57件中 11 - 20件表示
  • 原子力戦争

    原子力戦争から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    原作は田原総一朗の反原発小説の『原子力戦争』を黒木和雄が原田芳雄を主演に迎え、ドキュメンタリータッチで映画化。内容は放射能事故と過疎化する村と巨大化した原発利権戦争に都会から来た一人の男が巻き込まれるというサスペンス。 映画のワンシーンで福島県の東京電力の福島第二原子力発電所内の施設に無許可で入って、警備員に止められるシーンも導入されている。原子力戦争 フレッシュアイペディアより)

  • 清水正孝

    清水正孝から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    1983年、福島第二原子力発電所の総務担当として赴任する。清水正孝 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥島近海地震 (2012年)

    鳥島近海地震 (2012年)から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所に地震による安全上に支障がある異常は出なかった。地震発生後、東北新幹線などが一時運転を見合わせ、高速道路の一部区間が不通となった。建物の損壊や人的な被害の報告はなかった。鳥島近海地震 (2012年) フレッシュアイペディアより)

  • 広野インターチェンジ

    広野インターチェンジから見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    当ICは福島第一原子力発電所事故に関連する避難指示解除準備区域(2012年8月10日までは警戒区域)の境界線上に位置している。2011年4月21日までは福島第二原子力発電所の異常に関連する避難指示区域であったが、発電所の安全が確認されているとして、解除されている。広野インターチェンジ フレッシュアイペディアより)

  • 福島駐屯地

    福島駐屯地から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島第二原子力発電所(出力440.0万kW。BWR)(双葉郡富岡町、楢葉町)福島駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 福島原子力人材開発センター

    福島原子力人材開発センターから見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    本施設は1982年に福島第二原子力発電所が運転を開始した後同発電所構内にも拠点を持つ。また日本原子力技術協会による保全技量認定指定試験組織の一つである。2005年10月「福島原子力人材開発センター」に改組した。福島原子力人材開発センター フレッシュアイペディアより)

  • スリーマイル原子力発電所事故に対する東京電力の対応

    スリーマイル原子力発電所事故に対する東京電力の対応から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    中央制御盤に対する改善策はその後も模索が続けられ、福島第二原子力発電所3、4号機より設計を大幅に改めた新型制御盤が導入された。新型制御盤の特徴は下記にまとめられる。日経産業新聞は1984年当時GEにて同種の設計思想を取り入れた制御盤がまだ試作段階にあったことを挙げ「TMI原発事故の教訓が具体的な運転システムの改善として実現した最初のケース」と紹介している。スリーマイル原子力発電所事故に対する東京電力の対応 フレッシュアイペディアより)

  • 新潟県中越沖地震に対する東京電力の対応

    新潟県中越沖地震に対する東京電力の対応から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    しかし福島第一では2003年、福島第二では2005年よりTPM活動に着手していた。この成果として不具合情報の水平展開が進歩したため、新潟県中越沖地震で通年以上の6基安定稼働が求められた2008年の夏期には、目標通りのフル稼働が実現出来た旨、福島第一所長の小森明生(当時)はコメントしている。新潟県中越沖地震に対する東京電力の対応 フレッシュアイペディアより)

  • 新福島変電所

    新福島変電所から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    新福島変電所(しんふくしまへんでんしょ)とは、福島県双葉郡富岡町に所在する東京電力の500kV変電所である。福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所からの特別高圧送電線を接続し、首都圏(の外輪系統)に向け500kV送電線を接続している他、東北電力との系統連系も行っている。新福島変電所 フレッシュアイペディアより)

  • 輪番停電

    輪番停電から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    東京電力、東北電力および各マスコミでは、東日本大震災の被害・影響に伴い実施されていた輪番停電に関しては主に「計画停電」の名称を用いている。2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、東京電力では、福島第一および第二原子力発電所をはじめ、火力発電所、水力発電所および変電所、送電設備に大きな被害が発生し、電力不足に対応するため、3月14日から輪番停電が実施された。3月28日以降は実施されておらず、4月8日に、6月3日までの間は輪番停電を原則として実施しない旨を発表した。5月13日、東京電力は同年夏の電力供給力見通しを約5520万kWに上方修正すると発表したが、東北電力への電力融通も予定されていたため、それを考慮するとやはり需要に供給が追いつかない可能性があった。東京電力は夏季の輪番停電の回避に向けて供給の確保に全力を挙げるとしていた。輪番停電 フレッシュアイペディアより)

57件中 11 - 20件表示

「福島第二原発」のニューストピックワード