前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示
  • 福島第一原子力発電所反対運動

    福島第一原子力発電所反対運動から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島第二原子力発電所や浪江・小高原子力発電所の反対運動については、各発電所の記事へ。福島第一原子力発電所反対運動 フレッシュアイペディアより)

  • 東京電力原発トラブル隠し事件

    東京電力原発トラブル隠し事件から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    2000年7月、ゼネラル・エレクトリック・インターナショナル社(GEI)から東京電力の福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所、柏崎刈羽原子力発電所の3発電所計13基の点検作業を行ったアメリカ人技術者が通商産業省(現経済産業省)に以下の内容の告発文書を実名で送った。東京電力原発トラブル隠し事件 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災による電力危機

    東日本大震災による電力危機から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    地震後、福島第一原子力発電所の稼働していた1 - 3号機、福島第二原子力発電所の1 - 4号機が地震により停止した。福島第一原子力発電所の4 - 6号機は定期検査で停止中だった。福島第一原子力発電所では地震の影響で冷却水を供給するための電力を確保不能な状況に陥った。その後、原子炉格納容器内の圧力上昇、弁からの放射性物質の排出、水素爆発による建屋の崩壊、第一原発及び第二原発の周辺住民への避難指示が出されるなど、重大な原子力災害へと進展した。このほか、広野火力発電所の2・4号機、常陸那珂火力発電所の1号機、鹿島火力発電所の2・3・5・6号機、大井火力発電所の2・3号機、五井火力発電所の4号機、東扇島火力発電所の1号機が停止し、水力発電所も福島県内で14箇所、栃木県内で4箇所、山梨県内で4箇所、変電所も9箇所が停止した。一方新潟県の柏崎刈羽原子力発電所は通常運転を継続した。東日本大震災による電力危機 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    浜通り地方の夜ノ森付近では、2011年に爆発事故が発生するまで、東京電力の福島第一原子力発電所(大熊。定格 470万 kw)と福島第二原子力発電所(富岡。定格 440万 kw)が稼動していた。福島県は東京電力管轄外のため、この電力は県内には基本的に送電されていない。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 電源地帯

    電源地帯から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    浜通り地方南部では東京電力・福島第一原子力発電所(定格470万kw)、福島第二原子力発電所(定格440万kw)が稼動している。電源地帯 フレッシュアイペディアより)

  • 電源三法

    電源三法から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    朝日新聞の調べによると、2004年度(予算ベース)での電源三法交付金は約824億円に上るとされている。うち、福島第一、第二原発を抱える福島県では約130億円、柏崎刈羽原発を抱える新潟県では約121億円、敦賀、美浜、大飯、高浜原発を抱える福井県では約113億円、玄海を抱える佐賀県では約100億円、六ヶ所村核燃料再処理施設や放射性廃棄物管理施設を抱える青森県では約89億円となっている。電源三法 フレッシュアイペディアより)

  • 福島県沖地震

    福島県沖地震から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    東京電力の福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所は正常に運転を継続し、異常は確認されなかった。また、日本原子力発電東海第二発電所・東北電力女川原子力発電所でも、設備異常の報告はされなかった。福島県沖地震 フレッシュアイペディアより)

  • ふたば (浚渫ロボット)

    ふたば (浚渫ロボット)から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    ふたばは三菱重工が建造した浚渫ロボット(全没型歩行脚式浚渫機、Submersible Walking Auto Dreger, SWAD)である。過去1号機、2号機の2機が製作され、福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所に各々設けられた専用港湾の浚渫作業に使用されてきた。ふたば (浚渫ロボット) フレッシュアイペディアより)

  • 福島原子力企業協議会

    福島原子力企業協議会から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島原子力企業協議会(ふくしまげんしりょくきぎょうきょうぎかい)は、東京電力福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所の定期検査、保修工事、委託業務に関わる元請企業とその協力会社を会員とする任意団体である。福島原子力企業協議会 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地洋一

    菊地洋一から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    1989年の福島第二原子力発電所3号機の再循環ポンプ事故などを契機に、50歳からは反原発運動に人生を捧げることを決意。東海地震がすぎるまで浜岡原発を止めておくよう訴える活動のため2002年10月-2003年9月、静岡県函南町に住む。菊地洋一 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6
57件中 1 - 10件表示

「福島第二原発」のニューストピックワード