59件中 41 - 50件表示
  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た財務金融委員会

    2006年6月13日の参議院財政金融委員会において、福井は、村上世彰(村上ファンド事件で6月5日逮捕)が率いていた村上ファンドに1000万円を投資していたことを明らかにした。投資したのは1998年に日銀副総裁を辞任後、富士通総研の理事長を務めていた1999年の秋で「村上氏の志を激励」する目的と話した。日銀総裁に就任後も日銀の内規(「日本銀行行員の心得」)に抵触しないとの判断のもと、同ファンド投資を解約せず継続して保有。しかし、2006年2月には「村上氏の投資行動が当初のものと変わってきたように感じたため」、同ファンドを解約するに至ったと話した。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た中央銀行

    大阪府大阪市出身。日本銀行プロパーの中で頭角を現し、早くから将来の総裁候補として嘱望されていた。1994年の副総裁就任によって、当時の大蔵省・日銀間のたすきがけ人事の慣行では、次期総裁の座がほぼ約束されていたが、大蔵省接待汚職事件で日銀にも逮捕者が出たこと等から1998年辞職。その際、松下康雄総裁も同時に監督責任を問われ辞任することとなった。松下総裁の後任として、日銀プロパーの速水優が就いた為、一時は福井総裁誕生の可能性が薄らいだが、折りしも中央銀行の独立性の確保の為に新日銀法が制定され、大蔵省・日銀間のたすきがけ人事の慣行が廃止されることになり、新日銀法の制定に尽力すると同時に、行政・立法府との調整力のあった福井が再び総裁候補として浮上。2003年、小泉総理官邸は複数の候補者のなかで日銀国際派エースでOECD副事務総長だった重原久美春を隠れた最有力候補にしていた(「選択」2003年6月号)が、結局、財界などからの支持を得た福井総裁の誕生となった。この時、英国フィナンシャルタイムズ紙(2003年2月25日号)は、「小泉の小心(Koizumi's Timidity)」と題する社説において、意中の人であった重原の総裁就任に抵抗した既成勢力の圧力に屈した小泉を批判した。直後にイラク戦争が発生し、国際情勢が混迷を極めていた中での就任となった。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た社団法人

    日本銀行副総裁、株式会社富士通総研理事長、社団法人経済同友会副代表幹事、第29代日本銀行総裁などを歴任した。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た与党

    野党各党首は、福井が同ファンドへ投資したのは総裁就任前だが、就任後に「解約」手続きをすることで利益が確定するため、これが「利殖行為」にあたるとして道義的責任を問題視、辞任を要求。2006年7月に行われた読売新聞の世論調査では、「辞任」を求める声が72%に達した。一方、与党ならびに財界関係者、金融市場関係者の大多数が「辞任の必要はない」とコメント。福井本人も猛省はしているものの「職責をまっとうする」と辞任は否定。一方、同様の問題の再発を防止するため、日銀の内規については早期改定が実施された。尚、6月20日に福井が国会に提出した村上ファンドへの投資に関する資料によると、2005年末現在の同ファンド投資による利益総額は1473万円(同投資に伴う元本・配当金は全額、日本赤十字及び海外留学生受入支援慈善団体に寄付されるとのこと)。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た第21回参議院議員通常選挙

    2008年3月19日の退任を前に、後継日銀総裁人事が進められた。日銀総裁は衆参両院の同意を必要とする国会同意人事であるが、2007年第21回参議院議員通常選挙に於いて民主党など野党が圧勝し、参議院では野党が過半数を占めるねじれ国会において参議院の同意が得られるかが注目された。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た放送番組審議会

    2008年4月 中央放送番組審議会委員福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た国会同意人事

    2008年3月19日の退任を前に、後継日銀総裁人事が進められた。日銀総裁は衆参両院の同意を必要とする国会同意人事であるが、2007年第21回参議院議員通常選挙に於いて民主党など野党が圧勝し、参議院では野党が過半数を占めるねじれ国会において参議院の同意が得られるかが注目された。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た量的緩和

    2004年2月14日、英エコノミスト誌はToshihiko Goldilocksと題した記事で、前任の速水優を「おそらく世界で最悪の中央銀行総裁possibly the world's worst central banker」と評した上、連邦準備制度理事会(FRB)のアラン・グリーンスパン議長や欧州中央銀行(ECB)のジャンクロード・トリシェ総裁ではなく、より強力な量的緩和に踏み切った福井俊彦を世界で最も優れた中央銀行総裁と評価する記事を掲載した。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見たたすきがけ人事

    大阪府大阪市出身。日本銀行プロパーの中で頭角を現し、早くから将来の総裁候補として嘱望されていた。1994年の副総裁就任によって、当時の大蔵省・日銀間のたすきがけ人事の慣行では、次期総裁の座がほぼ約束されていたが、大蔵省接待汚職事件で日銀にも逮捕者が出たこと等から1998年辞職。その際、松下康雄総裁も同時に監督責任を問われ辞任することとなった。松下総裁の後任として、日銀プロパーの速水優が就いた為、一時は福井総裁誕生の可能性が薄らいだが、折りしも中央銀行の独立性の確保の為に新日銀法が制定され、大蔵省・日銀間のたすきがけ人事の慣行が廃止されることになり、新日銀法の制定に尽力すると同時に、行政・立法府との調整力のあった福井が再び総裁候補として浮上。2003年、小泉総理官邸は複数の候補者のなかで日銀国際派エースでOECD副事務総長だった重原久美春を隠れた最有力候補にしていた(「選択」2003年6月号)が、結局、財界などからの支持を得た福井総裁の誕生となった。この時、英国フィナンシャルタイムズ紙(2003年2月25日号)は、「小泉の小心(Koizumi's Timidity)」と題する社説において、意中の人であった重原の総裁就任に抵抗した既成勢力の圧力に屈した小泉を批判した。直後にイラク戦争が発生し、国際情勢が混迷を極めていた中での就任となった。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

  • 福井俊彦

    福井俊彦から見た月刊タイガース

    大阪府出身ということもあって、大の阪神ファンであり、2003年の阪神タイガースの優勝では、球団刊行誌『月刊タイガース優勝記念増刊号』に寄稿している(なお、前任の速水も阪神ファンだった)。福井俊彦 フレッシュアイペディアより)

59件中 41 - 50件表示

「福井俊彦」のニューストピックワード