248件中 61 - 70件表示
  • 林望

    林望から見た福島瑞穂福島瑞穂

    『子育てノート いつも父親,ときに母親』福島瑞穂共著 徳間書店 1995林望 フレッシュアイペディアより)

  • セゴレーヌ・ロワイヤル

    セゴレーヌ・ロワイヤルから見た福島瑞穂福島瑞穂

    2006年12月22日、福島瑞穂社会民主党党首と会談した際に「日本の女性は大変でしょう」と発言し、「日本の女性が置かれている立場は難しいと思うが、どうか」「マンガの女性表現の問題をどう思うか?」などと福島に質問した。セゴレーヌ・ロワイヤル フレッシュアイペディアより)

  • 山下芳生

    山下芳生から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2010年8月19日、日韓併合100年を契機に「植民地支配過程で被害にあった韓国人とその子孫たちに対して日本政府の十分な賠償を促す」ことを目的とした「韓日過去史の解決と未来に向けた平和議員会議」に民主党の斎藤勁衆議院議員・土肥隆一衆議院議員・相原久美子参院議員・今野東参院議員・那谷屋正義参院議員・首藤信彦衆議院議員、社民党の阿部知子衆議院議員、社民党党首の福島瑞穂参議院議員、無所属の糸数慶子参議院議員らと出席し、自民党の加藤紘一衆議院議員の代理人も参加し、韓国の国会議員らとともに日本による韓国併合の違法性、戦後補償と慰安婦問題、在日韓国人の地方参政権問題などの解決方法について議論した。その議論で山下参院議員は「友人を得ようと思うなら相手の立場に立つことだ。他の人もやっていたと、誤りを開き直ると友人は得られない。日韓併合条約は、日本が韓国に軍事的抑圧でやった不当なものだ。侵略戦争を美化する歴史教科書があるのも解決しなければならない。慰安婦問題で政府は謝罪と補償を行い、真の解決を図るべきだ。」と総括した。山下芳生 フレッシュアイペディアより)

  • 第174回国会

    第174回国会から見た福島瑞穂福島瑞穂

    28日 - 米軍普天間飛行場移設問題をめぐり、沖縄県名護市辺野古崎への移設に反対して政府方針に署名しないことを明言していた社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相を罷免、後任に平野博文内閣官房長官を兼務させる人事を臨時閣議で決定したことが発表される。第174回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤正道

    近藤正道から見た福島みずほ福島瑞穂

    2008年10月1日に福島みずほ党首と共にこんにゃくゼリーの製造・輸入・販売の即時禁止とマンナンライフへの責任追求と自主回収要求する「申し入れ」を野田聖子消費者行政担当大臣に渡した。近藤正道 フレッシュアイペディアより)

  • 清水馨八郎

    清水馨八郎から見た福島瑞穂福島瑞穂

    政治団体「國民新聞社」の機関紙として発行されている『國民新聞』2010年1月25日号において、「小沢一郎は済洲島出身」と題し、小沢一郎、土井たか子、福島瑞穂、菅直人を在日認定する記事を執筆した。しかし、土井たか子と福島瑞穂について、清水が記しているその「本名」なるものは、『WiLL』2008年5月号で花岡信昭が執筆した記事と同じく李高順であり、その『WiLL』は土井から名誉毀損で提訴され、敗訴が確定しているので、清水の議論も不適切である(なお、『WiLL』2008年11月号には、謝罪文が掲載された)。清水馨八郎 フレッシュアイペディアより)

  • 2012年の政治

    2012年の政治から見た福島瑞穂福島瑞穂

    20日 - 社民党党首選挙が告示され福島瑞穂党首が無投票で5回目の当選。2012年の政治 フレッシュアイペディアより)

  • 準児童ポルノ

    準児童ポルノから見た福島瑞穂福島瑞穂

    弁護士福島瑞穂(前・社会民主党党首)は、ことに「アニメや漫画のキャラクターが18歳未満か否かの判断基準は不明確であり、結果的に恣意的かつ不公正な運用にならざるを得ない」と懸念を表明し、「刑事法は、明確性の原理が必要」と指摘し、日本弁護士連合会でも、これと同様の見解を示している。準児童ポルノ フレッシュアイペディアより)

  • 東京プライドパレード

    東京プライドパレードから見た福島みずほ福島瑞穂

    「第6回」の隊列参加者数は主催者によれば史上最多であるが、数十万人から数百万人を動員するとされる欧米の主要ゲイ・パレードに比べて動員数が著しく少ないことは否めない。また、2006年に引き続いてマスコミの報道はほとんどなく、国会議員の参列も2006年に引き続き参加の保坂展人衆議院議員、初参加の福島みずほ、川田龍平両参議院議員の3人にとどまった。東京プライドパレード フレッシュアイペディアより)

  • 日本未来の党 (政治団体)

    日本未来の党 (政治団体)から見た福島瑞穂福島瑞穂

    前身となる旧未来の党は2012年11月27日に嘉田によって結成され、小沢一郎が率いる国民の生活が第一(届出略称:生活)と減税日本・反TPP・脱原発を実現する党(届出予定略称:脱原発)の全国会議員やみどりの風の衆議院議員、社会民主党内で福島瑞穂党首と対立していた阿部知子衆議院議員が合流するなど、左派系の新政党が結集し、衆参国会議員69人の大所帯となった。しかし、12月16日投開票第46回衆議院議員総選挙では嘉田が小沢と組んだことを嘉田の支持者が批判、それまで一貫して嘉田を支持してきた地域政党の対話でつなごう滋賀の会が自主投票とするなど足並みが揃わず苦戦。最大勢力を率いた小沢の人気低下も重なり、解散時の61議席に対して獲得議席は9議席という大敗を喫する。合流勢力のうち、みどりの風と、旧「脱原発」の母体となった地域政党である旧減税日本は系列候補を当選させることができなかった。この時点で、国会議員の勢力は生活出身の小沢系が15人、その他は阿部と「脱原発」の亀井静香のみという状況であった。日本未来の党 (政治団体) フレッシュアイペディアより)

248件中 61 - 70件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード