534件中 81 - 90件表示
  • 福島県

    福島県から見た山城国

    現在、福島県域は岩盤が固くて地震が少ないから「岩代国」と呼ぶ、という説があるが、これは「岩」という文字のイメージから生まれた俗説である。岩代国の由来は石背国にある。石背国の読み方は本来「いわせ」であったが、後に山背を「やましろ」と読むのに習って「いわしろ」とも読むようになったと思われる。明治旧国名では「いわしろ」の読みを採用し、「岩代」の文字を当てた。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た日光国立公園

    北部から西部にかけての山岳地帯は日本有数の豪雪地帯として知られ、日本海へ注ぐ阿賀川の流域であり、多くの大型水力発電所が設けられた日本を代表する電源地帯となっている。また、その流域は磐梯朝日国立公園、尾瀬国立公園、日光国立公園、越後三山只見国定公園に指定された自然の宝庫であり、吾妻山・安達太良山・磐梯山などの諸活火山をはじめ、磐梯高原・会津高原・尾瀬などの山岳観光地がある。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た独立行政法人

    福島工業高等専門学校(独立行政法人国立高等専門学校機構)福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た割竹形木棺

    縄文時代・弥生時代を経て古墳時代に入るが、福島県は大型の古墳が少ない東北地方にあって大安場古墳(郡山市、前方後方墳、全長約 83m)、会津大塚山古墳(会津若松市、前方後円墳、114m 、4世紀後半、東北最古級、割竹形木棺検出、三角縁神獣鏡出土)、亀ヶ森・鎮守森古墳(会津坂下町、前方後円墳、127m)などの大型の古墳が集積する。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た浜松市

    由来 - 浜通りという名称は陸前浜街道に由来がある。陸前浜街道は、戊辰戦争前には単に「浜街道」や「海道」とも呼ばれた道で、鎌倉以北(関ヶ原合戦後は江戸以北)の東海道に当たる沿岸路線で、現在の国道6号とほぼ一致する沿岸の街道である。奈良時代や平安時代の東海道は、鎌倉以西のみならず、鎌倉以北も含まれており、奈良(後に京都)を始点として、現在の名古屋、浜松、東京(戊辰戦争前の江戸)、水戸を経由して多賀城に至る路線であった。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た化学

    第二次産業では東京首都圏に隣接する至便性のため首都圏より県内に進出する企業も多く製造品出荷額では宮城県を抑え東北地方1位である。電子機器関連の工場の立地が多く、福島市周辺では電子機器、会津若松周辺では半導体、郡山周辺ではプリント基板関連、電子部品、いわき市周辺では電子機器、化学製品、自動車エンジン工場などの立地がある。最近では田村市において自動車電装部品関連企業の誘致にも成功している。(2008年(平成20年)現在)福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た魚沼郡

    会津産のコシヒカリは新潟県魚沼産同様高い評価を得ている(2018年(平成30年)現在、特Aクラスを得ている)。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見たスパリゾートハワイアンズ

    いわき市には炭鉱より開発された大型温泉観光施設スパリゾートハワイアンズがある。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た名古屋市

    由来 - 浜通りという名称は陸前浜街道に由来がある。陸前浜街道は、戊辰戦争前には単に「浜街道」や「海道」とも呼ばれた道で、鎌倉以北(関ヶ原合戦後は江戸以北)の東海道に当たる沿岸路線で、現在の国道6号とほぼ一致する沿岸の街道である。奈良時代や平安時代の東海道は、鎌倉以西のみならず、鎌倉以北も含まれており、奈良(後に京都)を始点として、現在の名古屋、浜松、東京(戊辰戦争前の江戸)、水戸を経由して多賀城に至る路線であった。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た風林火山 (NHK大河ドラマ)

    風林火山 (2007年、NHK) - 映画『親父』のいわき市オープンセットを使用。福島県 フレッシュアイペディアより)

534件中 81 - 90件表示

「福島のできごと」のニューストピックワード