248件中 91 - 100件表示
  • キャンプ・シュワブ

    キャンプ・シュワブから見た福島瑞穂福島瑞穂

    2007年(平成19年)6月6日に発覚した情報保全隊の市民活動監視問題に関して、社会民主党の福島瑞穂党首と保坂展人議員は6月8日に市ヶ谷の防衛省を訪問し、守屋武昌事務次官に市民活動監視は不当・不法として抗議を行ったが、その際に守屋次官はキャンプ・シュワブでの基地移設反対運動についても、海自の情報保全隊が事後の情報収集を行っていると言及したと保坂議員は自身のブログで報告している。ただし守屋次官はその後の記者団との非公式会見ではこの事を否定しており、各社の報道は両論併記となった。キャンプ・シュワブ フレッシュアイペディアより)

  • 首藤信彦

    首藤信彦から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2010年8月19日、日韓併合100年を契機に「植民地支配過程で被害にあった韓国人とその子孫たちに対して日本政府の十分な賠償を促す」ことを目的とした「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に民主党の斎藤勁衆議院議員・土肥隆一衆議院議員・相原久美子参院議員・今野東参院議員・那谷屋正義参院議員、日本共産党の山下芳生参院議員、社民党の阿部知子衆議院議員、社民党党首の福島瑞穂参議院議員、無所属の糸数慶子参議院議員らと出席し、自民党の加藤紘一衆議院議員の代理人も参加し、韓国の国会議員らとともに日本による韓国併合の違法性、戦後補償と慰安婦問題、在日韓国人の地方参政権問題などの解決方法について議論した。韓国側からの菅談話への不十分だと言う要求の結果について首藤は「日本が大変な惨禍をもたらしたのは歴史的な事実だ。今も突き付けられたその問題に、どう日韓で協力するかの全体図を考える視点が必要。日韓が共通認識を持つには19世紀から20世紀にかけて起きたことの全体を把握しないと難しい」と総括した。首藤信彦 フレッシュアイペディアより)

  • 尖閣諸島中国漁船衝突事件

    尖閣諸島中国漁船衝突事件から見た福島瑞穂福島瑞穂

    社会民主党では、福島瑞穂党首が「地検の判断を尊重するしかない」と述べた。尖閣諸島中国漁船衝突事件 フレッシュアイペディアより)

  • 中島隆利

    中島隆利から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2010年1月 - 代表の福島瑞穂から国会対策委員長の起用が提示されたが、党大会で了解を得られず副幹事長に就任中島隆利 フレッシュアイペディアより)

  • 本田雅和

    本田雅和から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2000年12月、反差別国際運動日本委員会(IMADR-JC)主催の人種差別撤廃条約シンポジウムに、福島瑞穂らと一緒にパネリストとして参加。本田雅和 フレッシュアイペディアより)

  • 太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。

    太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。から見た福島瑞穂福島瑞穂

    福島瑞穂(社民党党首・元内閣府特命担当大臣・弁護士)太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中。 フレッシュアイペディアより)

  • SOGI

    SOGIから見た福島瑞穂福島瑞穂

    2016年2月16日に衆議院議員会館で行われた院内集会「LGBTとAlly(支援者)の学生と国会議員の意見交換セッション」で、社会民主党副党首の福島瑞穂は「LGBTという言葉を使うから、セクシュアル・マイノリティの人々はレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーであるというような扱いが起きてしまうわけで、SOGIにすればスムーズだと思う」と述べている。SOGI フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の政治

    2016年の政治から見た福島瑞穂福島瑞穂

    社民党と生活の党と山本太郎となかまたちは参議院統一会派「希望の会」の結成を参議院事務局に届け出た。会派は生活の党3人、社民党2人の計5人からなり、議員会長に社民党の福島瑞穂副党首、幹事長に生活の党の青木愛参院議員が就任した。なお、第24回参議院議員通常選挙で当選した生活の党に党籍を持つ無所属候補のうち、木戸口英司は会派入りするが、森裕子は会派入りせずに当面無所属で活動することとなった。2016年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 在日認定

    在日認定から見た福島瑞穂福島瑞穂

    日本国内の「在日認定」の例として、WiLLに掲載された花岡信昭執筆の土井たか子を在日朝鮮人であるとした記事や、2010年1月25日付の國民新聞に掲載された清水馨八郎による小沢一郎、菅直人、土井たか子、福島瑞穂を在日認定する記事がある(WiLLは土井から提訴され賠償を命じられた。詳しくはの節を参照)。在日認定 フレッシュアイペディアより)

  • こんにゃくゼリー

    こんにゃくゼリーから見た福島みずほ福島瑞穂

    日本では、一口ずつ噛み切って食べるようにパッケージへの記載や、グルコマンナン濃度の低下など物性や形状等の工夫がはかられているが、国民生活センターによると、1995年から2008年までの間に22件の死亡事故が発生しているとされ、このことが2007年から2008年にかけて報道された際には大きな社会的関心を集めた。国会やマスメディアがこの問題を取り上げ菓子メーカーの企業責任を厳しく追及し、日本でも海外のようにこんにゃくゼリーを全面的に禁止すべきであるという意見も出され、社民党の福島みずほ党首と近藤正道参院議員からはこんにゃくゼリーの製造・輸入・販売の即時禁止と企業への責任追求と自主回収要求する「申し入れ」が野田聖子消費者行政担当大臣に要求された。こんにゃくゼリー最大手であるマンナンライフは対策を取るために一時生産を停止し、後に生産を再開する際にも警告文を大きく表示するなどの対応を迫られたほか、同業他社も同様の対策を取ることになった。こんにゃくゼリー フレッシュアイペディアより)

248件中 91 - 100件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード