270件中 31 - 40件表示
  • 福原愛

    福原愛から見たデーモン閣下

    同年12月10日放送のフジテレビ「第2回 明石家さんまのスポーツするぞ!大放送」に出演。すると、番組内での対戦で明石家さんま(当時38歳)が福原(当時5歳)を泣かせた。デーモン小暮との対戦でも泣かされた。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た和田アキ子

    永谷園「すし太郎」(和田アキ子と共演)福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た全国高等学校総合体育大会

    大阪では公立小学校に通っていた。小6の6月に、ITTFジャパンツアー一般の部に選ばれ初出場で代表デビューを果たす。中学は大阪の強豪である私立四天王寺中への進学を考えていたが、福原は既にプロ契約をしていたため、アマチュア規程により全中やインターハイなどには出場できないという懸念があった。結局地元公立中へ入学したが、一ヶ月でスポーツの名門私立学校、青森山田中学校に転校した。青森山田中は中高一貫教育を目指してその年に開校。法人は卓球専用の体育館などの施設を備えている。同校を選んだのはミキハウスJSCに所属したままプロ活動をしたいという福原サイドの意向に、理解を示したのが大きな理由である。これにより福原は多くの卓球遠征が可能になった(その後福原は「卓球界に大きな貢献をした」ということで、全中もインターハイも国体も特例で出場できるようになった)。ミキハウスは青森JSC(ジュニアスポーツクラブ)という組織を作り、福原をその所属とした(他には青森大学の坂本竜介などがいて、混合ダブルスペアをよく組んでいる)。小西杏とはダブルスで全日本3連覇した(2005年以降、代表では藤沼亜衣と組んでいる)。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た日本オリンピック委員会

    史上初の全日本グランドスラム達成者であり、五輪2大会連続のメダリスト。ITTF世界ランキング最高位は4位(2015年10月)。段級位は7段。日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーン・シンボルアスリート制度適用選手。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た早稲田大学

    父は高校卒業後の進路として当初、大学も青森山田学園系列の青森大学を考えていたが、福原本人が早稲田大学スポーツ科学部を強く志望し、2006年8月より書類提出、面接を経て9月13日に合格が決まった。同学部による2年目の実施となるトップアスリート入学試験によるものであった。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た全日本卓球選手権大会

    2011年5月、ロッテルダム世界選手権混合ダブルスにおいて岸川聖也とペアを組み、この種目では日本選手34年ぶりの銅メダルを獲得。大会終了後の5月16日付世界ランキングで日本人2番目の9位となり、ロンドンオリンピックシングルス出場権を獲得。2011年11月27日にはロンドン五輪と同会場で行われたテスト大会のプロツアー・グランドファイナルで石川佳純と女子ダブルスに出場して準優勝を収め、主戦場としてきたシングルス以外に活路を見出していた。そして2012年1月21日、東京体育館で開催された全日本選手権において、決勝戦で石川佳純を4-1で下し、13回目の挑戦にして念願の選手権を獲得している。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た仙台市

    福原 愛(ふくはら あい、1988年11月1日 - )は、日本の卓球選手。宮城県仙台市生まれ、身長155cm、血液型B型。全日本空輸(ANA)に所属。2016年11月現在は、夫・江宏傑(2016年9月 - )と夫妻でドイツ在住。2017年6月、第1子妊娠を報告。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た日本テレビ放送網

    アンテナ22(日本テレビ、2006年1月16日)福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た読売新聞社

    1995年 - 日本スポーツ賞(読売新聞社)、特別奨励賞(宮城県体育協会)福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た朝日新聞出版

    AERA(朝日新聞出版、2003年5月12日)表紙を飾った。福原愛 フレッシュアイペディアより)

270件中 31 - 40件表示

「福原愛」のニューストピックワード