329件中 51 - 60件表示
  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た辛淑玉

    同年4月17日、石原慎太郎が外国人参政権に関して「与党の党首や幹部は帰化した人の子孫が多い」と発言したことに対し、与党3党の内、国民新党の党首である亀井静香が外国人参政権に反対していることから、外国人参政権に賛成である福島はこれを自身への発言だったとして同4月19日の記者会見において帰化した朝鮮人ではないと否定し、名誉毀損だとして発言の撤回を求めた。これに対し在日韓国人の辛淑玉は、一緒に闘ってきたはずの仲間(福島)から「あなたたちと私は別」と差別されたように感じたと語っている。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た辺野古

    しかし、普天間基地移設問題では一貫して沖縄県外、日本国外への移設を主張。2010年5月28日に辺野古地区への移設で日米が合意したためこれに反発し、閣議了解の書類に署名しないと宣言する。鳩山の説得にも応じなかったため、同日中に罷免された。日本国憲法下での閣僚罷免は5例目で、政党の党首職にある閣僚の罷免は初めてであった。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た自由党 (日本 2016-)

    2016年の第24回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し4選。同年7月26日、社民党と生活の党と山本太郎となかまたちの参議院統一会派「希望の会」の議員会長に就任した。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た鳩山由紀夫内閣

    2009年9月16日、社民党は民主党・国民新党と連立して鳩山由紀夫内閣を発足させ、社民党は11年ぶりに与党に復帰する。自身は初入閣し、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)および、鳩山由紀夫内閣で内閣府特命担当大臣(消費者担当)と内閣府特命担当大臣(食品安全担当)を統合して新設された内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)に任命された。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た国民新党

    2009年9月16日、社民党は民主党・国民新党と連立して鳩山由紀夫内閣を発足させ、社民党は11年ぶりに与党に復帰する。自身は初入閣し、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)、内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)および、鳩山由紀夫内閣で内閣府特命担当大臣(消費者担当)と内閣府特命担当大臣(食品安全担当)を統合して新設された内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)に任命された。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た相続

    選択的夫婦別姓の導入を主張している。一部の保守系議員に選択的夫婦別姓への慎重論があることについては「丁寧に話せばわかってくれる人は多いと思う」と述べている。また、非嫡出子の相続に関する現行民法の規定(900条)についても改正する必要があると述べている。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た事実婚

    鳩山内閣における資産公開では、首相の鳩山に次いで2億4999万円(内、1億2265万円は事実婚で同世帯である弁護士・海渡雄一の定期預金を算入)の2位であった。資産の半分を占める定期預金は参院議員当選前(福島の弁護士登録は1987年で、参院議員当選は1998年、その実働期間は10年ほどである)に弁護士として得た報酬としている。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た公明党

    2013年7月25日、前年の第46回衆議院議員総選挙および第23回参議院議員通常選挙での敗北の責任を取り、2003年以来10年近く務めていた社民党党首を辞任した。党首辞任理由に選挙戦での敗北に伴う引責を掲げる一方で、兼任していた党の選挙対策の総責任者である社民党選挙対策委員長については留任する。辞任前の日本国会における政党要件を満たす政党の党首の中では、山口那津男(公明党)や荒井広幸(新党改革)とともに数少ない参議院議員であった。このため、衆議院通常国会で代表質問などを行うことはできず(参議院では行った)、この役目は社民党幹事長だった重野安正らが担った。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た夫婦別姓

    選択的夫婦別姓の導入を主張している。一部の保守系議員に選択的夫婦別姓への慎重論があることについては「丁寧に話せばわかってくれる人は多いと思う」と述べている。また、非嫡出子の相続に関する現行民法の規定(900条)についても改正する必要があると述べている。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • 福島瑞穂

    福島瑞穂から見た2009年

    2009年3月26日の参議院予算委員会で、北朝鮮のミサイル発射問題に関して弾道ミサイルが日本領内に落下した場合にこれを迎撃するとする日本政府の方針を批判した。外務大臣の中曽根弘文や防衛大臣の浜田靖一から理解を求める答弁がされたが、これに対しても福島は「当たらない場合は国益を侵害し、当たった場合でも単なる人工衛星だったらどうなるのか」と迎撃批判を続けた。4月4日、政府の北朝鮮ミサイル発射の誤報に際し、「間違ってミサイル防衛で迎撃していたら先制攻撃にもなりかねなかった」と、先制攻撃が起こった可能性を主張した。福島瑞穂 フレッシュアイペディアより)

329件中 51 - 60件表示

「福島瑞穂」のニューストピックワード