67件中 31 - 40件表示
  • トラックコレクション

    トラックコレクションから見た福山通運福山通運

    福山通運ウィングバン CXGトラックコレクション フレッシュアイペディアより)

  • タケカワユキヒデ

    タケカワユキヒデから見た福山通運福山通運

    福山通運の非売品PR用カセット。「WE,DREAMING」は同社のCMソング。タケカワユキヒデ フレッシュアイペディアより)

  • 小丸成洋

    小丸成洋から見た福山通運福山通運

    小丸 成洋(こまる しげひろ、1950年4月16日 - )は、日本の実業家、福山通運代表取締役社長。元日本放送協会経営委員会委員長。小丸成洋 フレッシュアイペディアより)

  • 芦田町

    芦田町から見た福山通運福山通運

    澁谷昇 - 福山通運・ベッセルの創設者。経営者。慈善家。正四位。芦田町 フレッシュアイペディアより)

  • ゲテモノ

    ゲテモノから見た福山通運福山通運

    上記のような特殊な荷物は、小口輸送分野では大きさなどにもよるが、原則としてヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の大手主要3社は取り扱っていない。全国対応しているのは西濃運輸のみとなるが、福山通運、名鉄運輸、新潟運輸なども一部地域を除いて扱っている(いずれにしても個別の配慮が必要なため、運送業者と依頼者との折衝を要する)。企業・官公庁などの依頼で、美術品や大きな動物など、特大クラスの特殊貨物を輸送するような事例については、日本通運が請け負うことが多い。ゲテモノ フレッシュアイペディアより)

  • 西濃運輸

    西濃運輸から見た福山通運福山通運

    同社の特徴として、基幹業務である運輸業における地域会社の比率が非常に高く、地方部では「関東西濃運輸」や「北海道西濃運輸」など社名に地域名を冠した地域会社が多く営業している。これは、かつて営業基盤を持たない地域において、業務委託などをしていた中小の運輸会社を西濃グループ入りさせていることに起因する。そのため、福山通運や名鉄貨物などの同業他社に見られる地域会社とは成立の経緯が大きく異なる。中には、「東京急配」や「鹿沼梱包運輸」など、社名に「西濃」が含まれていないグループ会社も存在しているほか、地域会社でも資本関係などにより子会社でない企業も存在する。西濃運輸 フレッシュアイペディアより)

  • 全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会

    全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会から見た福山通運福山通運

    宅配便については事実上、赤帽ブランドで宅配事業は行っていない。ヤマト運輸(宅急便)以外の他社大手宅配業者の下請け(営業所から配送先宅への配送など)となっている。ただし、一部の単組では宅配事業に力を入れ、事業を拡大しようと努力している。宅配便業界大手である佐川急便の配達下請け業務に従事する場合、佐川急便の制服を着用して業務にあたる。また、福山通運や西濃運輸などの事業所の数が少ない業者の配達は中継業者からの「孫請け」の扱いとなる場合もある。全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会 フレッシュアイペディアより)

  • センコーグループホールディングス

    センコーグループホールディングスから見た福山通運福山通運

    特に、イオングループの物流業務受託はセンコーグループ内において大きな位置を占めている。イオングループはその戦略物流構想を実現するため、福山通運株式会社や株式会社日立物流等と並び、センコーにも物流センター運営業務を委託している。これに応じて、センコーではイオングループの物流業務を専門とする仙台北支店と札幌南支店とを設置し、東北と北海道におけるイオングループの物流業務を担っている。また、2011年8月には、関東主管支店にて野田第1PDセンターを開設、さらに2016年8月に厚木支店にて西関東LCを開設し、関東におけるイオングループの物流業務も受託している。センコーグループホールディングス フレッシュアイペディアより)

  • 別府大学短期大学部

    別府大学短期大学部から見た福山通運福山通運

    地域総合科学科:キヤノン・関西汽船・福山通運・ヤマト運輸・いすゞ自動車・日本生命保険・コスモ証券・全日空ホテルズほか一般企業への就職者が多い。別府大学短期大学部 フレッシュアイペディアより)

  • セイノーホールディングス

    セイノーホールディングスから見た福山通運福山通運

    まもなく当時の運輸省を訪ね、免許を申請。当時は前代未聞のことでもあり、なかなか認可がおりなかったが、通いつめた末に認可を手にした。このころ社名を再び、西濃運輸株式会社に変更し、大垣?名古屋を皮切りに、大阪・東京へと路線網を延伸していくが同業他社である日本運送(フットワークエクスプレスを経て現在の名称はトールエクスプレスジャパン)や福山通運、トナミ運輸なども続々進出し、路線網を拡大。特に西濃運輸の拡大には、当時のヤマト運輸の小倉社長も脅威を感じ、羨ましくもあったという(小倉の著書に記されている)。セイノーホールディングス フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示