36件中 11 - 20件表示
  • 青森県民駅伝競走大会

    青森県民駅伝競走大会から見た福士加代子福士加代子

    福士加代子(第7回大会に板柳町代表で出場、現・ワコール所属)青森県民駅伝競走大会 フレッシュアイペディアより)

  • 嶋原清子

    嶋原清子から見た福士加代子福士加代子

    2012年1月の大阪国際女子マラソンで、一区切りのレースにする事を発表。その大阪では優勝者の重友梨佐らハイペースの先頭集団についていかず、序盤の2Km辺りからマイペースで追走。その後レース後半に追い上げて(中盤以降失速した福士加代子を追い抜く際「ここからだよ」と福士の肩を叩くパフォーマンスを見せていた)、結果5位という成績で締め括った。さらに、かつて資生堂RCの元チームメートで、奇しくも嶋原の誕生日と一緒だった佐藤由美もラストランで6位に入り、二人はゴール後健闘を称えあうシーンがあった。嶋原清子 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た福士加代子福士加代子

    丸亀ハーフマラソンで、福士加代子(ワコール)が、それまで野口みずき(シスメックス)が持っていた日本記録・アジア記録を57秒更新する1時間7分26秒で優勝。野口みずきも自己記録を更新する1時間7分43秒で2位2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤恵 (陸上選手)

    佐藤恵 (陸上選手)から見た福士加代子福士加代子

    オリンピックにはロサンゼルス・ソウル・バルセロナと、フィールド競技では日本女子唯一の3大会連続出場を果たす(トラック種目では弘山晴美と福士加代子も五輪3回連続代表となっている)。さらにバルセロナオリンピックでは、現時点で日本女子選手で唯一となる跳躍競技五輪入賞(7位)の実績を残した。佐藤恵 (陸上選手) フレッシュアイペディアより)

  • 新谷仁美

    新谷仁美から見た福士加代子福士加代子

    2012年8月5日に出場したロンドンオリンピック女子10000mは序盤から福士加代子、吉川美香と積極的に飛び出し、3900mまでは日本人3選手が主導権を握った。中盤からケニア、エチオピアが飛び出したが、必死に粘り自己記録の更新につなげた。結果、新谷は日本女子歴代3位となる30分59秒19の好タイムをマークして9位でゴール。日本女子でもトップだったが惜しくも8位入賞に届かなかった。2日後の8月7日、同五輪女子5000mでは予選2組に出場、2000mまでトップを走り、4000mでも3位につけた。しかし残り800mで遅れ始め、10着でゴール。全体18位で決勝進出には及ばなかったが、日本女子歴代7位となる15分10秒20の自己記録をマークした。新谷仁美 フレッシュアイペディアより)

  • 大平美樹

    大平美樹から見た福士加代子福士加代子

    2000年に、これまた土佐の属している三井住友海上の陸上競技部に入部。入部当初は駅伝メンバーにギリギリ入れる程度の実力で、2区や4区と言ったようなつなぎの区間ばかり走っていた。しかし、2004年・2005年とまつえレディースハーフマラソンに2連覇を達成、2005年には10000mで31分41秒台と言う大幅自己記録更新や、全日本実業団対抗女子駅伝のエース区間5区で福士加代子に次ぐ区間タイムで走るなど、チームの将来のエースらしき成長が伺える。大平美樹 フレッシュアイペディアより)

  • 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会

    全国都道府県対抗女子駅伝競走大会から見た福士加代子福士加代子

    区間記録:30分52秒 福士加代子(青森) 第22回(2004年)全国都道府県対抗女子駅伝競走大会 フレッシュアイペディアより)

  • 孫英傑

    孫英傑から見た福士加代子福士加代子

    種目として5000メートル、10000メートル、マラソンをこなす。2003年の北京国際マラソンで2時間19分39秒で優勝した。腕を強く振らず、ダラリと伸ばす独特の走り方がトレードマークだが、この走り方のために、馬軍団には入れなかったと言われる。孫英傑の5000メートルと10000メートルの自己ベストは、それぞれ日本記録を大きく上回る。日本記録をもつ福士加代子が5000メートルと10000メートルで幾度となく孫英傑に挑むも、まったく歯が立たない状況であった。孫英傑 フレッシュアイペディアより)

  • FUKUIスーパーレディス駅伝

    FUKUIスーパーレディス駅伝から見た福士加代子福士加代子

    この駅伝は過去に高橋尚子、松野明美、福士加代子、真木和など日本を代表するランナーも走った経験があるFUKUIスーパーレディス駅伝 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のスポーツ

    2011年のスポーツから見た福士加代子福士加代子

    【陸上競技】香川丸亀国際ハーフマラソンが行われ、女子は福士加代子(ワコール)が1時間9分0秒で4大会ぶり3度目の優勝。男子はサムエル・ドゥング(愛知製鋼)が1時間0分55秒で優勝。2011年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

36件中 11 - 20件表示

「福士加代子」のニューストピックワード