168件中 11 - 20件表示
  • 宮崎哲弥

    宮崎哲弥から見た福島瑞穂福島瑞穂

    政治スタンスは「リベラル右派」を公言している。革新派の福島瑞穂を批判する一方、保守派の西部邁・小林よしのり・両者が初期に関わっていた「新しい歴史教科書をつくる会」を批判する一面もある(福島瑞穂に関しては人格的には評価していると語っている)。なお小林とスタンスが変わらない福田和也は批判せず、馴れ合い的な対談を行って小林からダブルスタンダードを批判された。小林の『新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論』批判でなされた「人の死はひとつの例外もなくすべて犬死である」との主張は物議を醸した。この主張がきっかけとなり、小林とは一時、泥仕合のような批判合戦を繰り広げていたが、現在では和解している。その後、宮台真司との対談シリーズに小林をゲストとして招くほどの関係になった。宮崎哲弥 フレッシュアイペディアより)

  • 雨宮処凛

    雨宮処凛から見た福島瑞穂福島瑞穂

    鳩山由紀夫を「貴公子風味な人。なんだかもう全身から「育ちの良さ」オーラを放っていて、一緒にいるだけで自分が「下々の者」になった気がした。これは本人の責任ではない。だけど、悪気なく他人を卑屈にさせてしまう人」と評した雨宮は、懇意にしている福島瑞穂が入閣したことや、雨宮たちが支援している年越し派遣村を国として援助をしたことなどから鳩山由紀夫内閣を支援し、鳩山の政敵である自由民主党の石破茂に対しては、「みんなで努力して、もう一度、世界で一番働く日本にしましょう!」という演説を「『世界で一番働く日本』という言葉は過労死を連想させると非難している。雨宮処凛 フレッシュアイペディアより)

  • 辻元清美

    辻元清美から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2009年(平成21年)9月に発足した民社国連立政権の鳩山由紀夫内閣において、国土交通副大臣に就任する。国会対策委員長の職にあった辻元は当初、党務に携わるため就任の要請を固辞したが、社民党党首の福島瑞穂が既に閣議で辻元の国交副大臣就任を含む政務三役の人事案に同意し署名していたため、最終的に辻元は国土交通副大臣就任を受け入れた。あわせて国対委員長を辞任し、同職は重野安正社民党幹事長が代行し、辻元は翌2010年(平成22年)1月、正式に国対委員長を辞任した(後任は照屋寛徳)。国対委員長辞任後、新たに設けられた社民党特命常任幹事に就任し、党執行部には残留している。辻元清美 フレッシュアイペディアより)

  • 日本における外国人参政権

    日本における外国人参政権から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2011年11月18日の在日本大韓民国民団の創団65周年記念式典において、鳩山由紀夫、公明党の山口那津男代表、社民党の福島瑞穂党首らが永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案の早期成立を訴えた。鳩山は「永住外国人、特に韓国の皆さま方が『地方参政権を早く認めるように』というのは当たり前の願いだ」として来年の通常国会での成立を可能な限り努力すると表明した日本における外国人参政権 フレッシュアイペディアより)

  • 無所属の会

    無所属の会から見た福島瑞穂福島瑞穂

    (第19回通常選挙(2001年(平成13年)7月29日)の後、無所属の会・自由党・第二院クラブに社民党も加えた統一会派を結成すべく、山本正和社民党参院議員会長が動いたが、同党福島瑞穂の反対で頓挫)無所属の会 フレッシュアイペディアより)

  • 在日認定

    在日認定から見た福島瑞穂福島瑞穂

    また、右派系雑誌WiLLによる花岡信昭執筆の土井たか子を根拠なく在日認定する記事や、政治団体「國民新聞社」の機関紙として発行されている國民新聞2010年1月25日号による清水馨八郎執筆の小沢一郎、菅直人、土井たか子、福島瑞穂を在日認定する記事などが存在する(WiLLは土井から提訴され賠償を命じられた)。日本文化チャンネル桜においては、渡部昇一が、WiLLの記事を念頭に土井たか子が北朝鮮系であるとほのめかしたり、インターネット上の情報をもとに小沢一郎の先祖の墓は日本にはなく朝鮮にある、といった内容のことを推測している。石原慎太郎が2010年4月17日の永住外国人への地方選挙権付与などに反対する集会において「与党の幹部に帰化した子孫が多い」主旨の発言をした。福島瑞穂はこれを自身への発言と捉え、同4月19日の記者会見において否定し、名誉毀損だと主張。これに対し在日韓国人の辛淑玉は、一緒に闘ってきたはずの仲間から「あなたたちと私は別」と福島に差別されたように感じたと語った。在日認定 フレッシュアイペディアより)

  • 保坂展人

    保坂展人から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2009年の第45回衆議院議員総選挙では、選挙協力により東京6区から8区に国替えし、社民党公認、民主党、国民新党、東京・生活者ネットワーク推薦で出馬した。しかし自民党の石原伸晃に敗北し、比例復活もならず落選した(今度は比例ブロックでの議席獲得はなかった)。その後、鳩山由紀夫内閣の原口一博総務大臣により、総務省顧問に任命される。落選後も社民党副幹事長の職に留まっていたが、2010年1月に辞任(後任は服部良一衆議院議員)。また同年の第22回参議院議員通常選挙への出馬を見据え、3月に総務省顧問も辞任した。7月の参院選には社民党公認、生活者ネット推薦で比例区から出馬するも、再び落選(当選者は福島瑞穂、吉田忠智の2名)。保坂展人 フレッシュアイペディアより)

  • ビートたけしのTVタックル

    ビートたけしのTVタックルから見た福島瑞穂福島瑞穂

    福島瑞穂(参議院議員、元内閣府特命担当大臣)ビートたけしのTVタックル フレッシュアイペディアより)

  • 慰安婦

    慰安婦から見た福島瑞穂福島瑞穂

    1991年12月6日には、福島瑞穂(現社民党党首)、高木健一などが日本政府に慰安婦補償を求めた初の損害賠償請求裁判を提訴し、アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件として裁判が開始される(2004年最高裁で敗訴確定)。これを朝日新聞は当該訴状で「親に売られてキーセン(妓生。娼婦のこと)になった」と記載されているものを「軍が慰安婦を女子挺身隊として強制連行した」と書き変えて報じた。慰安婦 フレッシュアイペディアより)

  • 環太平洋戦略的経済連携協定

    環太平洋戦略的経済連携協定から見た福島瑞穂福島瑞穂

    社民党は、日本のTPP参加に反対している。2011年10月24日に福島瑞穂党首が政府に「環太平洋経済連携 (TPP) 協定交渉への参加表明に反対する申し入れ」を行った。環太平洋戦略的経済連携協定 フレッシュアイペディアより)

168件中 11 - 20件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード