109件中 61 - 70件表示
  • 福士加代子

    福士加代子から見た板柳町

    青森県北津軽郡板柳町出身(大相撲元小結の高見盛精彦降分親方が同郷の先輩でもある)。青森県立五所川原工業高等学校機械科を卒業後、2000年にワコールに入社。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たちょんまげ

    ワコールに入社して間もない時期(2001年?2002年頃)には、かつて頭のてっぺん部分の髪の毛をヒモで括り付ける、所謂「ちょんまげ」姿のレース出走でも話題を集める。その後もこのスタイルは長らく彼女のトレードマークとなっていた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た2013年世界陸上競技選手権大会

    4度目のマラソンとして、2013年1月27日に行われた大阪国際女子マラソンに出場。ペースメーカーが外れた30Km地点から、福士だけ抜け出して一時は独走体勢に。しかし35Km辺りを境に徐々にペースダウン、残りわずか約900m付近で終盤追い上げたガメラシュミルコ(ウクライナ)に惜しくも逆転されてしまう。それでも日本人最高の2位に入り、自己記録を17秒上回る2時間24分21秒でフィニッシュ、同年8月開催の世界陸上モスクワ大会女子マラソン代表有力候補に名乗りを挙げた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た中華人民共和国

    10月に行われたアジア大会本番では、女子5000mと10000mともに銀メダル(両種目とも金メダルは中国の孫英傑)。しかし10,000mでは自己ベストを一気に50秒も縮める30分51秒81の記録でゴール、日本女子2人目となる31分突破(日本人初の31分突破は渋井陽子(三井住友海上)で30分48秒99)となる。また5000mでは自身が7月20日に出した日本記録を0秒02更新する、14分55秒19をマークした。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たシカゴマラソン

    2011年9月8日、10月9日開催のシカゴマラソンに、福士がエントリーしたと主催者が発表。福士のフルマラソン出場は、2008年1月の大阪国際女子マラソン以来3年9か月ぶり2回目。福士は「2時間20分を目指す。ロンドンオリンピックに女子マラソン代表を目指す為の準備になる」と意気込んで臨んだ。本番当日はレース途中までは野口みずきの日本記録(2時間19分12秒)を更新するペースで快走したが、中間点を過ぎた辺りからペースダウン。レースは優勝したリリア・ショブホワ(2時間18分20秒・世界女子歴代2位をマーク)に6分近く離され、日本最高にも5分以上及ばなかった。それでも初マラソン時のタイムから16分以上も大幅に更新、マラソン2回目で2時間25分を切る2時間24分38秒の自己ベストでゴールした。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たアテネオリンピック (2004年) 日本選手団

    6月4日の日本選手権、女子10000mではレース前半で福士が飛び出してから、その後独走となる。しかし終盤に入るとややペースが落ちてゆき、ゴール直前で2位の田中めぐみ(現姓:大島。元しまむら)や3位の弘山晴美(元資生堂)らに猛迫を受けるも辛うじて逃げ切り、31分32秒09のゴールタイムで優勝、初のオリンピック代表内定となった。その2日後、6月6日の女子5000mでも15分05秒07の記録で優勝を果たす。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たウクライナ

    4度目のマラソンとして、2013年1月27日に行われた大阪国際女子マラソンに出場。ペースメーカーが外れた30Km地点から、福士だけ抜け出して一時は独走体勢に。しかし35Km辺りを境に徐々にペースダウン、残りわずか約900m付近で終盤追い上げたガメラシュミルコ(ウクライナ)に惜しくも逆転されてしまう。それでも日本人最高の2位に入り、自己記録を17秒上回る2時間24分21秒でフィニッシュ、同年8月開催の世界陸上モスクワ大会女子マラソン代表有力候補に名乗りを挙げた。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たエチオピア

    その後、合宿場所をエチオピアに移した。この時この種目のスーパースターである、ハイレ・ゲブレセラシェとも出会い直接アドバイスも受けている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た京都

    2002年1月の全国都道府県対抗女子駅伝では、優勝した京都チームのアンカーを務めた。そのレース中、福士は終始満面の笑みを浮かべながら走っていた(「微笑み走法」とも呼ばれる)ためか、実況解説者の山下佐知子(世界陸上東京大会銀メダリスト・現第一生命監督)はその福士に対して苦言を述べる場面があった。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た2006年アジア競技大会

    9月のワールドカップ陸上アテネ大会にアジア代表として出場。3000mで5位、5000mでは銅メダルを獲得。12月のドーハアジア大会女子10000mでは、31分29秒38の記録で同大会初優勝を果たす(3位は当時トヨタ車体所属の大南博美)。1998年バンコクアジア大会の川上優子以来、2大会ぶりの金メダルをもたらした。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

109件中 61 - 70件表示

「福士加代子」のニューストピックワード