67件中 41 - 50件表示
  • 東急グループ

    東急グループから見た福山通運福山通運

    王子運送 - 現・福山通運(近鉄グループ)傘下。東急グループ フレッシュアイペディアより)

  • 宅配便

    宅配便から見た福山通運福山通運

    業界5位 福山通運「フクツー宅配便」「パーセルワン」宅配便 フレッシュアイペディアより)

  • 山陽女子短期大学

    山陽女子短期大学から見た福山通運福山通運

    一般企業への就職者が多いものとなっていた。アロフト・イズミ・伊予銀行・岡三証券・オンワード樫山・近畿日本ツーリスト・呉信用金庫・日本興亜損害保険・楽天KC・五洋建設・西京銀行・サッポロビール・山陰合同銀行・ジャヴァグループ・資生堂・島根銀行・ジェイティービー・もみじ銀行・そごう・チチヤス・中央出版・ディック・東芝・東洋証券・東洋紡績・東和化学・トヨタカローラ広島・日本大昭和板紙・三菱UFJニコス・日本生命保険・野村證券・パラマウントベッド・日立製作所・広島銀行・広島県信用組合・百十四銀行・広島トヨペット・広島ホームテレビ・リコー中国・富士通・福山通運・プロミス・マイカル・マックスファクター・丸三証券・三井生命保険・三越・三菱電機・三菱レイヨン・矢崎総業・山口銀行・ヤマト運輸・三菱UFJ証券・リョービなどがある。山陽女子短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 福寿会館

    福寿会館から見た福山通運福山通運

    福山大空襲では隣接する福山城天守が焼失する中で罹災を免れ、その後、所有権は個人に移ったが、福山通運創業者渋谷昇が買い取り、1953年(昭和28年)に福山市に寄贈された。寄贈後は結婚式場として市民に開放され戦災の傷跡の残る福山市街にあって貴重な施設となっていたが、戦後の復興と共に役割を終え1973年(昭和48年)から洋館は市の迎賓館として、本館は貸会議室や貸茶室として用いられた。1992年(平成4年)には新市庁舎完成により洋館の迎賓施設は市庁舎へと移され、市史編纂室が設置された。その後、洋館は昭和初期の洋式建築として評価され1997年(平成9年)に国の登録有形文化財(建造物)に登録された。2012年には本館・西茶室・南茶室・西蔵・東蔵も同じく登録された。2008年(平成20年)に洋館の改修工事が行われ、市史編纂室を移転させて空調設備やトイレを整備するなどし、2009年4月1日に一般開放された。利用者は周囲に福山城御湯殿や月見櫓といった類似の施設が多くあることなどから年間5000人程度と低迷していたが、市は洋館の開放により新たな観光スポットとして利用者の拡大を期待している。福寿会館 フレッシュアイペディアより)

  • 2011年のテレビ (日本)

    2011年のテレビ (日本)から見た福山通運福山通運

    一方、NHK会長人事の混乱を巡り、NHK経営委員会の委員長だった小丸成洋(福山通運社長)が経営委員を引責辞任。2011年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 七飯町

    七飯町から見た福山通運福山通運

    福山通運函館支店(所在地は北斗市)七飯町 フレッシュアイペディアより)

  • 長崎ウエスレヤン短期大学

    長崎ウエスレヤン短期大学から見た福山通運福山通運

    教養科:一般企業への就職者が多かった。実績の例としてたちばな信用金庫・親和銀行・沖縄海邦銀行・九州銀行・長崎銀行・肥後銀行・熊本ファミリー銀行・日の出証券・ぎょうせい・コマツ・ダイエー・大丸・帝人・山崎製パン・竹中工務店・オンワード樫山・岡本時計店・鹿島建設・トステム・ヒルトンホテル・長崎国際放送・福山通運・長崎放送・広島テレビなどがある。長崎ウエスレヤン短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄UC7形コンテナ

    国鉄UC7形コンテナから見た福山通運福山通運

    また前記のUC7-10001?10998の登録以外にも、少数例ながら福山通運及び、松岡満運輸の各社では、元々自社所有コンテナとして登録してあったUC5を補強改造して、従来の固体番号を変更することなく形式のみUC5からUC7へ変更登録して使用していた。しかし、改造時点で既に十数年以上酷使されていたために、改造後の運用実績は思わしくなかった。国鉄UC7形コンテナ フレッシュアイペディアより)

  • 福島区

    福島区から見た福山通運福山通運

    福山通運 大阪流通センター (大開4丁目:トラックターミナル)福島区 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄コキ50000形貨車

    国鉄コキ50000形貨車から見た福山通運福山通運

    1972年に5両 (コキ150000 - コキ150004) が製作された。車体中央に 15 t (30 ft) コンテナ用緊締装置を1組増設した他は、一般車と同じ仕様である。福山通運が計画した 15 t (30 ft) コンテナの輸送用に製作され、コンテナ共々試験に供されたが、実用には移行せず計画は中止された。その後は一般車と混用して運用されている。国鉄コキ50000形貨車 フレッシュアイペディアより)

67件中 41 - 50件表示