534件中 51 - 60件表示
  • 福島県

    福島県から見た石原幹市郎

    石原幹市郎(1947年4月12日 - 1949年11月30日)福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た木村守江

    木村守江(1964年5月16日 - 1976年8月11日 収賄容疑に問われ引責辞任)福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た加藤嘉明

    関ヶ原の戦いによって上杉景勝は信夫郡伊達郡を除く福島県域の所領を失い、30万石となる。代わって会津には蒲生秀行が再度入封し、会津藩60万石が成立する。が、2代目の蒲生忠郷が早世し伊予松山藩に移ることになる。次に1627年加藤嘉明が40万石で会津に入封するが、これも2代目加藤明成で会津騒動を起こして領地を徳川幕府に返上した。そして、1643年に松平氏保科正之が23万石で入封し、この松平氏会津藩が戊辰戦争まで続くことになる。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た豊臣秀吉

    豊臣秀吉による奥州仕置により伊達政宗が伊達氏の元の本領以外没収され、会津には蒲生氏郷が入る。翌年の葛西大崎一揆の戦後処理で伊達政宗が岩出山に移封させられると、蒲生氏郷が福島県中通り以西のほとんどを領有した。しかし子の蒲生秀行は会津から宇都宮に移され、代わって越後国の上杉景勝が会津120万石を得て福島県の中通り以西のほとんどの地域と山形県の置賜地方を領有した。なお、葛西大崎一揆の原因を作ったとして所領を奪われた岩出山の旧領主の木村吉清は、後に許されて蒲生氏郷に仕えて杉目城主となった。吉清は杉目を「福島」と改称し、今日の県名の由来となっている。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た源頼朝

    中世においては源頼朝が鎌倉に幕府を開府し東国において自立するが、頼朝は東北において奥州征伐により奥州藤原氏を滅ぼす。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た佐藤善一郎

    佐藤善一郎(1957年8月25日 - 1964年3月23日)福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た藤原清衡

    平安時代には会津で恵日寺が強大な勢力を得たが、平安時代末期にはほぼ福島県全域が奥州藤原氏の勢力下に入り、藤原氏一族の信夫佐藤氏が福島盆地を本拠地として、中通りの中部まで、恵日寺後退後の会津、山形県置賜地方まで支配するまでになった。平安末期、福島県内で他には中通りの石川氏、浜通りの岩城氏があった。石川氏は清和源氏の流れで前九年の役に従軍して石川郡に定住した。岩城氏は桓武平家の氏族で、藤原清衡の養女を妻に迎えて石城郡に定住したとも石城郡司の子孫とも言われる。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た大竹作摩

    大竹作摩(1950年1月28日 - 1957年7月25日)福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た伊達稙宗

    戦国時代に北関東・東北においては一国以上の領国を持つ戦国大名は少なく中小の地域勢力が分立する傾向をもっているが、伊達氏は伊達稙宗が南奥羽で外征や婚姻外交を繰り返し南奥羽のほとんど大名が勢力下に入るが天文の乱を起こし衰退したり、白河結城氏が衰退し代わって岩城氏が勢力を盛り返すなど、栄枯盛衰は止むことはなく、隣接する常陸国佐竹氏や越後国上杉氏の影響も受けるようになるが、最終的には蘆名氏や相馬氏、二本松氏などを圧倒した伊達氏の伊達政宗が短期間ではあるが、福島県域の浜通りを除く大半を領有することになる。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た山本おさむ

    そばもん ニッポン蕎麦行脚 (山本おさむ) (漫画:2008年) - 会津若松市など福島県 フレッシュアイペディアより)

534件中 51 - 60件表示

「福島のできごと」のニューストピックワード