67件中 11 - 20件表示
  • 福島県浜通り地震 (2013年)

    福島県浜通り地震 (2013年)から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    東京電力福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所は共にこの地震による異常はなかった。福島県浜通り地震 (2013年) フレッシュアイペディアより)

  • 福島原子力企業協議会

    福島原子力企業協議会から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島原子力企業協議会(ふくしまげんしりょくきぎょうきょうぎかい)は、東京電力福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所の定期検査、保修工事、委託業務に関わる元請企業とその協力会社を会員とする任意団体である。福島原子力企業協議会 フレッシュアイペディアより)

  • BWR運転訓練センター

    BWR運転訓練センターから見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    1983年:2号シミュレータ運用開始、福島第二原子力発電所3、4号機(BWR-5改良標準型)をモデル。BWR運転訓練センター フレッシュアイペディアより)

  • 原電エンジニアリング

    原電エンジニアリングから見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    1998年に、福島第二原発から六ヶ所再処理工場へ使用済み核燃料が運ばれたが、その際に使われた原燃輸送保有のNFT型輸送容器の中性子遮断財の分析データが捏造・改竄されていることが発覚した。改ざんは、発注側である原電工事がデータを分析した日本油脂に対して書き換えを指示して行われた。原電エンジニアリング フレッシュアイペディアより)

  • 平成20年8月4日発生山梨県内における広域停電

    平成20年8月4日発生山梨県内における広域停電から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    停電の原因はいずれも山梨県のほぼ全域に送電を行なっている超高圧変電所「東山梨変電所」に落雷が発生したことによる遮断機作動が原因であった。山梨県の電気は一部を除き福島県の福島第一原子力発電所や福島第二原子力発電所から50万ボルトの高圧で直接東山梨変電所へ送電しており、東山梨変電所から4箇所の一次変電所と47箇所の配電用変電所に送られている仕組みとなっている。山梨県には東山梨変電所以外に超高圧変電所がないため、東山梨変電所の送電が遮断された場合は県内のほぼ全域で影響が発生する。8月4日から7日にかけて山梨県内では雷注意報が発生しており、東山梨変電所にも落雷が発生していた。さらに4日の停電では当変電所に設置されている遮断器に不具合が発生していたため過電流を止める事ができず、県内の全域で停電が発生してしまった。平成20年8月4日発生山梨県内における広域停電 フレッシュアイペディアより)

  • 味村治

    味村治から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    最高裁判事時代の1992年10月29日、四国電力伊方発電所1号炉訴訟および東京電力福島第二原子力発電所1号炉訴訟において原告の上告を棄却。味村治 フレッシュアイペディアより)

  • 増田尚宏

    増田尚宏から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    埼玉県生まれ。横浜国立大学工学部卒業、同大学院修了。1982年、東京電力に入社、最初に福島第二原子力発電所に配属された。柏崎刈羽原子力発電所保修部電気機器課長、本店原子力技術部電気計装設計グループマネージャー等を歴任。2005年-2008年6月、福島第二原子力発電所の設備や運転全般を担当するユニット所長を務めた。原子力・立地業務部を経て、2010年6月25日、福島第二原子力発電所第14代所長に就任。2011年3月11日の東日本大震災では、所長として現場指揮にあたった。2013年4月、同所長を退任、特命役員原子力安全監視室副室長。2014年4月1日より、東京電力常務執行役・福島第一廃炉推進カンパニープレジデント兼廃炉・汚染水対策最高責任者。増田尚宏 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一廃炉推進カンパニー

    福島第一廃炉推進カンパニーから見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    増田尚宏 - 東京電力出身、元福島第二原子力発電所福島第一廃炉推進カンパニー フレッシュアイペディアより)

  • ALSOK宮城

    ALSOK宮城から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所 - ALSOK福島へ業務移管ALSOK宮城 フレッシュアイペディアより)

  • 菊地洋一

    菊地洋一から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    1989年の福島第二原子力発電所3号機の再循環ポンプ事故などを契機に、50歳からは反原発運動に人生を捧げることを決意。東海地震がすぎるまで浜岡原発を止めておくよう訴える活動のため2002年10月 - 2003年9月、静岡県函南町に住む。菊地洋一 フレッシュアイペディアより)

67件中 11 - 20件表示

「福島第二原発」のニューストピックワード