前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示
  • 福士加代子

    福士加代子から見た弘山晴美

    6月4日の日本選手権、女子10000mではレース前半で福士が飛び出してから、その後独走となる。しかし終盤に入るとややペースが落ちてゆき、ゴール直前で2位の田中めぐみ(現姓:大島。元しまむら)や3位の弘山晴美(元資生堂)らに猛迫を受けるも辛うじて逃げ切り、31分32秒09のゴールタイムで優勝、初のオリンピック代表内定となった。その2日後、6月6日の女子5000mでも15分05秒07の記録で優勝を果たす。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た野口みずき

    1月15日に京都市で行われた第24回皇后盃全国都道府県対抗女子駅伝競走大会では、京都府代表として最終の9区10kmを走り、京都府チームとしての過去最高記録で優勝を果たしている。3週間後の2月5日に香川県で行われた第60回香川丸亀ハーフマラソンでは、初のハーフマラソンにもかかわらず、日本記録をもっていた野口みずき(シスメックス)選手とトップを争い、1時間7分26秒のアジア記録で優勝した。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た松野明美

    川内と全く逆に、1992年バルセロナオリンピック女子マラソン日本代表選出が有力視されながら、まさかの五輪落選に泣いた松野明美は、フジテレビ「ワイドナショー」へ出演中、福士に対し「名古屋ウィメンズも出場したら、リオ五輪本番前に疲れてしまう。五輪メダルを獲るなら出て欲しくない」と呼び掛けた。又五輪マラソン選出基準に松野は「私も非常にわかりにくい。出場枠は3選手なのに4つも選考レースがある事が問題。暑さに強いとか経験豊富だとか、その都度(選考理由が)付け加えられるので、記録・順位・経験・陸連の好みか何で選ばれるかが分からない」と日本陸連を批判。実際松野自身バルセロナ五輪選考の当事者として「(日本陸連からの)口約束が一番怖い。私も同じ。大阪国際女子マラソンで2位の時点では(五輪代表入りが)不明という事で、名古屋(国際女子マラソン)も出場の準備をしたら、陸連の一人が私に『大丈夫。ほぼ間違いなく選出』と言われた。それを信じて名古屋に出なかったら、世界陸上4位の有森裕子さんと私とが比較され落ちてしまった」とコメント。そのバルセロナ五輪は有森が銀メダル、山下佐知子が4位入賞と好結果を残すも、松野自身「私なら金メダルでした。凄く悔しくて涙が出ました。バルセロナ五輪の女子マラソンに出ていたら、私の人生は全く違ってたと思います」等と、福士を初め現役選手達の五輪への思いを代弁、さらに選考方法について「マラソンは一発勝負が絶対良い」と意見を述べていた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た川内優輝

    その渦中のさなか、1年の内10回前後もフルマラソンを出場する公務員ランナー・川内優輝は、福士の名古屋出場の意向に対し「全然問題無い。私も出来るならかき乱してみたい。逆に福士さん以外の選手が疲れると思う。天候が悪ければ出なければ良いし、ペースメーカーを無視して飛ばして途中で辞めてもいい。全ては福士さんの手の平の上で操られている」等と“神経戦”ととらえ、「福士さんの一挙一動に他選手達は神経をすり減らす筈。福士さんが出ればハイペースについていくのかどうか。精神力の弱い選手なら凄いプレッシャーになるかも」と独自の持論を述べつつ、福士にエールを送っていた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た中村友梨香

    世界陸上ベルリン大会では女子10000mの1種目のみに出場、初の1ケタ順位となる9位でゴールするも、同じ日本代表で7位入賞を果たした中村友梨香(天満屋)に先を越され、惜しくも入賞ラインには及ばなかった。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た尾崎好美

    2013年8月10日に開催された世界陸上モスクワ大会の女子マラソンに出場。気温30度を超える過酷な気象条件の中、レース前半から積極的に先頭グループにつく。30km手前で先頭集団から遅れ始め、いったんは4位に落ちたが、35km過ぎにメセレク・メルカムを追い抜いて(メルカムはその後途中棄権)3位に上がる。順位を保って競技場へ入った福士は、満面の笑顔でガッツポーズしながらゴールインし、3位入賞・銅メダルを獲得した(同世界陸上大会において日本選手唯一のメダル獲得でもある)。世界陸上選手権・女子マラソンの種目で日本代表のメダル獲得は、2009年・世界陸上ベルリン大会で尾崎好美が2位入賞・銀メダル以来、2大会ぶりとなった(木崎良子は4位入賞、野口みずきは33km付近で途中棄権)。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た渋井陽子

    2月の横浜国際女子駅伝で日本ナショナルチームに選出され、2区を10km30分で激走して区間新記録をマークする。その年は大会の20回記念大会だったため「記念の節目にみんなで優勝しよう」を合言葉に10区を激走した渋井陽子(三井住友海上所属)と共にチームの優勝に貢献した。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た高橋尚子

    女子マラソンでは、土佐礼子(三井住友海上)が世界陸上大阪大会で銅メダルを獲得し、北京五輪代表の内定を得たため、残る枠は2つとなる。さらに同年11月の東京国際女子マラソンでは、アテネ五輪女子マラソンのディフェンディングチャンピオンである野口みずきが大会新記録で圧勝し、ほぼ五輪代表決定との報道をされ、事実上残る枠は1つになった。この1つの枠を、2000年シドニーオリンピック女子マラソン金メダリストの高橋尚子(元ファイテン)らを始め、数多くの国内有力選手と争う事になるため、福士には慎重な判断が求められており、マラソン転向に関しては断定を避けていた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た有森裕子

    この大阪国際における福士の敗因について、当日テレビ中継でゲスト解説者だった有森裕子(元リクルート、バルセロナ五輪銀・アトランタ五輪銅メダリスト)は「大体30km程度迄の距離であれば、そのままスピードで押し切れてしまうんです。しかしそこから先になると、どんな人間でもスタミナが尽きて駆け引きの勝負になる」と述べ、福士の経験不足から来るペース配分のミスを指摘した。また福士はマイペース調整を重んじるあまり、練習でも40km以上の距離を継続して走った経験が無かったことが報道により明らかになった。後年フルマラソン復帰に際して、福士本人も「当時はマラソンを甘く考えていた。反省している」と語り、準備不足で臨んだことを認めている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た高見盛精彦

    青森県北津軽郡板柳町出身(大相撲元小結・高見盛の振分親方は同郷の先輩でもある)。青森県立五所川原工業高等学校機械科を卒業後、2000年にワコールに入社。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
132件中 1 - 10件表示

「福士加代子」のニューストピックワード