248件中 71 - 80件表示
  • アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件

    アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件から見た福島瑞穂福島瑞穂

    1991年12月6日に補償を請求して、東京地方裁判所に提訴。控訴人は韓国太平洋戦争犠牲者遺族会。1次原告35人うち慰安婦は3名、他は元日本軍人および軍属、2次原告は1992年4月13日、元慰安婦ら6人。訴訟原告代理人は高木健一(弁護士)、林和男(弁護士)、福島瑞穂(弁護士)ら11人。アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟方式

    新潟方式から見た福島瑞穂福島瑞穂

    福島瑞穂(2004年の県知事選時の社民党代表)新潟方式 フレッシュアイペディアより)

  • マニフェスト

    マニフェストから見た福島瑞穂福島瑞穂

    このように、2003年に新語・流行語大賞に「マニフェスト」という言葉が選出されて以降、様々な選挙で「公約」と違った形で使用されるようになってきた。特に、2009年の第45回衆議院議員総選挙では民主党、社民党を始め、5つの政党が「マニフェスト」という言葉を使用した。しかしその後の民主党政権において自己評価で3割しかマニフェストが達成できず、鳩山由紀夫元総理大臣が「マニフェストという言葉が死語になると心配している」、福島瑞穂社民党党首が「『うそつき』と同義語になりつつある」と述べるなどイメージダウンした。マニフェスト フレッシュアイペディアより)

  • マニフェスト

    マニフェストから見た福島みずほ福島瑞穂

    2009年9月22日、当時の内閣総理大臣鳩山由紀夫は国連気候変動首脳会合での演説にて、二酸化炭素の25%排出削減を含む鳩山イニシアチブを日本の国際公約とする声明を出した。しかし削減量が非現実的だったことや、化石燃料の代替となる原子力発電の推進をめぐって社民党代表の福島みずほとの閣内での溝が深まるなどしたため、地球温暖化対策法案の可決が難航するなど国際公約の実現計画は目処が立たない状態であった。その後2011年に福島第一原子力発電所事故が勃発し、日本政府がエネルギー政策の見直しを余儀なくされる中、原子力発電所の推進は困難となり、鳩山プランは空中分解した。その後、2013年に第2次安倍内閣は、二酸化炭素25%削減に関する国際公約を事実上破棄する決定を下した。マニフェスト フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ニュースペーパー

    ザ・ニュースペーパーから見た福島瑞穂福島瑞穂

    主な役は福田康夫、渡部恒三、輿石東、仙谷由人、鈴木宗男、中曽根康弘、与謝野馨、海部俊樹、立松和平、福島瑞穂、菅伸子など。ザ・ニュースペーパー フレッシュアイペディアより)

  • 河合弘之

    河合弘之から見た福島瑞穂福島瑞穂

    東日本大震災後は原発訴訟をリードし、海渡雄一弁護士(社民党首・福島瑞穂の夫)とともに反原発映画を製作している。河合弘之 フレッシュアイペディアより)

  • 左翼ナショナリズム

    左翼ナショナリズムから見た福島瑞穂福島瑞穂

    社民党も公式サイトで福島みずほ参議院議員が、参議院の本会議場で「私は愛国者だ」と言ったり、自民党に対して「自民党は愛国心が足りない(親米保守を批判した文脈で)」という批判を行っている。左翼ナショナリズム フレッシュアイペディアより)

  • 北京オリンピックを支援する議員の会

    北京オリンピックを支援する議員の会から見た福島瑞穂福島瑞穂

    福島瑞穂 社民党 参議院北京オリンピックを支援する議員の会 フレッシュアイペディアより)

  • 前川辰男

    前川辰男から見た福島瑞穂福島瑞穂

    1972年(昭和47年)に日本社会党公認で四日市市長選挙に出馬した。反公害を訴えて公害問題を解決した実績を強調して、環境都市四日市と公害患者の味方を公約にしたが、岩野見斎助役が保守候補3分裂を制して四日市市長に当選をする。前川辰男は四日市市長選挙に落選後、再度四日市市議会議員となり公害問題の処理に取り組んだ。1991年(平成3年)四日市市議会議員を引退した。日本社会党から民主党結成に加わらず、社会民主党員のまま在籍している。21世紀になって社会民主党の党首選挙、及び参議院選挙の比例代表選挙で、社民党員として福島瑞穂議員を支持・推薦していた。前川辰男 フレッシュアイペディアより)

  • 第22回参議院議員通常選挙

    第22回参議院議員通常選挙から見た福島瑞穂福島瑞穂

    しかし、安全保障上の制約から県外移設を断念。結局、現行案のキャンプ・シュワブ沿岸部にほぼ戻る形で改めて日米合意を取り付け、鳩山は共同声明発表の場で謝罪する。内閣支持率も20%を割り込むなど、政権発足後もっとも厳しい局面に立たされることとなった。民主党・国民新党・社会民主党による連立政権で政権が運営されていたが、沖縄県の普天間基地移設問題において、閣議で署名を拒否した社民党党首の福島瑞穂が、消費者・少子化担当大臣を罷免されたことを受け、社民党は8か月で連立解消を決定、与党から野党に戻った。これにより、与党が過半数維持に必要な議席数が3党(民社国連立政権)で54議席以上から、2党(民国連立政権)で56議席以上と増加し、維持が難しくなった。さらに追い討ちをかけたのが、宮崎県で発生した口蹄疫の流行における政府の初動対応の遅れと、宮崎県への責任転嫁であった(これは実際の選挙結果で、沖縄県を含めた九州ブロック内の選挙区において大分を除き全ての選挙区に自民党が議席を持つという事態に繋がったとされる)。鳩山首相のままでは参院選を戦えないという改選対象の民主党参院議員の不満が高まり、鳩山への問責決議案がでた場合、民主党からも造反者が出て可決されかねず、政権運営が困難になる可能性が高まった。6月2日に鳩山由紀夫が民主党両院議員総会での発言を求め、民主党代表及び内閣総理大臣からの職を退くと辞意を表明、小沢一郎も共に辞意を表明。第22回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

248件中 71 - 80件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード