36件中 21 - 30件表示
  • 第96回日本陸上競技選手権大会

    第96回日本陸上競技選手権大会から見た福士加代子福士加代子

    初日は時折雨脚が強まる空模様の下、競技が実施された。男子ハンマー投の室伏広治は1995年第79回大会から続ける連勝を18に伸ばした。室伏は雨の影響を考慮し3投で投擲を終えた。男子棒高跳は5m42で決着が付かず、山本聖途と澤野大地による順位決定戦(ジャンプオフ)にもつれ込んだ。雨の中バーの高さを下げて試技を続け、山本13回・澤野12回の跳躍を行った末に山本が勝者となった。女子10000mは福士加代子と吉川美香が他を引き離してレースを進め、9000m付近で抜け出した吉川が五輪参加標準記録Aを突破する31分28秒71の記録で初優勝を飾った。この日行われた女子円盤投の室伏由佳は2位となり、2002年第87回大会から続けた同種目の連続優勝は10で止まった。また男子400mハードル予選に為末大が出場したが1台目のハードルに足を掛けて転倒、最下位でゴールし予選敗退となった。為末は大会前にこの大会かロンドンオリンピック限りの引退を表明しており、日本選手権が現役最後のレースとなった。第96回日本陸上競技選手権大会 フレッシュアイペディアより)

  • 1982年のスポーツ

    1982年のスポーツから見た福士加代子福士加代子

    3月25日 - 福士加代子(青森県、陸上競技)1982年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 吉川美香

    吉川美香から見た福士加代子福士加代子

    2012年6月の第96回日本選手権で10000mに出場。レース終盤まで先頭を突っ走る福士加代子のすぐ後ろにつけていたが、残り約1000mを切った所で吉川が福士の前に出てラストスパート。結果31分28秒70のゴールタイムでA標準記録を突破して優勝、自身初の五輪代表となるロンドンオリンピック女子長距離走代表に即内定となった。吉川美香 フレッシュアイペディアより)

  • 重友梨佐

    重友梨佐から見た福士加代子福士加代子

    2回目のマラソンとなった2012年1月29日の第31回大阪国際女子マラソンでは国内招待選手として出場。レース中盤まで、日本女子長距離走の第一人者である福士加代子と並走していたが、27km手前で遅れ始めた福士を振り切ってからは独走態勢となる。その後も大きく崩れる事無く2時間23分23秒(日本女子マラソン歴代9位)の好タイムでマラソン初優勝を果たし、ロンドンオリンピック女子マラソン日本代表へ初選出された。重友梨佐 フレッシュアイペディアより)

  • 赤羽有紀子

    赤羽有紀子から見た福士加代子福士加代子

    優勝すれば北京五輪内定となる2008年6月27日の日本陸上競技選手権の女子10000mでは、日本女子長距離トラックの第一人者である渋井陽子・福士加代子とラスト1周まで競り合った。残り1周の鐘が鳴った後、赤羽が先頭に立ち優勝を目指してラストスパートをかけたが、残り100m過ぎのゴール前の直線で渋井に抜かれ2位であった。それでも赤羽は31分15秒34の自己ベストをマークし、渋井らと共に大会新記録を達成。その2日後の6月29日の女子5000mでも、優勝の小林祐梨子に次いで2位でゴールとなった。赤羽有紀子 フレッシュアイペディアより)

  • 小崎まり

    小崎まりから見た福士加代子福士加代子

    2013年1月、3年ぶりに大阪国際女子マラソンへ出場。30Km付近迄ペースメーカー及び日本人トップで2位の福士加代子らに果敢についていき、途中集団を引っ張る積極性も見せた。30Kmを過ぎて優勝争いから脱落するも、37歳の高齢ながら2時間26分41秒の好タイムをマークし4位でフィニッシュ。小崎まり フレッシュアイペディアより)

  • 松野明美

    松野明美から見た福士加代子福士加代子

    今日ではかつて存在した「スポーツ選手=尊敬される人であるべき」という規範意識がかなり薄れ、また主要メディアが陸上競技をショーアップして取り上げる機会も増えた(その典型が織田裕二・中井美穂両キャスターによるTBS世界陸上中継)ため、福士加代子(インタビューにて100分の3秒を「乳首3つ分」とコメント)のように現役にしてウケをねらう選手も現れている。松野明美 フレッシュアイペディアより)

  • 微笑み走法

    微笑み走法から見た福士加代子福士加代子

    そのほか、佐藤敦之によって有名になる前に、大平美樹(三井住友海上)もこの方法を取り入れていた。またアテネオリンピック・北京オリンピック女子長距離走代表の福士加代子(ワコール)は、微笑みというよりも時折満面の笑みを浮かべながら走ることもある。特に2002年、都道府県対抗女子駅伝でアンカーを務めた福士は、終始笑いながら出走していたため、解説の山下佐知子(第一生命監督)が実況中福士に対して苦言を呈した事があった。微笑み走法 フレッシュアイペディアより)

  • タチアナ・ガメラ=シュミルコ

    タチアナ・ガメラ=シュミルコから見た福士加代子福士加代子

    2013年1月、2年連続で出場した大阪国際女子マラソンは中盤から独走態勢に入った福士加代子を追い上げて残り1km付近で逆転、2時間23分58秒の記録で優勝を飾った。家族に外科医の夫と娘がいる。タチアナ・ガメラ=シュミルコ フレッシュアイペディアより)

  • 実業団女子駅伝西日本大会

    実業団女子駅伝西日本大会から見た福士加代子福士加代子

    第3区(10.5km) 福士加代子(ワコール) 33分44秒(区間新)実業団女子駅伝西日本大会 フレッシュアイペディアより)

36件中 21 - 30件表示

「福士加代子」のニューストピックワード