67件中 31 - 40件表示
  • 澤田大筰

    澤田大筰から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    2011年5月より福島第二原子力発電所にて、福島第一と福島第二で働く作業員を対象として、ボランティアで整体治療を行う。澤田大筰 フレッシュアイペディアより)

  • 福島駐屯地

    福島駐屯地から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島第二原子力発電所(出力440.0万kW。BWR)(双葉郡富岡町、楢葉町)福島駐屯地 フレッシュアイペディアより)

  • 富岡町

    富岡町から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    富岡町(とみおかまち)は、福島県双葉郡の中心にある町。東京電力福島第二原子力発電所がある。富岡町 フレッシュアイペディアより)

  • 佐藤栄佐久

    佐藤栄佐久から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    首都圏の電力需要を地方が賄うという意味合いの強い県内の原子力発電所(東京電力所管の福島第一原子力発電所(双葉町・大熊町)、福島第二原子力発電所(富岡町・楢葉町))建設に関して、建設当初の1998年にはプルサーマル計画を了承したが、その後東京電力によるトラブル隠しが発覚した後、了承を撤回し、2006年7月まで東電管内の原発稼働を拒否し(2006年7月に勝俣恒久東電社長と面会した上で、原発稼働再開を容認して、知事在任中に原発自体は稼働を再開している)、プルサーマル計画については建設される当の自治体以外に誘致するメリットがほとんどないことなどを理由に、一貫して反対の立場を明らかにしている。2011年3月11日に発生した東日本大震災による原子力事故では、「事故は人災だった」と断定し、歴代政府と原子力安全委員会を批判している。佐藤栄佐久 フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災に対するアジア諸国の対応

    東日本大震災に対するアジア諸国の対応から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    :アリー・アクバル・サーレヒー外相は11日、「深く哀悼する。偉大な日本国民は必ずこの自然災害を克服できると確信している」と伝え、支援を述べた。外相は、日本人が勤勉で忍耐力のある国民であるとし、「日本国民は、今回も困難を乗り越え、辛い状況を突破できるだろう」と語った。また、日本の政府や国民、災害による犠牲者の遺族に哀悼の意を表明、被災者への救援物資などを行う用意があることを示した。日本政府の要請を受け、イラン赤新月社の救援機関モザッファル会長は「5人組の救援チームが、まもなく日本の震災状況を調査するため東京入りする予定だ」と発表。会長は13日、メフル通信のインタビューで「現状において、日本は捜索・救助チームを必要としている」と語り、「イランから派遣されるチームは、東京に入った後、被災地の状況を調査し、イラン赤新月社の支援方法を明らかにする」と強調した。ラーリージャーニー国会議長は、今回の災害による犠牲者の冥福を祈ると共に、神に対し、負傷者や被災者の健康が一日も早く回復し、犠牲者が悲しみに耐えられるよう求めた。また、イラン赤新月社の捜索救援部門のターヘリー専務取締役は12日、東京電力の福島第一原発と福島第二原発に影響が出たことを受け、「要請があれば、事故に対応できるチームを派遣する準備がある」と表明。要請を受け、被災者が必要とする医薬品・衛生用品・食料品など支援物資の提供を決定、24日には缶詰3万5000個、31日には同1万5000個が日本に到着、イラン政府により被災地に運ばれた。東日本大震災に対するアジア諸国の対応 フレッシュアイペディアより)

  • 清水正孝

    清水正孝から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    1983年、福島第二原子力発電所の総務担当として赴任する。清水正孝 フレッシュアイペディアより)

  • 双葉郡

    双葉郡から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    ふたば (浚渫ロボット):当郡に所在する福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所専用港湾用浚渫ロボット。当郡名より命名された。双葉郡 フレッシュアイペディアより)

  • 夜ノ森

    夜ノ森から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    1960年代の高度経済成長期には、夜ノ森の近くに東京電力の原子力発電所が2か所建設され、相馬側の大熊に福島第一原子力発電所が、岩城側の富岡に福島第二原子力発電所が立地している。夜ノ森は福島第一原子力発電所から南西6kmに位置する。2011年3月11日の福島第一原子力発電所事故により、現在では帰還困難区域(事故発生当初は警戒区域)で立入禁止区域となっている。夜ノ森 フレッシュアイペディアより)

  • 原子力撤廃

    原子力撤廃から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    スタジオジブリ発行の小冊子『熱風』2011年8月号の特集「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」では、宮崎駿、鈴木敏夫、河野太郎、大西健丞、川上量生による特別座談会が掲載されており、宮崎駿は原発をなくすことに賛成と語っている。座談会では他に、2010年夏に福島の原発施設内(福島第二原子力発電所エネルギー館)に知らないうちにトトロの店が置かれていたことが発覚し撤去させたことや、ジブリとしては原発に反対であることなども語られている。また2011年6月から、東京都小金井市のスタジオジブリの屋上に、「スタジオジブリは原発ぬきの電気で映画をつくりたい」と書かれた横断幕が掲げられている。原子力撤廃 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥島近海地震

    鳥島近海地震から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    2012年1月1日 - M 7.0 鳥島近海で発生。震源の深さ約397 km、東北地方・関東地方の広い範囲で最大震度4が観測された。福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所に地震による安全上に支障がある異常は出なかった。地震発生後、東北新幹線などが一時運転を見合わせ、高速道路の一部区間が不通となった。鳥島近海地震 フレッシュアイペディアより)

67件中 31 - 40件表示

「福島第二原発」のニューストピックワード