6809件中 91 - 100件表示
  • 東北電力

    東北電力から見た福島県福島県

    東北電力株式会社(とうほくでんりょく)は、東北地方6県(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県)と、新潟県を営業区域とする電力会社。本店所在地は宮城県仙台市。東北電力 フレッシュアイペディアより)

  • 福島交通

    福島交通から見た福島県福島県

    福島交通株式会社(ふくしまこうつう)とは、福島県を地盤とする日本のバス事業者・鉄道事業者である。本社は福島県福島市東浜町7番8号、貸切部門の本拠は福島県郡山市向河原町2番23号にある。福島交通 フレッシュアイペディアより)

  • 秋田銀行

    秋田銀行から見た福島県福島県

    11月10日 - 福島県での利便性向上のため、東邦銀行とATM相互無料提携を開始。秋田銀行 フレッシュアイペディアより)

  • 北関東

    北関東から見た福島県福島県

    現在は、主な鉄道にJR常磐線、道路は常磐自動車道、国道6号が通り、福島県浜通りへの経路となっているほか、北関東自動車道、国道50号が栃木県・群馬県への経路となっている。中心地は茨城県の県庁所在地である水戸市(人口約26万人、人口密度は約1,200人/平米)。県央地域と県北地域を合わせた茨城県北部(水戸市、ひたちなか市、笠間市、那珂市、常陸太田市、常陸大宮市、日立市、高萩市、北茨城市、東茨城郡、那珂郡、久慈郡)の人口は約114万人。北関東 フレッシュアイペディアより)

  • 野口英世

    野口英世から見た福島県福島県

    1876年11月9日、福島県生まれ。猪苗代高等小学校卒業、済生学舎(現在の日本医科大学)修了後、ペンシルベニア大学医学部を経て、ロックフェラー医学研究所研究員。細菌学の研究に主に従事し、黄熱病や梅毒等の研究で知られる。数々の論文を発表し、ノーベル生理学・医学賞の候補に三度名前が挙がったが、黄熱病の研究中に自身も罹患し、1928年5月21日、アフリカのガーナのアクラにて51歳で死去。野口英世 フレッシュアイペディアより)

  • 住民基本台帳カード

    住民基本台帳カードから見た福島県福島県

    コンビニエンスストア(当面はセブン-イレブン)のキオスク端末による住民票の写し・印鑑登録証明書の交付サービス(コンビニ交付)が2010年2月2日から東京都渋谷区、三鷹市、千葉県市川市で開始された。同年4月6日からは福島県相馬市、10月1日からは千葉県松戸市、11月1日からは滋賀県愛荘町、2011年1月4日からは福島県須賀川市でもサービスを開始。戸籍関係証明書は2012年1月11日から愛荘町と奈良県生駒市で、税関係証明書は同年2月1日から三鷹市で提供開始。コンビニ交付のサービス提供市区町村は2013年3月9日現在で62市区町村となっている。また、取扱い店舗は当初7店舗であったがその後順次拡大され、2010年5月31日以降はこれら市区町村の住民はサービス登録した住民基本台帳カードを利用して全国のセブン-イレブンの店舗のキオスク端末でサービスが受けられるようになっている。住民基本台帳カード フレッシュアイペディアより)

  • NHKのど自慢

    NHKのど自慢から見た福島県福島県

    2011年3月13日は東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の報道特番のために休止。奇しくもこの時の予定会場は、地震で被害を受けた福島県田村市であった。翌週3月20日も放送・開催自体が危ぶまれたが、大分県宇佐市からの放送が実施された。ただし、放送日は予定通りではあったが、東日本大震災の特設ニュースが組まれた関係で総合テレビとNHKワールド・プレミアムは13:00 - 13:45の時差生放送・ラジオ第1とNHKワールド・ラジオ日本は13:10 - 13:55とテレビより10分遅れのディレイ放送にそれぞれ変更となった。なお東北地方は総合テレビ・ラジオ第1とも東日本大震災関連のニュースに差し替え(テレビ放送での振替放送も行われず、東北地方では未放送に終わった)、BS2は放送休止となった。また、3月27日の栃木県日光市は開催が中止になったため放送休止となった。NHKのど自慢 フレッシュアイペディアより)

  • ダイユーエイト

    ダイユーエイトから見た福島県福島県

    株式会社ダイユーエイトは、福島県福島市に本社を置くホームセンターを中核に事業を展開している会社。ダイユーエイト フレッシュアイペディアより)

  • いわき市

    いわき市から見た福島県福島県

    いわき市(いわきし)は、福島県浜通り南部にある市。いわき市 フレッシュアイペディアより)

  • 東北本線

    東北本線から見た福島県福島県

    現在「東北本線」と呼ばれる線路は、日本鉄道の時代は「奥州線」と呼ばれたり、地図上では「東北鉄道」などの記載も見られたが、同社の定款では「第一区」から「第五区」、国有化直前時点の定款では仙台駅を境に「本線南区」・「本線北区」と称していた。国有化後の1909年(明治42年)10月12日には鉄道院告示第54号国有鉄道線路名称左ノ通定ムにより、当線は主な経由地(福島県・宮城県・岩手県・青森県)の地方名として定着していた「東北」を冠し「東北線の部 東北本線」となった。この時「東北線の部」に属していた路線は東北本線、山手線、常磐線、隅田川線、高崎線、両毛線、水戸線、日光線、岩越線、塩釜線、八ノ戸線の11路線であり、東北本線はこの中の「本線」とされ「東北線の部」の幹線であった。主要経由地の4県は明治以前の令制国では陸奥国(奥州)の地域であったが、戊辰戦争の戦後処理の一環で明治政府が出羽国(羽州)と共に1868年(明治元年)に分割(「陸奥国 (1869-)」参照)、これに伴い民権派が薩長土肥を『西南』と呼んだのに対し、旧奥羽両国を指す新名称として明治10年代から使用し、当線の改称時には一般化していた「東北」が採用された。東北本線 フレッシュアイペディアより)

6809件中 91 - 100件表示

「福島のできごと」のニューストピックワード