168件中 51 - 60件表示
  • 郵政解散

    郵政解散から見た福島瑞穂福島瑞穂

    この解散を、元郵政相の自見庄三郎は「自爆解散」、前首相の森喜朗は「花火解散」、元自民党幹事長の加藤紘一は「干からびたチーズ解散」、前農水相の島村宜伸は「驚き解散」、民主党代表の岡田克也は「日本刷新解散」、公明党幹事長代行の太田昭宏は「突発解散」、共産党委員長の志位和夫は「ゆきづまり解散」、社民党党首の福島瑞穂は「八つ当たり解散・わがまま解散」と呼んだが、総選挙後は「郵政解散」が定着した。郵政解散 フレッシュアイペディアより)

  • インターンシップ

    インターンシップから見た福島瑞穂福島瑞穂

    2010年9月、東京新聞が「ただ働き」「名ばかりインターン」と評して社会問題を提起する報道を行った。インターンシップ制度を利用した企業(ホテル)が、接客対応の体験を希望したインターンシップ参加学生に対して、制度の本旨に沿わず、アルバイトと同様に売り子や清掃係をさせ、これをインターンシップとしたものであった。アルバイトと同様の業務であったにもかかわらず、インターンシップであるとして無給であった。同記事では雇用政策の専門家として諏訪康雄のコメントを掲載し、インターンシップ制度の本旨に沿わない企業の問題や、長期休暇が短い日本特有の制度上の問題を指摘している。さらに翌10月には参議院厚生労働委員会で福島瑞穂がこれを「名ばかりインターン」との雇用政策問題として取り上げ、追及を行っている。インターンシップ フレッシュアイペディアより)

  • 月刊ミスター・パートナー

    月刊ミスター・パートナーから見た福島瑞穂福島瑞穂

    (主な登場者)馬淵澄夫、亀井静香、平沢勝栄、福島瑞穂、鈴木宗男、鳩山由紀夫、石原慎太郎、岡田克也(順不同 敬称略)ほか月刊ミスター・パートナー フレッシュアイペディアより)

  • 大沢悠里

    大沢悠里から見た福島瑞穂福島瑞穂

    大沢自身、批評だけで実行力が無い評論家に対しては軽蔑し、一線を画しているとのこと。また、冠番組で日本社会党の支持者であったという発言をしているほか、福島瑞穂に対して寄付をしている。大沢悠里 フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木宗男事件

    鈴木宗男事件から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2002年に鈴木宗男事件が発覚した時、鳩山由紀夫民主党代表は「(鈴木宗男議員を)二度と国会に復活させてはだめだ」「(公共事業で私腹を肥やす鈴木宗男のような)政治家が日本にいること自体が実に恥ずかしい」「鈴木宗男さんには、正に国益を損なった、品位を欠いた政治家の存在」、菅直人民主党幹事長は「(鈴木議員が)国会議員として不適格」「(鈴木宗男が)議員の職にとどまり続けていることは国会の権威を著しく汚す」、小沢一郎自由党代表は「国民の税金を使う行使に乗じて色々な不正な不公平な問題を生じさせた鈴木議員の政治家としての責任である」、福島瑞穂社会民主党幹事長は「北方四島支援事業を食い物にしてきた鈴木議員は政官業の癒着そのものである」「疑惑にこたえることなく、国民を欺き続けてきた鈴木議員の責任は重大である」と鈴木宗男の政治資格を否定するコメントを出していた。鈴木宗男事件 フレッシュアイペディアより)

  • ザ・真相〜大事件検証スペシャル

    ザ・真相〜大事件検証スペシャルから見た福島瑞穂福島瑞穂

    第5回:田勢康弘(日経新聞)、相澤英之、志村嘉一郎、福島瑞穂、広瀬弘忠ザ・真相〜大事件検証スペシャル フレッシュアイペディアより)

  • 日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞

    日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞から見た福島瑞穂福島瑞穂

    選考委員は(五十音順)相原斎、秋山登、荒平清志、逸見晴恵、乾瑞恵、上野敦、梅沢道彦、神田紅、木下博通、久我悟、小林千穂、桜井修、品田英雄、品田雄吉、寺脇研、仲川幸夫、深津純子、福岡翼、福島瑞穂、渡辺武信の20名。日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 フレッシュアイペディアより)

  • 年越し派遣村

    年越し派遣村から見た福島瑞穂福島瑞穂

    当時の与党からは自由民主党の大村秀章厚生労働副大臣と片山さつきが、野党からは民主党の菅直人、日本共産党の志位和夫、社会民主党の福島瑞穂、国民新党の亀井久興、新党大地の鈴木宗男などが派遣村を視察、スピーチする。これに関しては賛否両論がある。年越し派遣村 フレッシュアイペディアより)

  • 中島隆利

    中島隆利から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2010年1月 - 福島瑞穂代表から国会対策委員長の起用が提示されたが、党大会で了解を得られず副幹事長に就任中島隆利 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年の政治

    2006年の政治から見た福島瑞穂福島瑞穂

    民主党が党大会。小沢一郎が正式に代表に選出され、新執行部は、渡部恒三国対委員長以外は留任。新国対委員長は高木義明。国民新党の綿貫民輔代表、社民党の福島瑞穂代表、新党日本の田中康夫代表が来賓として出席。なお、この大会後、小沢一郎が体調不良で都内の病院へ検査入院、のち10月5日に退院。2006年の政治 フレッシュアイペディアより)

168件中 51 - 60件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード