23件中 11 - 20件表示
  • 大阪経済大学

    大阪経済大学から見た福井俊彦福井俊彦

    創立70周年記念事業の講演会やシンポジウムには政財界などから海部俊樹、細川護煕、与謝野馨、岡田克也、亀井静香、藤井裕久、小池百合子、田村元、太田房江、磯村隆文、福井俊彦、中村邦夫、山本卓眞、宮内義彦、北尾吉孝、鶴田卓彦、奥田務、渡辺捷昭、塙義一、大竹美喜、角川歴彦、樋口廣太郎、堀威夫、土田正顕、巽悟朗、辻晴雄、歌田勝弘、佐藤光夫、福川伸次、寺澤芳男、奥山章雄、アマルティア・セン、ジェラルド・カーティス、岸本忠三、江崎玲於奈、奥島孝康、小室直樹、五木寛之、米長邦雄、小林秀雄、平岡英信、福島敦子など多くの各界の著名人、総勢約120名の方々を招いて開催され、約1,000人収容可能な大阪経済大フレアホールは連日満員で会場に入りきらないほどの来場者となった。この講演の内容の一部をまとめた本「21世紀の日本を拓く」が日本経済新聞社から出版され、講演の模様の一部がテレビ大阪で放送された。大阪経済大学 フレッシュアイペディアより)

  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た福井俊彦福井俊彦

    日本銀行総裁の福井俊彦は9月9日の会見で、選手会のストライキ決議への一定の理解を示し、「参入を制限しないでほしい」との見解を示した。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 松下康雄

    松下康雄から見た福井俊彦福井俊彦

    日本銀行総裁としての松下は、バブル経済崩壊後の経済再建という難しい舵取りを迫られた。折からの日米経済摩擦による超円高、国内金融機関の腐敗と累積する不良債権、そして忍び寄るデフレ経済の影等、松下が取り組むべき課題は、過去に類例を見ない厳しいものであった。そうした状況下において、松下は、かつて太陽神戸銀行の頭取として銀行大合併をやってのけた時のような辣腕を振るうことは出来ず、結局、更なる不良債権の累増と、デフレ経済への突入を許してしまった。その上、在任中は大蔵省接待汚職事件のスキャンダルに見舞われ、最後はその責を問われる形で、福井俊彦日銀副総裁と共に職を辞した。松下康雄 フレッシュアイペディアより)

  • 西村清彦

    西村清彦から見た福井俊彦福井俊彦

    2008年3月20日より日本銀行副総裁。福井俊彦総裁の任期満了に伴う正副総裁人事において、3月18日、政府は田波耕治を総裁、西村を副総裁とする人事案を国会に提示。翌3月19日、田波の総裁人事案は参議院で野党の反対多数により不同意となったが、西村の副総裁人事案は衆参両院で同意された。これを受けて政府は同日の持ち回り閣議を以て西村を正式に日本銀行副総裁に任命、3月20日付で就任した。西村清彦 フレッシュアイペディアより)

  • 第14循環

    第14循環から見た福井俊彦福井俊彦

    2003年3月、従来のたすきがけ人事を破って、新しい日銀総裁に福井俊彦が就任した。98年の日銀法改正により、政府による金融政策のコントロールが不能に陥っていた中で、日銀出身の福井に対しては、速水総裁の路線(良いデフレ論)を踏襲することも予想された。しかし、2003年下期から2004年3月にかけての政府の為替介入に対して協力し、大幅な円安を演出した。また、日銀当座預金の目標残高を30-35兆円にするなど、量的金融緩和政策を積極的に行うなど、デフレ脱却へ向け、大きく舵を切った。第14循環 フレッシュアイペディアより)

  • 森永貞一郎

    森永貞一郎から見た福井俊彦福井俊彦

    1974年、佐々木直の後を受けて第23代日本銀行総裁に就任。これ以後、日銀と大蔵省の出身者が交互に総裁職に就くというたすきがけ人事の慣行が、2003年の福井俊彦総裁誕生まで続くことになる。総裁の座に就いた森永は、早速、第1次石油危機後の対応に迫られることとなった。小宮隆太郎や堀内昭義等の経済学者から、佐々木前総裁の金融政策運営が、マネーサプライの管理に失敗したとの指弾を受けた為、森永日銀は公には否定しながらもマネーの適正管理に配慮をした政策運営を執ることとなった。結果、日本経済は石油危機から立ち直ると安定成長軌道に乗り順調な拡大路線を突き進むこととなった(当時の人々にとってみれば、石油危機後の経済はそれなりに苦しかったようだが、1990年代後半から2000年代前半にかけてのデフレ不況を思えば、それも隔世の感がある)。1979年、日銀総裁を退任。後継総裁にはたすきがけ人事の慣行に倣い、日銀プロパーの前川春雄が就いた。森永貞一郎 フレッシュアイペディアより)

  • インフレ・イーター

    インフレ・イーターから見た福井俊彦福井俊彦

    インフレ・イーター(Inflation eater)とは、インフレーションを吸収する(食べてしまう)ほどの生産力を持つ経済のこと。日本銀行の福井総裁が発言の中で用いた和製英語。インフレ・イーター フレッシュアイペディアより)

  • 近藤洋介 (政治家)

    近藤洋介 (政治家)から見た福井俊彦福井俊彦

    専門分野は経済政策で、野党時代は三井住友銀行の独占禁止法違反事件や官製談合問題、福井俊彦日本銀行総裁による村上ファンド拠出金問題等の追及を行った。近藤洋介 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 白川方明

    白川方明から見た福井俊彦福井俊彦

    かつて日本銀行総裁は大蔵省OBと日銀OBが交代で務めるたすき掛け人事が続いていたが、28代の速水優、29代の福井俊彦と2代続けて日銀OBが就任していた。福井の任期満了に伴う次期総裁人事において日銀の独立性が確保されるかが争点となる中、政府が国会に提示した武藤敏郎(日銀副総裁)及び田波耕治(国際協力銀行総裁)の総裁人事案は野党が多数を占める参議院で否決され、3月19日で総裁を退任した福井が3月20日付で副総裁に就任する白川を「次期日銀総裁が就任するまでの間、総裁の職務を代行する者」に指名した。これにより、白川は副総裁就任と同時に日本銀行総裁職務代行者となった。白川方明 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス (企業)

    オリックス (企業)から見た福井俊彦福井俊彦

    この拠出金の中には、日銀総裁・福井俊彦が以前に行なった1000万円も含まれている。宮内会長は小泉純一郎内閣の規制改革・民間開放推進会議議長となり、そこで示された規制緩和の恩恵を受けて村上ファンドが成長していったため、宮内は公職を利用して政府の政策を自分の会社の利益拡大につながるよう誘導したのではないかという批判が生まれた。これに対し、オリックスや宮内は、村上ファンドとの関係は民間企業同士の自由な商取引であり国会での説明にはそぐわず、政策決定とは無関係であると説明し、野党側が求めていた宮内の参考人招致は与党側の反対で見送られた。オリックス (企業) フレッシュアイペディアより)

23件中 11 - 20件表示

「福井俊彦」のニューストピックワード