前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示
  • 社会民主党 (日本 1996-)

    社会民主党 (日本 1996-)から見た福島瑞穂福島瑞穂

    1996年1月に日本社会党が改称して発足し、継続して自社さ連立政権に参加したが、1998年5月に連立離脱。2009年に民社国連立政権に参加したが、2010年に離脱。歴代党首は、村山富市、土井たか子、福島瑞穂。機関紙は『社会新報』(週刊)、『社会民主』(月刊)。国際組織の社会主義インターナショナルに加盟しており、党首の福島が副議長を務めている。社会民主党 (日本 1996-) フレッシュアイペディアより)

  • 2010年日本における口蹄疫の流行

    2010年日本における口蹄疫の流行から見た福島瑞穂福島瑞穂

    赤松農相がメキシコ、キューバ、コロンビアへの外遊に出発する。帰国は5月8日。福島瑞穂内閣府特命担当大臣(消費者行政/少子化担当)が外遊期間中の農林水産大臣臨時代理を務めた。2010年日本における口蹄疫の流行 フレッシュアイペディアより)

  • 阿部知子

    阿部知子から見た福島瑞穂福島瑞穂

    社民党議員の中では政策審議会長で執行部の一員ではあるものの、2007年11月の社民党党首選告示に際しては唯一の立候補者であった福島瑞穂の推薦人に大半の党所属国会議員が名を連ねる中、阿部は推薦人にならず、「護憲のみに偏重した現在の党の活動は改めるべき」と注文をつけ、党内では現実路線を訴えた。阿部知子 フレッシュアイペディアより)

  • 倉田 真由美

    倉田真由美から見た福島瑞穂福島瑞穂

    『こんな男とは絶対、結婚するな!』の共著や、『だめんず・うぉ〜か〜』第7巻の対談などで福島みずほと面識がある。福島と山口二郎との共著『本当に憲法改正まで行くつもりですか?』もある。倉田真由美 フレッシュアイペディアより)

  • 準児童ポルノ

    準児童ポルノから見た福島瑞穂福島瑞穂

    弁護士福島瑞穂(現・社会民主党党首)は、ことに「アニメや漫画のキャラクターが18歳未満か否かの判断基準は不明確であり、結果的に恣意的かつ不公正な運用にならざるを得ない」と懸念を表明し、「刑事法は、明確性の原理が必要」と指摘し、日本弁護士連合会でも、これと同様の見解を示している。準児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤正久

    佐藤正久から見た福島瑞穂福島瑞穂

    また、2007年10月5日の参議院本会議代表質問では、社民党の福島瑞穂が福田首相への質問で、この問題を取り上げたが、福田首相は、「この件は佐藤氏本人が既に釈明している。問題はない」と答弁した。佐藤正久 フレッシュアイペディアより)

  • 児童ポルノ

    児童ポルノから見た福島瑞穂福島瑞穂

    また、社民党党首福島瑞穂は、「児童ポルノにはもちろん反対だが、ポルノかどうかの判断は、人によって違ってくる。拳銃や麻薬のように単純に違法なものかは判断できない」とコメントしており、単純所持の違法化には反対の姿勢を見せている。創作物の規制に関しても、「一見児童ポルノを処罰をするようで、実は、ポルノ全体の処罰とならざるを得ない」との認識を示しており、「裁判官が「アニメのこの子は、19歳に見える、いや17歳くらいだろう」と判断をすることになる。はっきり言ってそれは、不可能でありかつ恣意的になる。法廷で、いや18歳以上に見えると論争をするのだろうか」として、漫画などの規制に懸念を示している。また同党所属の保坂展人もこれらの意見に同調している。児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 第168回国会

    第168回国会から見た福島みずほ福島瑞穂

    参議院本会議で代表質問が行われ、白浜一良(公明)、大石正光(民主)、椎名一保(自民)、相原久美子(民主)、市田忠義(共産)、福島みずほ(社民)、自見庄三郎(国民新)が質問。第168回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の歴史

    鳩山由紀夫内閣の歴史から見た福島瑞穂福島瑞穂

    テレビ朝日の昼番組で、福島瑞穂社民党党首が海上自衛隊によるインド洋での給油活動について、即時撤退にこだわらない考えを明らかにする。鳩山由紀夫内閣の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 普天間基地移設問題

    普天間基地移設問題から見た福島瑞穂福島瑞穂

    防衛省は2009年10月に移設先としての可能性を検討するための現地調査を伊江・下地両島でおこなっている。同年12月末には、民主党幹事長小沢一郎が両案を選択肢に入れる意向を表明し、社民党党首の福島瑞穂も下地島への移転に言及した。伊江島には1600mの滑走路を持つ伊江島空港、下地島には3000mの滑走路を持ち、民間機パイロットの訓練地となっている下地島空港が存在し、軍事関係者からは度々その価値が言及されている。なお、国民新党で地元選出議員の下地幹郎も本案を推している。なお、中国の軍事関係者にも日米側が戦力の前進配備を行う可能性を指摘している者が居る。普天間基地移設問題 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
168件中 1 - 10件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード