248件中 41 - 50件表示
  • 生活扶助相当CPI

    生活扶助相当CPIから見た福島みずほ福島瑞穂

    公開直後より根拠と妥当性について疑義が持たれており、2013年から2014年にかけ、国会で福島みずほ・長妻昭・辰巳孝太郎による質疑が行われている。ジャーナリストの白井康彦は、2013年以後の著作・記事において、厚生労働省が生活扶助相当CPIを発表したことを物価偽装とした。経済学の秋津那美子も、おなじくこの問題を「生活保護問題対策全国会議」において批判的に検討していたが、2014年5月には独自のブログ上で批判論文を公表始めた。社会運動上の論考の形をとって始められたが、厚労省方式の誤りのメカニズムを理論的に詳細に分析する論文として提示しており、反論は今のところ出ていない。2014年、統計経済学者の上藤一郎は、論文において、これは統計の政治利用だと難じている。生活扶助相当CPI フレッシュアイペディアより)

  • 中野理惠

    中野理惠から見た福島瑞穂福島瑞穂

    1990年7月 福島瑞穂、中野理恵インタビュー『買う男・買わない男』、現代書館中野理惠 フレッシュアイペディアより)

  • 特定秘密保護法案反対運動

    特定秘密保護法案反対運動から見た福島瑞穂福島瑞穂

    「秘密保護法」大集会実行委員会主催のもと、2013年11月21日に日比谷野外音楽堂で特定秘密保護法案に反対する集会が開かれ、約1万人が集まった。この中には弁護士(社民党福島瑞穂と事実婚関係の海渡雄一ら)や民主党・共産党・社民党などの政治家(有田芳生・山本太郎・辻元清美・志位和夫・吉田忠智・照屋寛徳・糸数慶子ら)や作家(落合恵子ら)など著名人も多数含まれていた。集会の終了後には参加者は国会議事堂に向かって声を上げて行進をした。特定秘密保護法案反対運動 フレッシュアイペディアより)

  • 百万人署名運動

    百万人署名運動から見た福島瑞穂福島瑞穂

    栗原君子(元参議院議員)、小森龍邦(元衆議院議員)、辻元清美(衆議院議員)、中川智子(元衆議院議員)、濱田健一(元衆議院議員)、福島瑞穂(社会民主党党首・参議院議員)、保坂展人(世田谷区長、元衆議院議員)、島袋宗康(元参議院議員、チュチェ思想研究会全国連絡会) 百万人署名運動 フレッシュアイペディアより)

  • 神崎武法

    神崎武法から見た福島瑞穂福島瑞穂

    【社民党】 福島瑞穂、重野安正、照屋寛徳、服部良一神崎武法 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年沖縄県知事選挙

    2010年沖縄県知事選挙から見た福島瑞穂福島瑞穂

    選挙に先立つ2010年10月29日、社会民主党所属の衆議院議員照屋寛徳は、那覇市で開かれた同党が推薦する伊波洋一を支援するためのパーティーにおいて、「沖縄は『公職選挙法特区』ですから。逮捕を覚悟で腹をすえてやってもらいたい」「街頭行動を頑張ってもらいたい。公選法を守ろうと思っている人は(今日の飛行機の)最終便で(帰っていい)」「万一逮捕されたら弁護士は私でなく福島みずほを呼んで下さい」などと明言した。このパーティには福島みずほ党首ら党幹部に加え、全国の地方組織から週末のビラ配りなどのために沖縄に来た約90人が参加していた。その場では誰一人この発言を問題視する者はいなかったが、朝日新聞の取材に対しては「士気を高めるために冗談で言った」と述べ、本気で選挙違反を促したものではないと釈明している。2010年沖縄県知事選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 山本正和

    山本正和から見た福島瑞穂福島瑞穂

    民主党結党後も民主党に参加せず、その経歴を生かし社会民主党の生き残りと影響力拡大を模索。2001年(平成13年)には社民党、自由党、無所属の会の3党派による統一会派づくりを提案し、交渉を開始したものの当時社会民主党幹事長であった福島瑞穂が反対した事を受け、交渉は不調に終わった。山本正和 フレッシュアイペディアより)

  • ベアテ・シロタ・ゴードン

    ベアテ・シロタ・ゴードンから見た福島瑞穂福島瑞穂

    福島みずほ編『みんなの憲法二四条』明石書店、2005年5月3日、ISBN 4750321109、1ベアテ・シロタ・ゴードン フレッシュアイペディアより)

  • ボビー・フィッシャー

    ボビー・フィッシャーから見た福島瑞穂福島瑞穂

    その後、アメリカ政府は身柄引き渡しを要求したが、フィッシャーはそれを拒否していた。パスポートが失効した状態で、なおかつ他国での市民権も確保されていない状態で、彼にどのような状況打開策が残されているのか非常に不透明な状況になった。各地でフィッシャーを支持する人々がこの状況を何とかしようとした。例えば、ボビーの父親の古郷でフィッシャーが国籍を取得できる可能性もあると思われたドイツなどでも、フィッシャーの国籍確保のために運動を起こす人々がいた。日本でもフィッシャーを守ろうとする人々が現れ、元外務政務次官でチェス愛好家の石井一二、ジョン・ボスニッチ(John Bosnitch、東京在住のセルビア系カナダ人のジャーナリストでチェスの元ジュニアチャンピオン)、羽生善治、民主党の榛葉賀津也や社民党の福島瑞穂といった人々が支援した。こうした運動が功を奏し、2004年12月、アイスランド政府が人道的見地からフィッシャーに対して市民権を与える措置をとり、拘束から約8ヵ月後の2005年3月24日、日本政府はアイスランドへの出国を認め釈放し、アメリカ政府もこれを認めた。以後はアイスランドに滞在し、静かな余生を送った。ごく親しいわずかな人以外とは交流せず、一般には理解しがたい特異な考え方や過激な発言から、地元民からは「助けが必要な精神的な病を抱えた人」と見られていたが、チェスの天才としてあたたかい目で見守られてもいた。肝臓病により2008年1月17日に死去。64歳没。ボビー・フィッシャー フレッシュアイペディアより)

  • 日本の、これから

    日本の、これからから見た福島みずほ福島瑞穂

    出演:福島みずほ、雨宮処凛、江上剛、清水康之、本橋豊日本の、これから フレッシュアイペディアより)

248件中 41 - 50件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード