225件中 31 - 40件表示
  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見たテレビ朝日

    宮崎県立宮崎大宮高等学校、東京大学法学部卒業。1987年弁護士登録をし、第二東京弁護士会に所属する。その後、人権を重視する弁護士あるいはフェミニズム論の論客として、テレビ朝日『朝まで生テレビ』をはじめとしたテレビの政治討論番組などに出演する。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た倉田真由美倉田 真由美

    対談者(掲載順): 山田太一、森達也、岡留安則、浅野健一、中森明夫、倉田真由美、荻原博子、大内裕和、早房長治、重松清、雨宮処凛、やなせたかし、愛敬浩二、神野直彦、粟屋憲太郎、杉浦ひとみ、村尾信尚、鎌田實、藤田和芳、川田龍平、星川淳、金子哲夫、宮本太郎福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た雨宮処凛

    対談者(掲載順): 山田太一、森達也、岡留安則、浅野健一、中森明夫、倉田真由美、荻原博子、大内裕和、早房長治、重松清、雨宮処凛、やなせたかし、愛敬浩二、神野直彦、粟屋憲太郎、杉浦ひとみ、村尾信尚、鎌田實、藤田和芳、川田龍平、星川淳、金子哲夫、宮本太郎福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た辺野古

    しかし、普天間基地移設問題では一貫して沖縄県外、日本国外への移設を主張。2010年5月28日に辺野古地区への移設で日米が合意したためこれに反発し、閣議了解の書類に署名しないと主張。鳩山の説得にも応じなかったため、同日中に罷免された。日本国憲法下での閣僚罷免は5例目で、政党の党首職にある閣僚の罷免は初めてであった。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た国民新党

    2009年9月16日に社民党は民主党・国民新党と連立して鳩山由紀夫内閣を発足させ、社民党は11年ぶりに与党に復帰。自身は初入閣を果たし、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)および、、鳩山由紀夫内閣により内閣府特命担当大臣(消費者担当)と内閣府特命担当大臣(食品安全担当)を統合・新設された内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)に任命された。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た相続

    選択的夫婦別姓の導入を主張している。一部の保守・宗教右派系議員に選択的夫婦別姓への慎重論もあることについては「丁寧に話せばわかってくれる人は多いと思う」と述べている。また、非嫡出子の相続に関する現行民法の規定(900条)についても改正する必要があると述べている。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た又市征治

    2012年11月2日参議院緊急質問において「復興予算が被災地以外で使われていることに、被災者が激怒しています。当然です」と発言。しかしその後、2011年6月から当該発言のあった同年11月にかけて、全額公費助成で実施されていた社民党本部の耐震診断の一部に復興予算が流用されていたことが明らかになった。この公費助成は、東日本大震災以後、拡充され復興予算の一部が当てられたが、その根拠法である東日本大震災復興基本法(2011年6月施行)は社民党を含む与野党の賛成多数で可決成立した物である。同法では、その目的を、東日本大震災からの復興の円滑かつ迅速な推進と活力ある日本の再生を図ることを目的とする(法1条)と明記しており、いわゆる復興予算が復興だけに使われる物ではないことが示されている。なお、発覚から5日後、又市征治幹事長は「違法ではないが好ましくない」として、復興予算相当分の280万円を被災地に寄付することを表明した。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た星川淳

    対談者(掲載順): 山田太一、森達也、岡留安則、浅野健一、中森明夫、倉田真由美、荻原博子、大内裕和、早房長治、重松清、雨宮処凛、やなせたかし、愛敬浩二、神野直彦、粟屋憲太郎、杉浦ひとみ、村尾信尚、鎌田實、藤田和芳、川田龍平、星川淳、金子哲夫、宮本太郎福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た中山庸子

    2006年6月 『あたらしい教科書〈5〉結婚』(共著者・板本洋子、岩下宣子、中山庸子)、プチグラパブリッシング、ISBN 490326730X福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た浜田靖一

    2009年3月26日の参院予算委員会において、2009年3月よりの北朝鮮のミサイル発射問題に関して弾道ミサイルが日本領内に落下した場合にこれを迎撃する日本政府の方針を批判した。中曽根弘文外務大臣、浜田靖一防衛大臣から理解を求める答弁がされたが、これに対しても福島は「当たらない場合は国益を侵害し、当たった場合でも単なる人工衛星だったらどうなるのか」と迎撃批判を続けた。4月4日、政府の北朝鮮ミサイル発射の誤報に際し、「間違ってミサイル防衛で迎撃していたら先制攻撃にもなりかねなかった」と、先制攻撃が起こった可能性を主張した。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

225件中 31 - 40件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード