248件中 101 - 110件表示
  • 天皇特例会見

    天皇特例会見から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2009年12月17日、福島瑞穂内閣府特命担当大臣(社会民主党党首)は、「きっちり反省材料にして今後はルールを守り、尊重していくべきだ」と述べた。天皇特例会見 フレッシュアイペディアより)

  • 鳩山由紀夫内閣の政策

    鳩山由紀夫内閣の政策から見た福島瑞穂福島瑞穂

    福島瑞穂消費者・少子化対策担当相は、社民党が野党時代に自公政権の強行採決を批判していた経緯を踏まえ、「採決強行はできる限り避けるべき」と強行採決に慎重な姿勢を示した。また、鳩山は、総選挙前、「私たちが政権を取れば、数の暴力で何でもかんでも強引に決めてしまうようなことは一切しない」と発言していた。鳩山由紀夫内閣の政策 フレッシュアイペディアより)

  • 2018年社会民主党党首選挙

    2018年社会民主党党首選挙から見た福島瑞穂福島瑞穂

    又市征治幹事長ら現職議員らは吉田に対して慰留を続けていたが、吉田は関係者らと相談の上で、22日の党両院議員総会で改めて立候補辞退を通告した。その後、党所属現職国会議員4人による協議の結果、福島瑞穂副党首、照屋寛徳国会対策委員長、吉川元政策審議会長の3人が幹事長の又市に党首就任を要請、又市は要請に応じて立候補を表明する。2018年社会民主党党首選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 学生団体ivote

    学生団体ivoteから見た福島みずほ福島瑞穂

    現在(第21回)に至るまで、柿沢未途(みんなの党)、亀井亜紀子(国民新党)、河野太郎(自民党)、津村啓介(民主党)、福島みずほ(社民党)、保坂展人(社民党)、松田公太(みんなの党)、山本一太(自民党)など50名以上の国会議員・地方議員が来席。(在籍政党はいずれも当時)学生団体ivote フレッシュアイペディアより)

  • 班目春樹

    班目春樹から見た福島瑞穂福島瑞穂

    3月22日の参議院予算委員会で、2007年(平成19年)2月の浜岡原発運転差し止め訴訟の静岡地方裁判所での証人尋問で、非常用ディーゼル発電機や制御棒など、重要機器が複数同時に機能喪失することまで想定していない理由を、社民党の福島瑞穂に問われ、「そのような事態は想定していない。そのような想定をしたのでは原発はつくれないから、どこかで割り切らなければ原子炉の設計ができなくなる」と答弁した。班目春樹 フレッシュアイペディアより)

  • 第20回参議院議員通常選挙

    第20回参議院議員通常選挙から見た福島瑞穂福島瑞穂

    全国連合党首=福島瑞穂 全国連合副党首=照屋寛徳/渕上貞雄/横光克彦 全国連合幹事長=又市征治 政策審議会長=阿部知子 国会対策委員長=横光克彦 参議院議員会長=渕上貞雄第20回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 民社国連立政権

    民社国連立政権から見た福島瑞穂福島瑞穂

    連立協議の中では、外交政策・安全保障政策・環境政策において協議が難航した。特に難航したのは、社民党が、アメリカ軍普天間飛行場のキャンプ・シュワブ沿岸部への移設計画見直しと、日米地位協定改定を合意文書に明記するよう要望した問題で、最終的に民主党が社民党の要求を受け入れる形となった。9月9日に合意に達し、民主党の鳩山由紀夫代表・社民党の福島瑞穂党首・国民新党の亀井静香代表が合意文書に署名した。民社国連立政権 フレッシュアイペディアより)

  • 西岡力

    西岡力から見た福島瑞穂福島瑞穂

    吉見義明、高木健一、戸塚悦朗、福島瑞穂などの主張する慰安婦の強制連行には否定的な立ち場をとる。西岡は2007年と2012年に草思社から「よくわかる慰安婦問題」など慰安婦問題に関する書籍を2作品発表し、この中で、慰安婦強制連行の主張をとる弁護士を「事実を歪曲しても日本を非難すればよいという姿勢」などと批判した。批判された弁護士の高木健一は、名誉を傷つけられたとして、西岡と出版元の草思社に対して出版の差し止めと1000万円の損害賠償を求めて名誉毀損訴訟を東京地裁に起こしたが、1審の東京地裁は2014年2月、「記述の前提事実の重要な部分が真実であるか、または真実と信じたことに相当な理由がある。公益を図る目的で執筆されており、論評の域を逸脱するものではない」として原告の訴えを棄却した。2審の東京高裁も1審を支持した。2015年1月14日、最高裁第二小法定(鬼丸かおる裁判長)は原告側の上告を棄却した。これにより、高木健一の敗訴が確定し、西岡が勝訴した。同裁判の勝訴を受けて西岡は「言論には言論でという原則に反する裁判は何とも後味が悪かった」と述べている。西岡力 フレッシュアイペディアより)

  • 日中国会議員書画展実行委員会

    日中国会議員書画展実行委員会から見た福島瑞穂福島瑞穂

    福島瑞穂(社会民主党所属の参議院議員、社会主義インターナショナル副議長など)- 愛と平和(書)日中国会議員書画展実行委員会 フレッシュアイペディアより)

  • 円より子

    円より子から見た福島みずほ福島瑞穂

    2007年2月21日、マイク・ホンダがアメリカ合衆国下院121号決議を成立させる動きに連動し、米議会の公聴会で慰安婦を名乗り証言した李容洙を招いて開催した集会に参加。『(被害者の証言は)日本の国会がすべきこと。米国で先に実現し恥ずかしく思う。日本がアジアで尊敬される国になるには戦争加害責任をきちんととって周辺の国々と友好を深めていかなければならない』と述べた。参加者は民主党の郡和子(衆)、岡崎トミ子(参)、円より子(参)、千葉景子(参)、江田五月(参)、那谷屋正義。社民党の福島みずほ(参)、日本共産党の吉川春子(参)。集会後は、浅野勝人副大臣と李容洙を引き合わせて、戦時性的強制被害者問題解決促進法案の早期成立を求めた。円より子 フレッシュアイペディアより)

248件中 101 - 110件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード