132件中 31 - 40件表示
  • 福士加代子

    福士加代子から見た第一生命

    2002年1月の全国都道府県対抗女子駅伝では、優勝した京都チームのアンカーを務めた。そのレース中、福士は終始満面の笑みを浮かべながら走っていた(「微笑み走法」とも呼ばれる)ためか、実況解説者の山下佐知子(世界陸上東京大会銀メダリスト・現第一生命監督)はその福士に対して苦言を述べる場面があった。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た関西テレビ放送

    2010年7月にFNNスーパーニュースアンカー(関西テレビ)の番組取材放映で、日本国内の現役女子選手達は「次のロンドンオリンピックの女子マラソンで金メダルを狙えるのは福士」だと口を揃えていた。当時の福士本人は「まあ又いつかはマラソンに挑戦しようかな、とは思いますけどね。今度は転ばないように…」と述べている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たフジテレビジョン

    川内と全く逆に、1992年バルセロナオリンピック女子マラソン日本代表選出が有力視されながら、まさかの五輪落選に泣いた松野明美は、フジテレビ「ワイドナショー」へ出演中、福士に対し「名古屋ウィメンズも出場したら、リオ五輪本番前に疲れてしまう。五輪メダルを獲るなら出て欲しくない」と呼び掛けた。又五輪マラソン選出基準に松野は「私も非常にわかりにくい。出場枠は3選手なのに4つも選考レースがある事が問題。暑さに強いとか経験豊富だとか、その都度(選考理由が)付け加えられるので、記録・順位・経験・陸連の好みか何で選ばれるかが分からない」と日本陸連を批判。実際松野自身バルセロナ五輪選考の当事者として「(日本陸連からの)口約束が一番怖い。私も同じ。大阪国際女子マラソンで2位の時点では(五輪代表入りが)不明という事で、名古屋(国際女子マラソン)も出場の準備をしたら、陸連の一人が私に『大丈夫。ほぼ間違いなく選出』と言われた。それを信じて名古屋に出なかったら、世界陸上4位の有森裕子さんと私とが比較され落ちてしまった」とコメント。そのバルセロナ五輪は有森が銀メダル、山下佐知子が4位入賞と好結果を残すも、松野自身「私なら金メダルでした。凄く悔しくて涙が出ました。バルセロナ五輪の女子マラソンに出ていたら、私の人生は全く違ってたと思います」等と、福士を初め現役選手達の五輪への思いを代弁、さらに選考方法について「マラソンは一発勝負が絶対良い」と意見を述べていた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たリクルート

    この大阪国際における福士の敗因について、当日テレビ中継でゲスト解説者だった有森裕子(元リクルート、バルセロナ五輪銀・アトランタ五輪銅メダリスト)は「大体30km程度迄の距離であれば、そのままスピードで押し切れてしまうんです。しかしそこから先になると、どんな人間でもスタミナが尽きて駆け引きの勝負になる」と述べ、福士の経験不足から来るペース配分のミスを指摘した。また福士はマイペース調整を重んじるあまり、練習でも40km以上の距離を継続して走った経験が無かったことが報道により明らかになった。後年フルマラソン復帰に際して、福士本人も「当時はマラソンを甘く考えていた。反省している」と語り、準備不足で臨んだことを認めている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たトヨタ車体

    9月のワールドカップ陸上アテネ大会にアジア代表として出場。3000mで5位、5000mでは銅メダルを獲得。12月のドーハアジア大会女子10000mでは、31分29秒38の記録で同大会初優勝を果たす(3位は当時トヨタ車体所属の大南博美)。1998年バンコクアジア大会の川上優子以来、2大会ぶりの金メダルをもたらした。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た2012年ロンドンオリンピック

    オリンピック(女子陸上競技)には2004年アテネ大会・2008年北京大会・2012年ロンドン大会、2016年リオオデジャネイロ大会と、4大会連続して日本代表に選出(アテネ・北京・ロンドンの各3大会は長距離走・リオ大会はマラソン)。また2006年・ドーハアジア競技大会女子10000mでは金メダル、世界陸上モスクワ大会・女子マラソンでは銅メダルをそれぞれ獲得。さらに2013年・2016年の大阪国際女子マラソンで2度の優勝を果たしている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た京都市

    1月11日に京都市で行われた第22回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会では、ふるさとの青森県代表として最終の9区10kmを走り、30分52秒の区間最高記録をマークして、1997年に熊本県代表の川上優子(元沖電気宮崎)がマークした31分01秒の区間記録を7年ぶりに塗り替えた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た日本陸上競技選手権大会

    6月の日本選手権で、女子の5000mと10000mで共に初優勝を果たし、2種目制覇を成し遂げ、釜山アジア大会の代表に選ばれた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たドーピング

    3度目のマラソンは、ロンドン五輪女子マラソン選考レースである2012年1月29日の大阪国際女子マラソンへ、4年前の同大会では19位に終わったその雪辱を胸に秘め、今回国内招待選手として挑んだ(マラソンコースは前回出場時と変更箇所有り。当初野口みずきとの直接対決が話題を呼んだが、野口は左太股裏の炎症で欠場、同年3月11日の名古屋ウィメンズマラソンにスライド出場する事を表明)。福士はスタートから高速ペースの先頭集団についていき、中間点を過ぎてからは優勝した重友梨佐(天満屋)とのマッチレースとなったが、26km地点を過ぎた辺りから動きが悪くなり徐々に失速。30kmを過ぎた頃には重友に完全に引き離され、ペースダウンした所を後続の選手に次々と追い抜かれるという展開になってしまう。結局2時間37分も掛かって9位(当初、2着のガメラシュミルコがドーピング違反・失格により8位に繰り上げ)と敗れ、北京五輪に続いてロンドン五輪も女子マラソン日本代表選出は絶望的となった。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た新谷仁美

    前回の北京五輪同様に、長距離走種目でロンドン五輪を目指し日本選手権に出場。6月8日の女子10000mでは、残り1000m辺りまで先頭を引っ張ったが、その後すぐ後ろについていた吉川美香(パナソニック)のラストスパートには引き離され、優勝した吉川に次ぐ2位に甘んじたが、A標準記録突破の31分43秒25でフィニッシュ。2日後の6月10日の女子5000mも優勝の新谷仁美(豊田自動織機)についていけず2位(15分25秒74)に敗れたが、翌6月11日の日本陸連理事会でロンドン五輪代表に選出される。なおオリンピックで日本女子の長距離走種目で3大会連続代表選出は、弘山晴美と並ぶ史上二人目の快挙達成となった。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

132件中 31 - 40件表示

「福士加代子」のニューストピックワード