492件中 21 - 30件表示
  • 福島県

    福島県から見た太陽誘電

    ザッツ福島(伊達市)太陽誘電CDR、DVDRの基幹工場福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た東北電力

    日本の地熱発電所としては国内最大出力の東北電力・柳津西山地熱発電所(最大出力 65,000 kW)が稼動している。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た伊達政宗

    戦国時代に北関東・東北においては一国以上の領国をもつ戦国大名は少なく中小の地域勢力が分立する傾向をもっているが、伊達氏は伊達稙宗が南奥羽で外征や婚姻外交を繰り返し南奥羽のほとんど大名が勢力下に入るが天文の乱を起こし衰退したり、白河結城氏が衰退し代わって岩城氏が勢力を盛り返すなど、栄枯盛衰はやむことはなく、隣接する常陸国佐竹氏や越後国上杉氏の影響も受けるようになるが、最終的には蘆名氏や相馬氏、二本松氏などを圧倒した伊達氏の伊達政宗が短期間ではあるが、福島県域の浜通りを除く大半を領有することになる。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た仙台市

    中通り北部(福島市など)や浜通り夜ノ森以北(旧相馬氏領)は、仙台への通勤・通学者が一定の割合で存在するほか、休日の買い物に高速バスや在来線などで仙台へ行く住民も多く、仙台志向が強い。(→東北地方の経済史、南東北、仙台経済圏、仙台都市圏を参照のこと。)福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た猪苗代湖

    猪苗代湖(十六橋水門によりダム化)福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た

    会津地方 - 日本海側気候となりの多い地域となっており、全域が豪雪地帯(半数以上が特別豪雪地帯)に属する。また寒さは福島県の中でも厳しく、標高の高い地域は零下20度以下にまで下がることもあり、亜寒帯(冷帯)湿潤気候に属する。会津盆地は東北地方の太平洋沿岸、内陸部に冷害をもたらすやませの影響を受けることも少なく、フェーン現象により高温となることがある。只見川流域は日本屈指の豪雪地帯として知られ、その雪解け水を利用した水力発電が盛んである。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た関東地方

    気候 - 太平洋側気候に属する。東北地方としては非常に温暖で、夏は涼しく、冬は乾燥して雪もほとんど降らない。東北地方の他の地域よりも関東地方の沿岸部に近い、穏やかな気候である。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見たイネ

    第一次産業では水稲、モモに代表される果物などの農産物、いわき市のカツオ、郡山市の養殖鯉(出荷量日本1位1)などの水産物が主要産物である。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た水戸市

    由来 - 浜通りという名称は陸前浜街道に由来がある。陸前浜街道は、戊辰戦争前には単に「浜街道」や「海道」とも呼ばれた道で、鎌倉以北(関ヶ原合戦後は江戸以北)の東海道に当たる沿岸路線で、現在の国道6号とほぼ一致する沿岸の街道である。奈良時代や平安時代の東海道は、鎌倉以西のみならず、鎌倉以北も含まれており、奈良(後に京都)を始点として、現在の名古屋、浜松、東京(戊辰戦争前の江戸)、水戸を経由して多賀城に至る路線であった。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た水力発電所

    北部から西部にかけての山岳地帯は日本有数の豪雪地帯として知られ、日本海へ注ぐ阿賀川の流域であり、多くの大型水力発電所が設けられた日本を代表する電源地帯となっている。また、その流域は磐梯朝日国立公園、尾瀬国立公園、日光国立公園、越後三山只見国定公園に指定された自然の宝庫であり、吾妻山・安達太良山・磐梯山などの諸活火山をはじめ、磐梯高原・会津高原・尾瀬などの山岳観光地がある。福島県 フレッシュアイペディアより)

492件中 21 - 30件表示

「福島のできごと」のニューストピックワード