132件中 81 - 90件表示
  • 福士加代子

    福士加代子から見た駅伝競走

    高校時代まではこれといった実績も無く、インターハイや国体でも決勝に辛うじて残る位であったが(当時は)駅伝の古豪だったワコールに入社してからは、トラックレースや駅伝などで頭角を現し始める。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たハーフマラソン

    福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見たマラソン

    福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た3000メートル競走

    福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た長距離走

    福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た5000メートル競走

    福士 加代子(ふくし かよこ、1982年3月25日 - )は、日本の女子陸上競技(主に長距離走・マラソン)の選手。2010年5月末の時点で、3000mと5000mの日本記録、ハーフマラソンおよび10km、15kmのアジア記録を有する。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た走高跳

    それから1か月半後の同年3月17日、リオ五輪女子マラソン日本代表へ正式に選出された(但しマラソン種目では初めて)。日本の陸上女子選手でオリンピック4大会連続日本代表入りは、佐藤恵(フィールド競技・女子走高跳)と弘山晴美(トラック競技・女子長距離走)の3大会連続を超える、史上最多記録である。また、同年8月14日開催のリオ五輪女子マラソン本番当日の福士は34歳4か月を迎えるが、出場すれば日本女子マラソン選手としても史上最年長記録となる予定。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た金メダル

    オリンピック(女子陸上競技)には2004年アテネ大会・2008年北京大会・2012年ロンドン大会、2016年リオオデジャネイロ大会と、4大会連続して日本代表に選出(アテネ・北京・ロンドンの各3大会は長距離走・リオ大会はマラソン)。また2006年・ドーハアジア競技大会女子10000mでは金メダル、世界陸上モスクワ大会・女子マラソンでは銅メダルをそれぞれ獲得。さらに2013年・2016年の大阪国際女子マラソンで2度の優勝を果たしている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た板柳町

    青森県北津軽郡板柳町出身(大相撲元小結・高見盛の振分親方は同郷の先輩でもある)。青森県立五所川原工業高等学校機械科を卒業後、2000年にワコールに入社。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

  • 福士加代子

    福士加代子から見た2004年アテネオリンピック

    オリンピック(女子陸上競技)には2004年アテネ大会・2008年北京大会・2012年ロンドン大会、2016年リオオデジャネイロ大会と、4大会連続して日本代表に選出(アテネ・北京・ロンドンの各3大会は長距離走・リオ大会はマラソン)。また2006年・ドーハアジア競技大会女子10000mでは金メダル、世界陸上モスクワ大会・女子マラソンでは銅メダルをそれぞれ獲得。さらに2013年・2016年の大阪国際女子マラソンで2度の優勝を果たしている。福士加代子 フレッシュアイペディアより)

132件中 81 - 90件表示

「福士加代子」のニューストピックワード