1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示
  • プロ野球再編問題 (2004年)

    プロ野球再編問題 (2004年)から見た福井俊彦福井俊彦

    日本銀行の福井俊彦総裁は9月9日の会見で、選手会のストライキ決議への一定の理解を示し、「参入を制限しないでほしい」との見解を示した。プロ野球再編問題 (2004年) フレッシュアイペディアより)

  • 黒田東彦

    黒田東彦から見た福井俊彦福井俊彦

    2008年に、福田康夫政権下で進められた福井俊彦日銀総裁の後任人事の際、モルガン・スタンレー証券のロバート・フェルドマン博士は、日銀総裁人事などの重要案件には「特定の基準に照らして開かれた議論」が望ましいと主張し、中央銀行マン・官僚・財界人ら19人を「マクロ経済学と独立性」「政策決定機関トップの経験」「国内外のネットワーク」の3指標で採点した結果を「次期日銀総裁 -- 候補者を比較する」と題する調査報告書として発表した。黒田は「マクロ経済学と独立性」および「国内外のネットワーク」を重視する基準で13位、「政策決定機関トップの経験」重視の基準で7位にとどまった(「マクロ経済学と独立性」の基準で最も評価が高かったのは日銀出身で経済協力開発機構 (OECD) の副事務総長を務めた重原久美春であり、小泉純一郎内閣で経済財政担当相やな金融相どを歴任した竹中平蔵が第2位、また、「政策決定機関トップの経験」「国内外のネットワーク」の2指標を重視した評点でも両者が最高位であった)。黒田東彦 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪経済大学

    大阪経済大学から見た福井俊彦福井俊彦

    創立70周年記念事業の講演会やシンポジウムには政財界などから海部俊樹、細川護熙、与謝野馨、岡田克也、亀井静香、藤井裕久、小池百合子、田村元、太田房江、磯村隆文、福井俊彦、中村邦夫、山本卓眞、宮内義彦、北尾吉孝、鶴田卓彦、奥田務、渡辺捷昭、塙義一、大竹美喜、角川歴彦、樋口廣太郎、堀威夫、土田正顕、巽悟朗、辻晴雄、歌田勝弘、佐藤光夫、福川伸次、寺澤芳男、奥山章雄、アマルティア・セン、ジェラルド・カーティス、岸本忠三、江崎玲於奈、奥島孝康、小室直樹、五木寛之、米長邦雄、小林秀雄、平岡英信、福島敦子など多くの各界の著名人、総勢約120名の方々を招いて開催され、約1,000人収容可能な大阪経済大フレアホールは連日満員で会場に入りきらないほどの来場者となった。この講演の内容の一部をまとめた本「21世紀の日本を拓く」が日本経済新聞社から出版され、講演の模様の一部がテレビ大阪で放送された。大阪経済大学 フレッシュアイペディアより)

  • 日本銀行

    日本銀行から見た福井俊彦福井俊彦

    2006年(平成18年) - 福井俊彦総裁が村上ファンドに蓄財、経営諮問委員会に参加していたことが発覚。日本銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 第14循環

    第14循環から見た福井俊彦福井俊彦

    2003年3月、従来のたすきがけ人事を破って、新しい日銀総裁に福井俊彦が就任した。1998年の日銀法改正により、政府による金融政策のコントロールが不能に陥っていた中で、日銀出身の福井に対しては、速水総裁の路線(良いデフレ論)を踏襲することも予想された。しかし、2003年下期から2004年3月にかけての政府の為替介入に対して協力し、大幅な円安を演出した。また、日銀当座預金の目標残高を30 - 35兆円にするなど、量的金融緩和政策を積極的に行うなど、デフレ脱却へ向け、大きく舵を切った。第14循環 フレッシュアイペディアより)

  • 大阪府立大手前高等学校

    大阪府立大手前高等学校から見た福井俊彦福井俊彦

    福井俊彦(第29代日本銀行総裁)54卒大阪府立大手前高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • オリックス (企業)

    オリックス (企業)から見た福井俊彦福井俊彦

    この拠出金の中には、日銀の福井俊彦総裁が以前に行なった1000万円も含まれている。オリックスの宮内会長は小泉純一郎内閣の規制改革・民間開放推進会議議長となり、そこで示された規制緩和の恩恵を受けて村上ファンドが成長していったため、宮内会長は公職を利用して政府の政策を自分の会社の利益拡大につながるよう誘導したのではないかという批判が生まれた。これに対し、オリックスや宮内会長は、村上ファンドとの関係は民間企業同士の自由な商取引であり国会での説明にはそぐわず、政策決定とは無関係であると説明し、野党側が求めていた宮内会長の参考人招致は与党側の反対で見送られた。オリックス (企業) フレッシュアイペディアより)

1 2 3 次へ
27件中 21 - 27件表示

「福井俊彦」のニューストピックワード