109件中 21 - 30件表示
  • 福士加代子

    福士加代子から見たリクルート

    この大阪国際における福士の敗因について、当日テレビ中継でゲスト解説者だった有森裕子(元リクルート、バルセロナ五輪銀・アトランタ五輪銅メダリスト)は「大体30km程度迄の距離であれば、そのままスピードで押し切れてしまうんです。しかしそこから先になると、どんな人間でもスタミナが尽きて駆け引きの勝負になる」と述べ、福士の経験不足から来るペース配分のミスを指摘した。また福士はマイペース調整を重んじるあまり、練習でも40km以上の距離を継続して走った経験が無かったことが報道により明らかになった。後年フルマラソン復帰に際して、福士本人も「当時はマラソンを甘く考えていた。反省している」と語り、準備不足で臨んだことを認めている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た日立製作所

    12月13日の全日本実業団対抗女子駅伝では3区に出場し、12人抜きでチームをトップで襷を手渡して通過。1998年にエスタ・ワンジロ(元日立)が記録した、31分10秒の大会記録を11年ぶりに更新する31分02秒の区間新記録をマークした。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たしまむら

    6月4日の日本選手権、女子10000mではレース前半で福士が飛び出してから、その後独走となる。しかし終盤に入るとややペースが落ちてゆき、ゴール直前で2位の田中めぐみ(現姓:大島。元しまむら)や3位の弘山晴美(元資生堂)らに猛迫を受けるも辛うじて逃げ切り、31分32秒09のゴールタイムで優勝、初のオリンピック代表内定となった。その2日後、6月6日の女子5000mでも15分05秒07の記録で優勝を果たす。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た京都市

    1月11日に京都市で行われた第22回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会では、ふるさとの青森県代表として最終の9区10kmを走り、30分52秒の区間最高記録をマークして、1997年に熊本県代表の川上優子(元沖電気宮崎)がマークした31分01秒の区間記録を7年ぶりに塗り替えた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たロンドンオリンピック (2012年)

    福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。オリンピックには2004年アテネ大会・2008年北京大会・2012年ロンドン大会と、過去3大会連続で長距離種目で日本代表に選出されている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た日本陸上競技選手権大会

    6月の日本選手権で、女子の5000mと10000mで共に初優勝を果たし、2種目制覇を成し遂げ、釜山アジア大会の代表に選ばれた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た山下佐知子

    2002年1月の全国都道府県対抗女子駅伝では、優勝した京都チームのアンカーを務めた。そのレース中、福士は終始満面の笑みを浮かべながら走っていた(「微笑み走法」とも呼ばれる)ためか、実況解説者の山下佐知子(世界陸上東京大会銀メダリスト・現第一生命監督)はその福士に対して苦言を述べる場面があった。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た孫英傑

    10月に行われたアジア大会本番では、女子5000mと10000mともに銀メダル(両種目とも金メダルは中国の孫英傑)。しかし10,000mでは自己ベストを一気に50秒も縮める30分51秒81の記録でゴール、日本女子2人目となる31分突破(日本人初の31分突破は渋井陽子(三井住友海上)で30分48秒99)となる。また5000mでは自身が7月20日に出した日本記録を0秒02更新する、14分55秒19をマークした。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たリリア・ショブホワ

    2011年9月8日、10月9日開催のシカゴマラソンに、福士がエントリーしたと主催者が発表。福士のフルマラソン出場は、2008年1月の大阪国際女子マラソン以来3年9か月ぶり2回目。福士は「2時間20分を目指す。ロンドンオリンピックに女子マラソン代表を目指す為の準備になる」と意気込んで臨んだ。本番当日はレース途中までは野口みずきの日本記録(2時間19分12秒)を更新するペースで快走したが、中間点を過ぎた辺りからペースダウン。レースは優勝したリリア・ショブホワ(2時間18分20秒・世界女子歴代2位をマーク)に6分近く離され、日本最高にも5分以上及ばなかった。それでも初マラソン時のタイムから16分以上も大幅に更新、マラソン2回目で2時間25分を切る2時間24分38秒の自己ベストでゴールした。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た川上優子

    1月11日に京都市で行われた第22回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会では、ふるさとの青森県代表として最終の9区10kmを走り、30分52秒の区間最高記録をマークして、1997年に熊本県代表の川上優子(元沖電気宮崎)がマークした31分01秒の区間記録を7年ぶりに塗り替えた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

109件中 21 - 30件表示

「福士加代子」のニューストピックワード