248件中 111 - 120件表示
  • 円より子

    円より子から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2000年、戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案を社民党党首の福島瑞穂参議院議員らと共に提出した。円より子 フレッシュアイペディアより)

  • KAWASAKIしんゆり映画祭

    KAWASAKIしんゆり映画祭から見た福島瑞穂福島瑞穂

    ゲスト - 佐藤忠男 堀越謙三 中野裕之 三原光尋 青山真治 役所広司 冨樫森 派谷恵美 今村昌平 清水美砂 猿川直人 西田尚美 冨田靖子 篠原哲雄 浅丘ルリ子 吉川光 小林貴裕 福島瑞穂 馬場英顕 趙鳳英 鑼鼓教室 アモーレ・ブラスバンドKAWASAKIしんゆり映画祭 フレッシュアイペディアより)

  • 石川大我

    石川大我から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2007年8月の東京プライドパレードにおいて社民党党首の福島瑞穂に呼びかけ、福島らと共に行進した。日本において政党党首がいわゆる「プライドパレード」に参加したのは初めてであったため、イギリスの当事者メディアなどがこれを報道し話題となった。石川大我 フレッシュアイペディアより)

  • 安倍内閣総理大臣談話

    安倍内閣総理大臣談話から見た福島瑞穂福島瑞穂

    福島瑞穂(社会民主党副党首):「村山談話を受け継いでいない。キーワードは使っているが、換骨奪胎している」安倍内閣総理大臣談話 フレッシュアイペディアより)

  • 吉川春子

    吉川春子から見た福島みずほ福島瑞穂

    2007年2月21日、マイク・ホンダがアメリカ合衆国下院121号決議を成立させる動きに連動し、米議会の公聴会で慰安婦を名乗り証言した李容洙を招いて開催した集会に参加。円より子は「現在、『促進法案(戦時性的強制被害者問題解決促進法案)』が(審議されず)吊るしっぱなしになっている。法案を通過させ被害者の名誉を回復したい。そのために通常国会で審議されるよう努力していく」と述べた。岡崎トミ子は『(被害者の証言は)日本の国会がすべきこと。米国で先に実現し恥ずかしく思う。日本がアジアで尊敬される国になるには戦争加害責任をきちんととって周辺の国々と友好を深めていかなければならない』と述べた。参加者は民主党の郡和子(衆)、岡崎トミ子(参)、円より子(参)、千葉景子(参)、江田五月(参)、那谷屋正義。社民党の福島みずほ(参)、日本共産党の吉川春子(参)。吉川春子 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤勁

    斎藤勁から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2010年8月19日、日韓併合100年を契機に「植民地支配過程で被害にあった韓国人とその子孫たちに対して日本政府の十分な賠償を促す」ことを目的とした「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に民主党の首藤信彦衆議院議員の・土肥隆一衆議院議員・相原久美子参院議員・今野東参院議員・那谷屋正義参院議員、日本共産党の山下芳生参院議員、社民党の阿部知子衆議院議員、社民党党首の福島瑞穂参議院議員、無所属の糸数慶子参議院議員らと出席し、自民党の加藤紘一衆議院議員の代理人も参加し、韓国の国会議員らとともに日本による韓国併合の違法性、戦後補償と慰安婦問題、在日韓国人の地方参政権問題などの解決方法について議論した。その議論でうまくまとまらなかったことについて「5月25日に日韓の超党派の国会議員で共同宣言を出そうとしたが実現しなかった。それで終わらずに双方で忌憚のない意見交換をしたかった。」「首相の菅直人よる談話に対して日韓両国の知識人が(不十分だとして)不義不当だとの共同声明を出している。ここは未来に向け双方で諸課題の解決に向け真剣に話し合うべきだ。」と総括した。斎藤勁 フレッシュアイペディアより)

  • 礒崎陽輔

    礒崎陽輔から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2015年7月26日、大分市内で講演した際、国会で審議されていた集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法案に関し、「考えなければいけないのは我が国を守るために必要な措置かどうかで、法的安定性は関係ない」と発言。8月3日、参議院我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会に参考人招致され、「私の軽率な発言により審議に多大な迷惑をかけた。発言を取り消すとともに心よりおわび申し上げる」「大きな誤解を与えてしまった。今回の法制は合憲性と法的安定性は確保されていると認識している」と述べ、陳謝した上で発言は撤回したものの、辞任は否定した。翌8月4日、参院特別委員会で安倍晋三首相も「(法的安定性の重要性を)礒崎氏も十分理解している」と擁護したが、野党からは「内閣の体質の一部が出た」(郡司彰)、「なぜ更迭しないのか。法の支配を破壊する首相は退陣すべきだ」(福島瑞穂)など、礒崎や安倍政権への批判が相次いだ。礒崎陽輔 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原子力発電所

    浜岡原子力発電所から見た福島瑞穂福島瑞穂

    共産党の市田忠義書記局長は「世論に押されて停止したのは一歩前進だ。全国的な原発の廃炉を目指して国民運動を起こしていきたい」、社民党党首の福島瑞穂も「首相の決断を歓迎する。『脱原発』の未来を切り開く大きな一歩となるはずだ」、自民党衆院議員の河野太郎も「残りの原発に関してもきちんとしたストレステストをすべきだ」と、それぞれ菅首相の要請を評価した。民主党国民運動委員長の渡辺周は「いったん停止して安全確認をするのが地元のコンセンサスだ」と評価したが、「地元自治体は原発関連の補助金に財源を頼っており、財政的な配慮が必要だ」とも指摘した。浜岡原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • 浜岡原発訴訟

    浜岡原発訴訟から見た福島瑞穂福島瑞穂

    しかし、2011年(平成23年)3月11日に起きた東日本大震災の津波被害に伴う福島第一原子力発電所事故後の22日の参議院予算委員会で、内閣府原子力安全委員会委員長の班目春樹は、2007年2月の浜岡原発運転差し止め訴訟の静岡地裁での証人尋問で、非常用発電機や制御棒など重要機器が複数同時に機能喪失することまで想定していない理由を社民党の福島瑞穂に問われ、「割り切った考え。すべてを考慮すると設計ができなくなる」と述べていた。浜岡原発訴訟 フレッシュアイペディアより)

  • 岡野加穂留

    岡野加穂留から見た福島瑞穂福島瑞穂

    革新派では、村山富市内閣のブレーン、福島瑞穂・社民党党首への応援と交流などと、政治的イデオロギーにとらわれない政治活動をも行なっている。最近は郵便局ファンの会会長を務め、小泉純一郎をアメリカの手先であるとして保守派の政治家・論客とともに批判した。岡野加穂留 フレッシュアイペディアより)

248件中 111 - 120件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード