248件中 51 - 60件表示
  • ACTION 日本を動かすプロジェクト

    ACTION 日本を動かすプロジェクトから見た福島瑞穂福島瑞穂

    2009年の中間報告特番については、過去の特番と違い、スタジオでの本編出演者は司会の福澤・笛吹と『NEWS ZERO』の村尾、『ウェークアップ!ぷらす』の辛坊の4人のみ。ニュース担当は森だけでなく近野と佐藤も加わった。外部ゲストも福島瑞穂消費者担当大臣と原口一博総務大臣のみだった。ACTION 日本を動かすプロジェクト フレッシュアイペディアより)

  • 関西よつ葉連絡会

    関西よつ葉連絡会から見た福島瑞穂福島瑞穂

    福島瑞穂(参議院議員)関西よつ葉連絡会 フレッシュアイペディアより)

  • megabbs

    megabbsから見た福島瑞穂福島瑞穂

    今もネットの世界で根強く流通している「筑紫哲也の本名は朴三寿、福島瑞穂の本名は趙春花」というデマの発信源がこのmegabbsである。megabbs フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の政治

    2006年の政治から見た福島瑞穂福島瑞穂

    民主党が党大会。小沢一郎が正式に代表に選出され、新執行部は、渡部恒三国対委員長以外は留任。新国対委員長は高木義明。国民新党の綿貫民輔代表、社民党の福島瑞穂代表、新党日本の田中康夫代表が来賓として出席。なお、この大会後、小沢一郎が体調不良で都内の病院へ検査入院、のち10月5日に退院。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 松井やより

    松井やよりから見た福島瑞穂福島瑞穂

    フリージャーナリストの舘雅子は、1992年8月にソウルのYMCA会館で開かれた『アジア連帯会議』は、松井と福島瑞穂が仕切っていたと述べている。舘によると、元慰安婦の女性たちは会議の席上、事前に日本人と韓国人のスタッフから指導された通りに、自身の悲劇的な体験と語り、日本政府を非難した。台湾人の元慰安婦が日本兵に優しくしてもらったことを話し出すと、松井や福島が慌てて発言を遮ろうとしたという。タイの女性が「日本の軍隊ばかり叩くな!」、「イギリス兵はもっと悪いことをした」と異論を述べた際も、松井や福島が抑え込んだという。松井やより フレッシュアイペディアより)

  • 第173回国会

    第173回国会から見た福島瑞穂福島瑞穂

    しかし、天皇の政治利用だとして、民主党の西岡武夫参院議院運営委員長は「おことばを政治的にあれこれいうのは極めて不適切だ」、福島瑞穂消費者担当大臣は「慎重に考えるべきだ。現状でいい」、自民党の大島理森幹事長は、「行き過ぎた発言で、民主党のおごりを感じる」と与野党から批判の声があがった。第173回国会 フレッシュアイペディアより)

  • エコナ

    エコナから見た福島瑞穂福島瑞穂

    2009年9月29日、消費者担当大臣福島瑞穂が政務官泉健太を代表としたグループ「食品SOS対応プロジェクト」で対応することを発表。特定保健用食品認定の取り消しも含めた対応を1週間でまとめる考えを示し、同年10月6日、消費者庁の対策チームが花王幹部より聞き取り調査を実施。エコナ フレッシュアイペディアより)

  • 2007年の労働界

    2007年の労働界から見た福島瑞穂福島瑞穂

    連合の?木会長は「働き方の格差が、所得の格差を生み、ワーキングプアを多数、生み出している。格差社会、二極化の是正に最低賃金の大幅な引き上げが強く求められている」となど、格差社会に関心が集まった。また来賓には、昨年に引き続き民主党の小沢一郎代表も出席し、他にも社民党の福島瑞穂党首や柳沢伯夫厚生労働大臣らも出席。2007年の労働界 フレッシュアイペディアより)

  • 杉浦ひとみ

    杉浦ひとみから見た福島瑞穂福島瑞穂

    社会民主党(社民党)東京都連合常任幹事会は2007年1月18日、同年7月に予定される参議院東京都選挙区で、杉浦を同党公認予定候補として擁立を決定。同連合は翌19日にこれを発表し、同日、党首・福島瑞穂、衆議院議員・保坂展人の同席のもと、東京都庁記者クラブにおいて記者会見を行ない、「司法の場ではなく直接政策にかかわれる場で、自分を役立てたいと思った。憲法改正の動きに対して何とかしなければならないとの思いだ」と述べ、同時に「経済の格差が教育の格差につながり、機会、結果の格差につながっている。このような社会は許されない」、と政府・安倍内閣を批判している。杉浦ひとみ フレッシュアイペディアより)

  • 土肥隆一

    土肥隆一から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2010年8月19日、日韓併合100年を契機に「植民地支配過程で被害にあった韓国人とその子孫たちに対して日本政府の十分な賠償を促す」ことを目的とした「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に民主党の斎藤勁衆議院議員・首藤信彦衆議院議員・相原久美子参院議員・今野東参院議員・那谷屋正義参院議員、日本共産党の山下芳生参院議員、社民党の阿部知子衆議院議員、社民党党首の福島瑞穂参議院議員、無所属の糸数慶子参議院議員らと出席し、自民党の加藤紘一衆議院議員の代理人も参加し、韓国の国会議員らとともに日本による韓国併合の違法性、戦後補償と慰安婦問題、在日韓国人の地方参政権問題などの解決方法について議論した。その議論で土肥衆院議員は「20年間、国会議員をやっているが、果たして国会議員が継続して歴史問題、日韓の重荷をともに考える人材足りえるかとの疑問を持っている。さりとて、政治が解決しなければならない。これまでの日韓国会議員連盟は50年以上、何をやってきたのか。歴史的使命を果たしていない。そこをどう認識し、交流し、和解するのか。和解では日本人だけが一方的に「お許しください」というのではなく、韓国側も同じく和解しようという意思でやるべきだ。」と総括した。土肥隆一 フレッシュアイペディアより)

248件中 51 - 60件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード