銀OBが交代で務める「たすき掛け人事」が続いていたが、28代の速水優、29代の福井俊彦と2代続けて日銀OBが就任していた。福井の任期満了に伴う次期総裁人事において、日銀の独立性が確保されるかが争点となる中、日本国政府が国会に提示した武藤敏郎(日銀副総裁)および田波耕治(国際協力銀行総裁)の総裁人事案は、ねじれ国会の野党が多数を占める参議院で否決され、3月19日で総裁を退任した福井が3月20日付で副総裁に就任する白川を「次期日銀総裁が就任するまでの間、総裁の職務を代行する者」に指名した。これにより、白川は副総裁就任と同時に日本銀行総裁職務代行者となった。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • 西村清彦

    西村清彦から見た福井俊彦福井俊彦

    2005年から2008年まで日本銀行政策委員会審議委員を務める。2008年3月から2013年3月まで日本銀行副総裁。福井俊彦総裁の任期満了に伴う正副総裁人事において、3月18日、政府は田波耕治を総裁、西村を副総裁とする人事案を国会に提示。翌3月19日、田波の総裁人事案は参議院で野党の反対多数により不同意となったが、西村の副総裁人事案は衆参両院で同意された。これを受けて政府は同日の持ち回り閣議を以て西村を正式に日本銀行副総裁に任命、3月20日付で就任した。西村清彦 フレッシュアイペディアより)

  • 村上ファンド

    村上ファンドから見た福井俊彦福井俊彦

    運用資産額は、2006年3月末で4444億円(日本証券投資顧問業協会提出資料より)を超えており、そのうち3705億円が海外の大学財団などから、残り739億円が国内のオリックス、農林中央金庫、石油資源開発、ウシオ電機、立花証券などからの出資があるとされている。個人では、1999年同ファンド設立時に富士通総研理事長だった、第29代日本銀行総裁の福井俊彦が1000万円出資していた事が、2006年6月13日の参議院財政金融委員会で公にされた。村上ファンド フレッシュアイペディアより)

  • 日本のデフレーション

    日本のデフレーションから見た福井俊彦福井俊彦

    福井俊彦元日本銀行総裁は「デフレの背景には金融政策の対象である貨幣的現象以外に世界経済、日本経済それぞれの構造変化という側面もある。ひとつの手段(金融政策)で対応できるとは考えづらい」と述べている。日本のデフレーション フレッシュアイペディアより)

27件中 11 - 20件表示

「福井俊彦」のニューストピックワード