213件中 71 - 80件表示
  • 福原愛

    福原愛から見た上海市

    2005年9月19日 - 愛・地球博の上海ウイークのイベントに出場福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た日本スポーツ賞

    1995年 - 日本スポーツ賞(読売新聞社)、特別奨励賞(宮城県体育協会)福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た世界卓球選手権

    以降、中学の3年間は世界各地のITTFプロツアーに数多く出場。安定した成績を見せ、世界ランキングを上げていった。この頃国内の高校以下では無敵となり、また国際試合での強さも見せ、国内シニアの選手にも勝てるようになっていった。選考会などを経て14歳の若さで2003年世界卓球選手権個人戦に抜擢され出場し、日本勢の中で一人躍進、ベスト8に進出。この結果により翌2004年3月の世界選手権団体戦と、4月のアテネ五輪アジア予選出場が内定。2001年にはコーチの黄智敏と1分間に175回のラリーを続けるというギネス記録を達成している。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た仙台育英学園高等学校

    2008年5月4日に仙台市体育館で開催された北京五輪壮行試合と日本リーグ・ビッグトーナメント仙台大会に出場した福原は、開始式で「青葉区国見ヶ丘出身です」と発言し、会場を沸かせた。この大会には、福原のほかに仙台育英学園高等学校卒の平野早矢香および岸川聖也の両選手も出場し、仙台ゆかりの北京五輪卓球代表3人が揃って参加し賑わった。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見たおにぎり

    アテネ五輪では家族が大量のおにぎりを会場に持参したが、入り口のセキュリティ・チェックで「爆弾ではないか」と係員に一時引き止められた。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た小学校

    小学校時代は「ヨー!」(「よーし」の略)というかけ声を使っていたが、中学以降は思春期に入ったためにこのかけ声を使わなくなり、中学後半ぐらいから徐々に大きなかけ声を出すようになり、アテネ五輪で「サー!」は福原の代名詞ともなった(もっとも卓球でこのように声を出す選手は多く決して珍しいことではない)。ただ、強い相手などにはかけ声が全然出ないこともある。「サー!」のかけ声には最大で3連続「サー!サー!サー!」もあり、「サー!ナイスボールサー!」もある。気合が入ると相手がミスしても「サー!」が出る。声が裏返る時もあり、年々闘争心が強くなっている。福原は「かけ声をかけるということは、自分が点を入れているという事なので、いっぱい叫びたいですね」と話す。声の音程には気を使っており、「会場で他の人と同じような音を出すと意味が無いじゃないですか」ということで今の甲高い声になったらしい。中国の選手達の影響で「サー!」を採用したことを、2006年10月30日放映の関西テレビ・フジテレビ系列番組『SMAP×SMAP』で明らかにした。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た中越地震

    2005年3月 - 中越地震で被災した長岡市の南中学を慰問、卓球交流。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た中国

    4回戦 - 中国の張怡寧(世界ランク1位)と対戦し、1-4で敗退。8強ならず。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た大阪市

    大阪は2008年度五輪開催地として正式に立候補し、さまざまな招致活動を行ったが(大阪オリンピック構想)福原愛を誘致のシンボルの一つとした(福原が大阪に引っ越した一つの要因ともされる)。大阪は大阪五輪の盛り上げの一環として、2001年に世界卓球選手権シングル、団体(同時開催)を大阪に誘致し、福原愛もエキシビジョンとして桂三枝(現・六代桂文枝)とオープニングマッチを行なうなどして盛り上げた。福原愛 フレッシュアイペディアより)

  • 福原愛

    福原愛から見た小学館の学年別学習雑誌

    小学一年生(小学館、1995年4月 - 1996年3月)表紙を飾った。福原愛 フレッシュアイペディアより)

213件中 71 - 80件表示

「福原愛」のニューストピックワード