523件中 31 - 40件表示
  • 阪本奨悟

    阪本奨悟から見た福山雅治福山雅治

    特技はサッカー。趣味は映画鑑賞とギターで、得意な曲は福山雅治の「桜坂」。阪本奨悟 フレッシュアイペディアより)

  • 秋桜 (山口百恵の曲)

    秋桜 (山口百恵の曲)から見た福山雅治福山雅治

    山口百恵が1977年10月1日にリリースした作品である。山口百恵盤リリースの約半年後、作者であるさだまさし自身がアルバム『私花集』(1978年3月25日リリース)でセルフカバーした。オリジナルは山口盤ではあるが、山口は1980年に引退したため、以降本作はもっぱらさだによって歌われている。そのためオリジナルがさだで、かつて山口がカバーしたと誤解を受けていることがある。また中森明菜や福山雅治、平原綾香などポップス・演歌・クラシック等のジャンルを問わず数多くの歌手によりカバーされている。秋桜 (山口百恵の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 東貴博のヤンピース

    東貴博のヤンピースから見た福山雅治福山雅治

    ネタの最後には福山雅治ネタが必ず紹介される。東貴博のヤンピース フレッシュアイペディアより)

  • ガリレオシリーズ

    ガリレオシリーズから見た福山雅治福山雅治

    佐野史郎をイメージして創られたキャラクターであったが、最近はドラマ版に影響されて福山雅治をイメージしてしまうらしい。ドラマ版の口癖「実に面白い」は原作では言わない。草薙俊平いわくペーパードライバーであるが本人は否定する。ガリレオシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 白浜久

    白浜久から見た福山雅治福山雅治

    1990年、ARB解散。福山雅治のデビュー・アルバム『伝言』をプロデュース。白浜久 フレッシュアイペディアより)

  • 未来日記 (ウンナンのホントコ!)

    未来日記 (ウンナンのホントコ!)から見た福山雅治福山雅治

    いとうせいこう監修のもと脚本を内村光良などの番組出演者が手掛け、若者を中心に大ヒットした。テーマソングに採用された多くの楽曲が大ヒットし、「TSUNAMI」(サザンオールスターズ)と「桜坂」(福山雅治)、「とまどい/SPECIAL THANKS」(GLAY)の3作品がミリオンセラーを達成。2000年のオリコン年間シングルランキングで未来日記のテーマソングが年間1位・2位を独占する結果となった。未来日記 (ウンナンのホントコ!) フレッシュアイペディアより)

  • はなわ

    はなわから見た福山雅治福山雅治

    2003年1月には俳優として初めて出演した映画『アカルイミライ』(黒沢清監督)が公開される。同年5月21日にシングル『佐賀県』でCDデビュー。オリコン初登場9位、最高5位、総売上枚数約25万枚。同年10月には初のCCCDアルバム『HANAWA ROCK』もリリース。この中には、はなわが真面目に歌った曲も収録されている。オリコン初登場9位。同年12月31日の『第54回NHK紅白歌合戦』では、テツandトモとの合同で「なんでだろう佐賀県ヴァージョン」を歌う。衣装は「はなわ」と名前が似ていて間違えられるという「はにわ」(埴輪)の着ぐるみで、これは福山雅治のラジオリスナーのアイディアで、福山本人から直接はなわに伝えられ、日本テレビの美術スタッフが制作したものである。はなわ フレッシュアイペディアより)

  • 新庄 剛志

    新庄剛志から見た福山雅治福山雅治

    阪神では在籍最終の2000年より始まったホームゲーム打席登場曲に福山雅治の『HEAVEN』、シーズン途中からは新曲『桜坂』を起用した。関係者を通してこの話を聞いた福山は自身のコンサートでステージのバックに阪神の球団旗を掲げて演奏し感謝の意を表した。そして新庄がこの年の大阪城ホールでのコンサート前の楽屋に福山を訪ねたことを機に親しい間柄となった。また、日本ハム時代の現役最終2006年にも福山の『美しき花』を登場曲として起用している。新庄剛志 フレッシュアイペディアより)

  • あなただけを 〜Summer Heartbreak〜

    あなただけを 〜Summer Heartbreak〜から見た福山雅治福山雅治

    『涙のキッス』『エロティカ・セブン』に次ぐ3作目のミリオンセラーを達成。フジテレビ系月9ドラマ『いつかまた逢える』(主役は同じ事務所所属の福山雅治)のタイアップもあり、結果的にオリコン集計で113万枚を売り上げるヒットシングルとなった。あなただけを 〜Summer Heartbreak〜 フレッシュアイペディアより)

  • 久米宏

    久米宏から見た福山雅治福山雅治

    同年12月10日、17日にフジテレビ系列ドラマ『ガリレオ』に、自身29年ぶりのドラマ出演を果たした。フジの鈴木吉弘プロデューサーによると、久米の起用は福山雅治に相談している中で生まれたという。木島(久米)は湯川(福山)が尊敬し、天才と認める数少ない学者。鈴木が「誰がいいかな」と尋ねると、福山はしばし考えた後、「久米さん」と答えた。「予想外の名前でしたが、久米さんの理知的でスマート、かつユーモアのセンスあふれるところなどが木島のイメージにぴったり」と答え、出演交渉に入った。久米は当初は「無謀」と思ったというが、「断ち切れない好奇心のため」結果的に出演を受けたと説明した。久米宏 フレッシュアイペディアより)

523件中 31 - 40件表示

「福山雅治」のニューストピックワード