49件中 11 - 20件表示
  • リリア・ショブホワ

    リリア・ショブホワから見た福士加代子福士加代子

    2011年に出場したシカゴマラソンでは、初めてのサブ20となる2時間18分20秒の世界歴代2位となる記録で圧勝し、大会3連覇を果たす(この大会では、福士加代子が2時間24分38秒で3位に入っている)。リリア・ショブホワ フレッシュアイペディアより)

  • 世界遺産姫路城マラソン

    世界遺産姫路城マラソンから見た福士加代子福士加代子

    2015年(第1回):谷口浩美・藤原正和・福士加代子・山口衛里・尾崎好美・渋谷俊浩・早狩実紀・大谷直・西山弥生・坂本隆哉・田中千洋など世界遺産姫路城マラソン フレッシュアイペディアより)

  • エドナ・キプラガト

    エドナ・キプラガトから見た福士加代子福士加代子

    2013年8月10日、キプラガトは世界陸上モスクワ大会の女子マラソンにおいて、序盤は先頭集団から遅れた位置から木崎良子らと共に徐々に追い上げ、野口みずきらを交わして先頭集団に追いつき、後半に福士加代子、メセレク・メルカムらをふるい落とし、ヴァレリア・ストラーネオと最後まで競り合いながらも2時間25分44秒で勝利し金メダルを獲得し、今季の女子マラソン界での世界一の称号の戴冠選手となった。世界陸上女子マラソンの2連覇は史上初である。(世界陸上女子マラソン2回制覇は、同国のキャサリン・ヌデレバに次いで2人目。)エドナ・キプラガト フレッシュアイペディアより)

  • 青森県民駅伝競走大会

    青森県民駅伝競走大会から見た福士加代子福士加代子

    福士加代子(第7回大会に板柳町代表で出場、現・ワコール所属)青森県民駅伝競走大会 フレッシュアイペディアより)

  • 大平美樹

    大平美樹から見た福士加代子福士加代子

    2000年に、これまた土佐の属している三井住友海上の陸上競技部に入部。入部当初は駅伝メンバーにギリギリ入れる程度の実力で、2区や4区と言ったようなつなぎの区間ばかり走っていた。しかし、2004年・2005年とまつえレディースハーフマラソンに2連覇を達成、2005年には10000mで31分41秒台と言う大幅自己記録更新や、全日本実業団対抗女子駅伝のエース区間5区で福士加代子に次ぐ区間タイムで走るなど、チームの将来のエースらしき成長が伺える。大平美樹 フレッシュアイペディアより)

  • 森本友

    森本友から見た福士加代子福士加代子

    2008年1月27日施行の大阪国際女子マラソンに出場。号砲直後からハイペースで独走した初マラソンの福士加代子についていかず、2位集団に待機。35km手前で終盤極端に失速した福士をかわして、結果日本人最高の2位に入った(優勝はイギリスのマーラ・ヤマウチ)。同年8月17日開催の北京オリンピック女子マラソン代表選手有力候補の一人となるが、優勝を逃した事と並びにかつ消極的なレース内容が、日本陸上競技連盟に対して良い印象を与えるには至らなかった。3月9日施行の名古屋国際女子マラソンで優勝した天満屋の後輩である中村友梨香より17秒早いタイムであったが、日本陸連は代表選考に当たり、森本と中村のレース内容を精査した結果、中村に軍配を上げた形になった。その為、森本の五輪代表の夢は掴むことは出来ず、惜しくも補欠エントリーに留まり、先輩後輩で明暗を分かつ形となった。森本友 フレッシュアイペディアより)

  • 中村友梨香

    中村友梨香から見た福士加代子福士加代子

    同年8月15日の世界陸上ベルリン大会女子10000m決勝では、先行するレーススタイルで最後まで粘り、7位入賞を果たした(福士加代子は9位、佐伯由香里は20位)。世界陸上で日本女子長距離走代表の入賞は、1999年世界陸上セビリア大会女子10000mの弘山晴美(4位)と高橋千恵美(5位)の二人同時入賞以来10年ぶりである。又8月19日の同大会の女子5000m予選を通過し、8月22日の女子5000m決勝では12位ながらも自己ベスト記録をマークした(小林祐梨子は決勝11位)。中村友梨香 フレッシュアイペディアより)

  • 新谷仁美

    新谷仁美から見た福士加代子福士加代子

    同年8月5日に出場したロンドンオリンピック女子10000mは序盤から福士加代子(ワコール)、吉川美香(パナソニック)、と積極的に飛び出し、3900mまでは日本人3選手が主導権を握った。中盤からエチオピア・ケニア勢が飛び出したが、必死に粘り自己記録の更新につなげた。結果、新谷は渋井陽子(三井住友海上)、福士加代子に次いで日本人3人目の30分台となる30分59秒19の日本女子歴代3位の好タイムをマークして9位でゴール。日本女子でもトップだったが惜しくも8位入賞に届かなかった。2日後の8月7日、同五輪女子5000mでは予選2組に出場、2000mまでトップを走り、4000mでも3位につけた。しかし残り800mで遅れ始め、10着でゴール。全体18位で決勝進出には及ばなかったが、日本女子歴代7位となる15分10秒20の自己記録をマークした。新谷仁美 フレッシュアイペディアより)

  • 渡邊裕子

    渡邊裕子から見た福士加代子福士加代子

    翌2013年1月27日の大阪国際女子マラソンで2時間25分台をマーク、マラソン自己記録を3分以上更新し日本人2番手の2位でゴール。2013年8月の世界陸上モスクワ大会の有力候補に名乗りを挙げたが、日本陸連が定めた女子マラソン派遣記録(2時間23分59秒)から約2分も遅れ、さらに同マラソンで優勝者(当初2着から繰り上げ)の福士加代子から1分35秒も離されたのがネックとなり、結局初の世界陸上日本代表は選出されなかった(2013年4月25日のマラソン代表決定時、日本陸連は女子マラソンの5枠ある分を3枠に削減した為。又横浜国際女子マラソンで日本人トップ・2位の那須川瑞穂も2時間26分台の記録がマイナス材料となり落選)。渡邊裕子 フレッシュアイペディアより)

  • マーラ・ヤマウチ

    マーラ・ヤマウチから見た福士加代子福士加代子

    2008年1月の大阪国際女子マラソンに出場し、レース序盤から先頭を走っていた福士加代子を34km過ぎで抜きさりその後も2位の森本友らの追撃を振り切ってゴールし、自己最高を3秒上回る記録でフルマラソン初優勝を飾った。マーラ・ヤマウチ フレッシュアイペディアより)

49件中 11 - 20件表示

「福士加代子」のニューストピックワード