前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
8816件中 1 - 10件表示
  • 福島地方気象台

    福島地方気象台から見た福島県福島県

    福島地方気象台(ふくしまちほうきしょうだい)は、福島県福島市にある地方気象台。福島県全域を管轄とする。福島地方気象台 フレッシュアイペディアより)

  • 市町村合併 (2000年代後半)

    市町村合併 (2000年代後半)から見た福島県福島県

    福島県田村郡滝根町+大越町+都路村+常葉町+船引町=田村市(新設/市制)市町村合併 (2000年代後半) フレッシュアイペディアより)

  • 群青 (福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生の曲)

    群青 (福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生の曲)から見た福島県福島県

    「群青」(ぐんじょう、英語題:Azure)は、福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生と、音楽教諭の小田美樹によって作られた曲。2013年8月10日、譜面第1刷発行。2014年9月1日、群青CDリリース。いずれもパナムジカが発行。群青 (福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生の曲) フレッシュアイペディアより)

  • 宮城県

    宮城県から見た福島県福島県

    明治4年7月14日(1871年8月29日)の廃藩置県によって設置された仙台県が県庁所在地とした、江戸時代における仙台城下町は、その多くが従前は宮城郡(一部名取郡)だったことから、明治5年1月8日(1872年2月16日)に「宮城県」と改称された。当県の領域は仙台県時代から紆余曲折があり、明治9年(1876年)8月21日にほぼ現在の形となった。これを江戸時代の仙台藩の知行面積と比べると、約2/3に減った(現在の福島県新地町や同藩の約1/3を占める岩手県南部を失い、なおかつ陸奥国外の茨城県および滋賀県にあった飛び地をも失った)。仙台城の縄張りが始まった慶長5年12月24日(1601年1月28日)より270年あった仙台藩に対して宮城県はその半分ほどの歴史しかないことや、仙台市に宮城県民の%が居住するプライメイトシティであることから、仙台市域より広く当県全域に及ぶ文物に「宮城」より「仙台」が優先して使用される例がよく見られる(仙台平野・仙台弁・仙台牛・仙台宮城など)。宮城県 フレッシュアイペディアより)

  • 1960年-1989年の市町村合併

    1960年-1989年の市町村合併から見た福島県福島県

    福島県福島市+信夫郡飯坂町=福島市(編入)1960年-1989年の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 1954年下半期の市町村合併

    1954年下半期の市町村合併から見た福島県福島県

    福島県白河市+西白河郡白坂村=白河市(編入)1954年下半期の市町村合併 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災関連の犯罪・問題行為

    東日本大震災関連の犯罪・問題行為から見た福島県福島県

    福島県川俣町が除染活動に当たる作業員に対し、個人情報を福島県警察に提供することに同意するよう求めていることが、2013年までに明らかになっている。同町は、作業員を装った空き巣が相次いでいることで、その対策であると説明しているが、専門家からは「行き過ぎだ」との声が強い。東日本大震災関連の犯罪・問題行為 フレッシュアイペディアより)

  • 浜通り

    浜通りから見た福島県福島県

    浜通り(はまどおり)は、福島県の東部にあたり、西に阿武隈高地と東に太平洋に挟まれた太平洋側沿岸の地域である。浜通り フレッシュアイペディアより)

  • 福島県東方沖地震

    福島県東方沖地震から見た福島県福島県

    福島県東方沖地震(ふくしまけんとうほうおきじしん)は、1938年(昭和13年)11月5日に福島県沖で発生したMj7.5の地震、あるいは11月5日から同年12月にかけて福島県沖で発生した一連の群発地震活動を指す。塩屋崎沖地震(しおやさきおきじしん)とも呼ばれる。同年5月23日に茨城県沖で発生した地震を前駆活動として、あるいは一連の地震活動の一つとして含めることもあるが、ここでは11月以降に発生した地震を扱う。福島県東方沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • 福島市

    福島市から見た福島県福島県

    福島市(ふくしまし)は、福島県中通りの北部に位置する都市。福島県の県庁所在地である。福島市 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
8816件中 1 - 10件表示

「福島のできごと」のニューストピックワード