746件中 61 - 70件表示
  • 福岡市

    福岡市から見た鹿児島市

    気象庁の統計では年間降雪日数が17日で、年によってばらつきも大きいが積雪することもある(佐賀市や鹿児島市と並び九州の県庁所在地の中では積雪量が多い。以上1971 - 2000年の平均値より)。福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見た国民体育大会

    10月、第3回国民体育大会開催。福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見た香椎宮

    神功皇后の三韓征伐伝説がこの地には多く残る。東区香椎の香椎宮は、神功皇后が夫である仲哀天皇の神霊を祀ったところである。福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見た

    博多は文化の受け入れ窓口でもあった。1195年 栄西が博多に日本初の禅寺である聖福寺を開いたが、このときも博多綱首らが物心両面の援助をしている。栄西禅師は支那からを持ち帰り喫茶の習慣を日本中に広めたことでも知られるが、「饅頭(まんじゅう)」「饂飩(うどん)」などの日本人になじみ深い食物が日本に入ってきたのもこの時期の博多を通じてであった。福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見た屋台

    常設される屋台の数は日本一で、天神・中洲・博多・長浜などで夜間に店が出て、屋台目当ての観光客も多い。福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見た備前国

    その際、出身地の備前国福岡(現在の岡山県瀬戸内市長船町福岡)に由来して、城下町を福岡と命名した。黒田藩は博多のまちの自治を広く認めたため、町人の商業都市・博多と武士の行政都市・福岡が機能分担しつつ隣接するという、全国的にあまり類例のない「双子都市」が誕生した。福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見たnimoca

    共通乗車カードとしては、ICカードであるSUGOCA(JR九州)・nimoca(西鉄)・はやかけん(地下鉄)・Suica(JR東日本)が市内の全ての電車・バスで利用可能となっている。ストアードフェアカードとしてはよかネットカード・ワイワイカードはそれぞれICカード乗車券の普及により廃止され、地下鉄線のみで使えるえふカードだけが存続している。福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見た熊本市

    1933年 人口が熊本市を抜き、九州最大となる(1963年、新しく発足した北九州市に一旦九州一の座を明け渡した)。福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見た鴻臚館

    7世紀から11世紀にかけては、国際交流が盛んになり、665年には筑紫館(つくしのむろつみ、つくしのたち)が建設され、これが後に大宰府の迎賓館となる鴻臚館(こうろかん)となった。外国からの使節の接待、遣唐使などの送別といった迎賓館としての機能に加えて、貿易事務所、検疫所的な役割も果たしていたらしい。鴻臚館遺跡は1988年に当時の平和台野球場の外野席の土盛りの下から発見され、市民を驚かせた。奈良時代は目の前が海岸であり、使節の船は沖がかりして小舟で上陸した。福岡市 フレッシュアイペディアより)

  • 福岡市

    福岡市から見た神戸市

    福岡市は、九州地方において最大の人口規模を有する都市である。同市を母都市とする福岡都市圏は都市雇用圏として全国第5位の人口を擁し、北九州市(北九州都市圏)とともに形成する北九州・福岡大都市圏は日本の4大都市圏に数えられる。同市の主要産業は第3次産業であり、国の出先機関や全国企業の支社などが数多く設置されたことで九州地方における中枢管理都市として発展してきた。人口(夜間人口)は全国の市で札幌市、神戸市に次いで第6位の約149万人で、昼間人口は第6位の約165万人である。副都心の香椎や西新は高校や大学など教育機関が集積する学生の街としても知られ、人口に占める学生の割合は大都市では京都市に次ぎ、東京23区とほぼ同率の3番目である。福岡市 フレッシュアイペディアより)

746件中 61 - 70件表示