前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示
  • 福山通運

    福山通運から見たトヨタ自動車

    いすゞ自動車製が主力で、大型から宅配用の小型まで配備されている。小型車には三菱ふそうトラック・バス製のキャンターを使用している。近鉄グループは日野自動車との関係も深い。2012年より大型車に日野車を再導入開始(過去に導入歴あり)、社番は6001?。車両は日野のエンジンを搭載したトヨタ自動車や日産ディーゼル・UDトラックスのトラックが在籍している。塗装はグリーンを基調に、黄や朱色のラインが入っている。前面には「福山通運」とペイントされるが、かつては「札幌← →沖縄」という表記が為されていた。2トン車、4トン車の箱車ボディタイプには、一部床が動くパワーデッキタイプも採用されている。近年では創業地、福山市の観光政策に協力し「ばらのまち 福山」と書かれたステッカーを車両に貼り付けている。福山通運 フレッシュアイペディアより)

  • 福山通運

    福山通運から見た近畿日本鉄道

    昭和23年(1948年)広島県福山市で、廃業した運送会社の福山支店の設備を譲りうけて、福山貨物運送株式会社として創業。創業者は当時の渋谷組(後の「福山地所株式会社」、(元;ベッセル株式会社))の創業者であり社長だった渋谷昇。昭和25年(1950年)、福山駅を拠点とする通運事業にも進出した事から、社名を「福山通運株式会社」と改めた。東証一部上場。渋谷昇は、創業22年・1代をして東証一部上場の全国ネットの運送会社に成長させた。1960年に近畿日本鉄道と提携し傘下となった。福山通運 フレッシュアイペディアより)

  • 福山通運

    福山通運から見た全日本空輸

    スターフライヤー - 関東-北九州間の航空貨物で業務提携(それ以外の路線は日本航空もしくは全日本空輸を利用)福山通運 フレッシュアイペディアより)

  • 福山通運

    福山通運から見た日野自動車

    いすゞ自動車製が主力で、大型から宅配用の小型まで配備されている。小型車には三菱ふそうトラック・バス製のキャンターを使用している。近鉄グループは日野自動車との関係も深い。2012年より大型車に日野車を再導入開始(過去に導入歴あり)、社番は6001?。車両は日野のエンジンを搭載したトヨタ自動車や日産ディーゼル・UDトラックスのトラックが在籍している。塗装はグリーンを基調に、黄や朱色のラインが入っている。前面には「福山通運」とペイントされるが、かつては「札幌← →沖縄」という表記が為されていた。2トン車、4トン車の箱車ボディタイプには、一部床が動くパワーデッキタイプも採用されている。近年では創業地、福山市の観光政策に協力し「ばらのまち 福山」と書かれたステッカーを車両に貼り付けている。福山通運 フレッシュアイペディアより)

  • 福山通運

    福山通運から見た三菱ふそうトラック・バス

    いすゞ自動車製が主力で、大型から宅配用の小型まで配備されている。小型車には三菱ふそうトラック・バス製のキャンターを使用している。近鉄グループは日野自動車との関係も深い。2012年より大型車に日野車を再導入開始(過去に導入歴あり)、社番は6001?。車両は日野のエンジンを搭載したトヨタ自動車や日産ディーゼル・UDトラックスのトラックが在籍している。塗装はグリーンを基調に、黄や朱色のラインが入っている。前面には「福山通運」とペイントされるが、かつては「札幌← →沖縄」という表記が為されていた。2トン車、4トン車の箱車ボディタイプには、一部床が動くパワーデッキタイプも採用されている。近年では創業地、福山市の観光政策に協力し「ばらのまち 福山」と書かれたステッカーを車両に貼り付けている。福山通運 フレッシュアイペディアより)

  • 福山通運

    福山通運から見た日本航空

    スターフライヤー - 関東-北九州間の航空貨物で業務提携(それ以外の路線は日本航空もしくは全日本空輸を利用)福山通運 フレッシュアイペディアより)

  • 福山通運

    福山通運から見た日立物流

    福山通運株式会社(ふくやまつううん、英称:FUKUYAMA TRANSPORTING Co.,Ltd.)は、広島県福山市東深津町に本社を置く近鉄グループの運送会社。東京証券取引所1部上場。日立物流と提携しており、宅配便や引越し業務を手掛ける。福山通運 フレッシュアイペディアより)

  • 福山通運

    福山通運から見たスターフライヤー

    スターフライヤー - 関東-北九州間の航空貨物で業務提携(それ以外の路線は日本航空もしくは全日本空輸を利用)福山通運 フレッシュアイペディアより)

  • 福山通運

    福山通運から見たいすゞ自動車

    いすゞ自動車製が主力で、大型から宅配用の小型まで配備されている。小型車には三菱ふそうトラック・バス製のキャンターを使用している。近鉄グループは日野自動車との関係も深い。2012年より大型車に日野車を再導入開始(過去に導入歴あり)、社番は6001?。車両は日野のエンジンを搭載したトヨタ自動車や日産ディーゼル・UDトラックスのトラックが在籍している。塗装はグリーンを基調に、黄や朱色のラインが入っている。前面には「福山通運」とペイントされるが、かつては「札幌← →沖縄」という表記が為されていた。2トン車、4トン車の箱車ボディタイプには、一部床が動くパワーデッキタイプも採用されている。近年では創業地、福山市の観光政策に協力し「ばらのまち 福山」と書かれたステッカーを車両に貼り付けている。福山通運 フレッシュアイペディアより)

  • 福山通運

    福山通運から見たファーストリテイリング

    現在では業界4位である。近年では、中ロットの値上げを試みている。一時は大創産業やファーストリテイリング、日立物流との提携で荷扱量は増加した。また、1970年代に国鉄のコキ50000とそっくりの30FT コンテナ専用の貨車を計画し実現できなかったが、JR時代になってからは専用のコンテナが登場した。福山通運 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
67件中 1 - 10件表示

「福山通運」のニューストピックワード