168件中 71 - 80件表示
  • 2009年衆議院解散

    2009年衆議院解散から見た福島瑞穂福島瑞穂

    政権交代へと攻勢を強めていた民主党では、中堅議員が麻生総理大臣の祖父である吉田茂の「バカヤロー解散」と麻生の名前をもじって「バカタロー解散」と呼んだ。代表であった鳩山由紀夫は「政権交代解散」、国民新党代表代行亀井静香は自民党の崩壊を予言して「自民党の解散みたいな解散」、社会民主党党首福島瑞穂は麻生がポストにしがみつくためだけに行ったとして「麻生降ろし防止解散」、新党日本代表田中康夫は、自民党内は自分自身さえ再選されればと形振り構わぬミーイズムな状況下であるとして「ミーイズム解散」とそれぞれ命名した。2009年衆議院解散 フレッシュアイペディアより)

  • 後期高齢者医療制度

    後期高齢者医療制度から見た福島みずほ福島瑞穂

    党首の福島みずほ(参議院議員)は新設された「後期高齢者診療料」により幾ら検査や処置をしても医療機関への支払は定額であるため、手抜き診療や粗末な診療が行われる可能性が大いにあると指摘。病気によって複数の医者にかかっている高齢者に対し、主な病気を一つに限定し(主病ルール)、主治医を決めることは困難であり、健診が十分行われない可能性があると指摘。後期高齢者医療制度 フレッシュアイペディアより)

  • 第45回衆議院議員総選挙

    第45回衆議院議員総選挙から見た福島瑞穂福島瑞穂

    単独過半数を超える308議席を獲得した民主党は選挙後に、社会民主党・国民新党と連立政権発足に向けての協議を開始した。在日米軍の基地問題などをめぐって協議は難航したが、9月9日に合意に達し、民主党代表の鳩山由紀夫、社会民主党党首の福島瑞穂、国民新党代表の亀井静香が合意書に署名した。第45回衆議院議員総選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 第21回参議院議員通常選挙

    第21回参議院議員通常選挙から見た福島瑞穂福島瑞穂

    党首=福島瑞穂、副党首=照屋寛徳/渕上貞雄、幹事長=又市征治、政策審議会長=阿部知子、国会対策委員長=重野安正、参議院議員会長=渕上貞雄第21回参議院議員通常選挙 フレッシュアイペディアより)

  • 清水克彦

    清水克彦から見た福島瑞穂福島瑞穂

    1997年、米日財団とジャパンソサエティのメディアフェローに選ばれ、「ディベート研究」のため米国に留学。帰国後、NRN系全国ネットラジオニュース番組「ニュース・パレード」キャスター(98?99年、2002年?03年)や国会および総理官邸キャップ、昼の情報ワイド番組「寺島尚正 ラジオパンチ!」プロデューサーなどを歴任。「ラジオパンチ!」では、田中眞紀子元外相を初めてレギュラーコメンテーターとして起用し話題になった。(当時は荻原博子、白石真澄、福島瑞穂、おおたわ史絵、中瀬ゆかりの5人がコメンテーター)。清水克彦 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本

    2010年の日本から見た福島瑞穂福島瑞穂

    鳩山由紀夫内閣で連立政権を組織していた社会民主党が全国幹事長会議などを開催し、沖縄県アメリカ軍普天間基地移設問題を巡って福島瑞穂党首が閣僚を罷免されたことに伴い、連立政権からの離脱を正式決定した。2010年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田幸久

    藤田幸久から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2009年5月20日、藤田は民主党戦後処理プロジェクト・チームの第二次大戦時の連合国捕虜問題と取り組む小委員会の幹事長に就任。2009年6月戦時中に麻生鉱業で使役された元捕虜のジョー・クームズさん(88歳)などが、藤田を含む国会議員や市民グループの招きで来日し、福岡県飯塚市の旧麻生鉱業や収容所跡地などを訪れ、当時子供であった市民たちと再会した。一行は、東京で江田五月参議院議長、鳩山由紀夫民主党代表、福島瑞穂社会民主党党首らと会談した。藤田幸久 フレッシュアイペディアより)

  • 保岡興治

    保岡興治から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2000年に法務大臣の秘書官として当時受け入れていた秘書官、山下魁川(本名・徹)が統一教会の合同結婚式に出席していることが報道された。この件について2000年8月30日の国会で福島瑞穂により質疑が行われ、かつて勝共活動に携わっていた統一教会信者であることを知りながら秘書として受け入れていたことが確認された。当時、保岡興治が法相に地位にあり、また、統一教会の教祖である文鮮明が日本に入国するためには「法務大臣の特別許可」が必要であったことから、法相の秘書官が統一教会信者であることに疑義が呈された。山下は1975年に韓国のソウルで開かれた合同結婚式で結婚しており、70年代には統一教会系大学新聞の全国組織の事務局長を務め、その後統一教会系企業(宝石販売業)で働き、そして保岡議員事務所の秘書であった統一教会メンバーの代わりとして保岡の個人事務所に勤務していたことが明らかになっている。保岡興治 フレッシュアイペディアより)

  • 第173回国会

    第173回国会から見た福島瑞穂福島瑞穂

    しかし、天皇の政治利用だとして、民主党の西岡武夫参院議院運営委員長は「おことばを政治的にあれこれいうのは極めて不適切だ」、福島瑞穂消費者担当大臣は「慎重に考えるべきだ。現状でいい」、自民党の大島理森幹事長は、「行き過ぎた発言で、民主党のおごりを感じる」と与野党から批判の声があがった。第173回国会 フレッシュアイペディアより)

  • 日本国憲法第24条

    日本国憲法第24条から見た福島瑞穂福島瑞穂

    2005年5月 福島みずほ編『みんなの憲法二四条』明石書店、ISBN 4750321109日本国憲法第24条 フレッシュアイペディアより)

168件中 71 - 80件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード