248件中 81 - 90件表示
  • 寺島尚正 ラジオパンチ!

    寺島尚正 ラジオパンチ!から見た福島みずほ福島瑞穂

    水曜 福島みずほ(社民党党首・弁護士、2006年7月〜2008年9月)寺島尚正 ラジオパンチ! フレッシュアイペディアより)

  • 美輪 明宏

    美輪明宏から見た福島瑞穂福島瑞穂

    1994年に刊行された社会民主党前党首の福島瑞穂参議院議員(当時はまだ国会議員ではない)との対談では、意気投合し、美輪の側から食事に誘い、交流続けていくことで一致して終わっている。2013年の福島のツイッター上の投稿では、新幹線の車内で美輪が福島に声をかけ、社会情勢について意見交換をしたエピソードが紹介されている。美輪明宏 フレッシュアイペディアより)

  • 年越し派遣村

    年越し派遣村から見た福島瑞穂福島瑞穂

    当時の与党からは自由民主党の大村秀章厚生労働副大臣と片山さつきが、野党からは民主党の菅直人、日本共産党の志位和夫、社会民主党の福島瑞穂、国民新党の亀井久興、新党大地の鈴木宗男などが派遣村を視察、スピーチする。これに関しては賛否両論がある。年越し派遣村 フレッシュアイペディアより)

  • 鴨桃代

    鴨桃代から見た福島瑞穂福島瑞穂

    鴨は社会党や社民党を支持し、各地の選挙で候補者の推薦人に名を連ねた。2013年、自らの参議院選挙立候補に際しては、社民党党首の福島瑞穂の他、それまでの選挙で支援してきた保坂展人や宇都宮健児などが推薦人に加わった。また、年越し派遣村の村長だった社会運動家の湯浅誠、作家の雨宮処凛、和光大学教授・元朝日新聞記者で女性問題の専門家である竹信三恵子や全国ユニオン参加団体のメンバー等も推薦人に名を連ねた。鴨桃代 フレッシュアイペディアより)

  • 郵政解散

    郵政解散から見た福島瑞穂福島瑞穂

    この解散を、元郵政相の自見庄三郎は「自爆解散」、前首相の森喜朗は「花火解散」、元自民党幹事長の加藤紘一は「干からびたチーズ解散」、前農水相の島村宜伸は「驚き解散」、民主党代表の岡田克也は「日本刷新解散」、公明党幹事長代行の太田昭宏は「突発解散」、共産党委員長の志位和夫は「ゆきづまり解散」、社民党党首の福島瑞穂は「八つ当たり解散・わがまま解散」と呼んだが、総選挙後は「郵政解散」が定着した。郵政解散 フレッシュアイペディアより)

  • 社会新報

    社会新報から見た福島瑞穂福島瑞穂

    社会党時代は40万部を維持していたが、1996年の民主党、社民党、新社会党の3分裂により、部数を大幅に減らした。党勢の衰退と党員の高齢化により配布体制が弱体化したものの、2011年現在、公称14万部を維持している。これは全国に根強い「新報ファン」が存在するためであり、社民党の財政・党勢維持の強力な基盤となっている。近年の紙面では福島瑞穂党首が文化人などと語り合う連載「福島みずほ いのちの対談」は、単行本にまとめられた。そのほか、2007年秋に起きた守屋武昌防衛事務次官と防衛商社山田洋行による贈収賄事件や(社)日米平和・文化交流協会の秋山直紀専務理事による巨額脱税事件などでスクープ記事を掲載した。また、1?3面の政治記事では詳細な国会報告が掲載される。早野透のコラム「政治を読み解く」欄や、宇野雄の経済コラム、海外通信員・上野清士の中南米リポートなどが掲載されている。社会新報 フレッシュアイペディアより)

  • 伊東良徳

    伊東良徳から見た福島瑞穂福島瑞穂

    。多田謡子反権力人権賞運営委員でもあるという。2013年現在は労働事件、消費者被害問題を中心に活動しているという。伊東の事務所の同僚に福島瑞穂がいる伊東良徳 フレッシュアイペディアより)

  • 強制動員真相究明ネットワーク

    強制動員真相究明ネットワークから見た福島瑞穂福島瑞穂

    2000年11月29日第150回国会において福島瑞穂議員が「朝鮮人労務者等の未払金供託に関する質問主意書」を提出。強制動員真相究明ネットワーク フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤梓 (政治家)

    佐藤梓 (政治家)から見た福島瑞穂福島瑞穂

    岐阜県関市出身。岐阜県立関高等学校を卒業し、2004年(平成16年)、上智大学外国語学部ドイツ語学科入学。2006年(平成18年)にグラーツ大学(オーストリア)へ交換留学し、ドイツ語と社会学を学ぶ。帰国後、上智大学文学部社会学科に転部し2009年(平成21年)に卒業。同年に日本放送協会(NHK)入局、記者として事件事故の取材をする。その後退職し、2013年(平成25年)には上智大学大学院外国語学研究科言語学専攻博士前期課程に入学。東京都知事選に出馬した宇都宮健児の選挙ボランティアを通じて八王子市議だった井上睦子と知り合い、福島瑞穂参院議員の政治スクールに参加する。佐藤梓 (政治家) フレッシュアイペディアより)

  • 2013年社会民主党党首選挙

    2013年社会民主党党首選挙から見た福島瑞穂福島瑞穂

    社会民主党は1996年に前身の日本社会党から党名変更をして以降、議席を徐々に減らし、小規模政党へと転落していた。現党首の福島瑞穂は2003年の党首就任以降、人材不足もあって10年の長きにわたり党首にとどまり続けていたが、第23回参議院議員通常選挙(2013年7月21日投開票)で獲得議席数が過去最低の1議席(比例区)にとどまり、また衆参両院の総議席数が公職選挙法などの定める政党要件の下限である5議席に落ち込んだため、責任をとって党首を辞任した。8月7日、幹事長の又市征治が党首代行に就任した。2013年社会民主党党首選挙 フレッシュアイペディアより)

248件中 81 - 90件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード