109件中 31 - 40件表示
  • 福士加代子

    福士加代子から見た市川良子

    同レースに出走したの市川良子(元テレビ朝日・アトランタ五輪・シドニー五輪5000m代表)は、思わず「シー!(しゃべっちゃ駄目)」と困惑していた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たハイレ・ゲブレセラシェ

    その後、合宿場所をエチオピアに移した。この時この種目のスーパースターである、ハイレ・ゲブレセラシェとも出会い直接アドバイスも受けている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た新谷仁美

    前回の北京五輪同様に、長距離走種目でロンドン五輪を目指し日本選手権に出場。6月8日の女子10000mでは、残り1000m辺りまで先頭を引っ張ったが、その後すぐ後ろについていた吉川美香(パナソニック)のラストスパートには引き離され、優勝した吉川に次ぐ2位に甘んじたが、A標準記録突破の31分43秒25でフィニッシュ。2日後の6月10日の女子5000mも優勝の新谷仁美(豊田自動織機)についていけず2位(15分25秒74)に敗れたが、翌6月11日の日本陸連理事会でロンドン五輪代表に選出される。なおオリンピックで日本女子の長距離走種目で3大会連続代表選出は、弘山晴美と並ぶ史上二人目の快挙達成となった。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た大島めぐみ

    6月4日の日本選手権、女子10000mではレース前半で福士が飛び出してから、その後独走となる。しかし終盤に入るとややペースが落ちてゆき、ゴール直前で2位の田中めぐみ(現姓:大島。元しまむら)や3位の弘山晴美(元資生堂)らに猛迫を受けるも辛うじて逃げ切り、31分32秒09のゴールタイムで優勝、初のオリンピック代表内定となった。その2日後、6月6日の女子5000mでも15分05秒07の記録で優勝を果たす。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たハリケーン

    同年11月4日のニューヨークシティマラソンにエントリーしていたが、開催前にハリケーン発生による被害の影響を受け、中止された。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た女子

    福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。オリンピックには2004年アテネ大会・2008年北京大会・2012年ロンドン大会と、過去3大会連続で長距離種目で日本代表に選出されている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た2010年アジア競技大会

    6月の日本選手権では女子5000m・10000m共に、2007年以来3年ぶりとなる2種目制覇を果たした。しかし、2連覇を期待された広州アジア大会の女子10000mでは、終盤プリージャ・スリードハランらインド勢のスパートについていけず4位と敗れる。続く女子5000mでも5位に終わり、結局2種目共にメダルを獲得することはできなかった。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た国民体育大会

    高校時代まではこれといった実績も無く、インターハイや国体でも決勝に辛うじて残る位であった。当時は駅伝の古豪だったワコールに入社してからは、トラックレースや駅伝などでメキメキと頭角を現し始める。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た全国高等学校総合体育大会

    高校時代まではこれといった実績も無く、インターハイや国体でも決勝に辛うじて残る位であった。当時は駅伝の古豪だったワコールに入社してからは、トラックレースや駅伝などでメキメキと頭角を現し始める。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た大相撲

    青森県北津軽郡板柳町出身(大相撲元小結の高見盛精彦降分親方が同郷の先輩でもある)。青森県立五所川原工業高等学校機械科を卒業後、2000年にワコールに入社。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

109件中 31 - 40件表示

「福士加代子」のニューストピックワード