49件中 21 - 30件表示
  • 実業団女子駅伝西日本大会

    実業団女子駅伝西日本大会から見た福士加代子福士加代子

    第3区(10.5km) 福士加代子(ワコール) 33分44秒(区間新)実業団女子駅伝西日本大会 フレッシュアイペディアより)

  • 青森県立五所川原工業高等学校

    青森県立五所川原工業高等学校から見た福士加代子福士加代子

    福士加代子(陸上選手) - 2000年(平成12年)・2013年世界陸上モスクワ大会女子マラソン銀メダリスト青森県立五所川原工業高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 萩原歩美

    萩原歩美から見た福士加代子福士加代子

    萩原は中学校時代から「憧れの選手は福士加代子さん」と言っていたこともあり、トラック長距離種目への希望は強かった。2008年に常葉学園菊川高等学校に入学すると、1年生ながら3,000mで9分41秒66、5,000mで16分54秒64を出して静岡県ランキングで上位に食い込んでいる。しかし高校3年間で全国高等学校総合体育大会(インターハイ)へは出場した経験はないが、全国高等学校駅伝競走大会女子の部では高校3年次の2010年度第22回大会に出場、第1区を走った経歴もある。萩原歩美 フレッシュアイペディアより)

  • 孫英傑

    孫英傑から見た福士加代子福士加代子

    種目として5000メートル、10000メートル、マラソンをこなす。2003年の北京国際マラソンで2時間19分39秒で優勝した。腕を強く振らず、ダラリと伸ばす独特の走り方がトレードマークだが、この走り方のために、馬軍団には入れなかったと言われる。孫英傑の5000メートルと10000メートルの自己ベストは、それぞれ日本記録を大きく上回る。日本記録をもつ福士加代子が5000メートルと10000メートルで幾度となく孫英傑に挑むも、まったく歯が立たない状況であった。孫英傑 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のスポーツ

    2006年のスポーツから見た福士加代子福士加代子

    丸亀ハーフマラソンで、福士加代子(ワコール)が、それまで野口みずき(シスメックス)が持っていた日本記録・アジア記録を57秒更新する1時間7分26秒で優勝。野口みずきも自己記録を更新する1時間7分43秒で2位2006年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

  • 皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会

    皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会から見た福士加代子福士加代子

    区間記録:30分52秒 福士加代子(青森) 第22回(2004年)皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会 フレッシュアイペディアより)

  • 渋井陽子

    渋井陽子から見た福士加代子福士加代子

    しかし2008年4月27日の兵庫リレーカーニバル女子10000mでは2位に入り、五輪参加標準記録Aを突破する31分19秒73の好タイムをマーク。そして同年6月27日の日本陸上選手権女子10000mでは、ゴール直前まで2位の赤羽有紀子と3位の福士加代子らとデッドヒートを展開、残り100mを過ぎて渋井が先頭に立ち、31分15秒07の大会新記録で日本選手権初優勝を果たした。これによって、渋井の北京五輪代表が内定となる(6月29日の女子5000mにも出場したが4位留まりだった)。その後6月30日の日本陸連理事会において、念願であった初のオリンピックへは、長距離トラック種目(10000m)の代表として正式に選出となった。渋井陽子 フレッシュアイペディアより)

  • 大南博美

    大南博美から見た福士加代子福士加代子

    翌2006年6月の日本選手権では32分14秒73のタイムで2位入賞。そして12月のドーハアジア競技大会女子10000mでは、32分18秒02のタイムで3位でゴール、銅メダルを獲得した(優勝は福士加代子)。大南博美 フレッシュアイペディアより)

  • 川上優子

    川上優子から見た福士加代子福士加代子

    シドニー五輪後は足腰の故障に泣き、出走予定レースの欠場や、ケガをおして出場するも不本意な成績が続いていた。2002年3月に山口県で行われた全日本実業団ハーフマラソンでは自己最高記録で優勝、復活の兆しを見せたが、長くは続かなかった。同年6月の日本陸上選手権でも不甲斐ない結果となり、同年9月に陸上競技選手としての現役引退を表明。当時の川上は27歳、まだ年齢的にもこれからという時の早過ぎる引退劇だった。引退会見時、川上のライバルとして頭角を現し始めた渋井陽子や福士加代子らに対して、「どこまでやれるか是非挑戦し続けて欲しい」と笑顔でエールを送っている。川上優子 フレッシュアイペディアより)

  • 小崎まり

    小崎まりから見た福士加代子福士加代子

    2013年1月、3年ぶりに大阪国際女子マラソンへ出場。30Km付近迄ペースメーカー及び日本人トップで2位(当初、のち優勝に繰り上げ)の福士加代子らに果敢についていき、途中集団を引っ張る積極性も見せた。30Kmを過ぎて先頭集団から離脱するも、37歳の高齢ながら2時間26分41秒の好タイムをマークし3位でフィニッシュ。小崎まり フレッシュアイペディアより)

49件中 21 - 30件表示

「福士加代子」のニューストピックワード