67件中 51 - 60件表示
  • 福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)

    福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降)から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島第一原子力発電所について、原子力災害対策特別措置法第20条第3項に基づき、半径20km圏内が警戒区域に設定、翌22日0時00分をもって発動された。このため一部例外を除き法的に一般人の立ち入りが禁止されることとなる。一方、福島第二原子力発電所については、避難区域が半径10kmから8kmに縮小された。福島第一原子力発電所事故の経緯 (2011年4月以降) フレッシュアイペディアより)

  • 原子力関連施設警戒隊

    原子力関連施設警戒隊から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    だが実際にはそのような対策が不十分な状況下で2011年3月に福島第一原子力発電所の事故が発生した。さらに事故の混乱の中で、右翼団体の街宣車に乗車した男が同原発に隣接する福島第二原子力発電所にある警備区域へ侵入する事件が発生したが、福島第二原発にいた原子力関連施設警戒隊は屋内退避をしており必要な作戦行動が下令されなかったため、状況をただ見守るしかなかった。原子力関連施設警戒隊 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊急襲部隊

    特殊急襲部隊から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島県の東京電力福島第二原子力発電所において、武装工作員の襲撃を想定した訓練が報道機関に公開され、福島県警察銃器対策部隊と千葉県警察SAT、海上保安庁特殊警備隊などが参加した。特殊急襲部隊 フレッシュアイペディアより)

  • いわき市

    いわき市から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    賃貸物件も、被災したいわき市民と双葉郡民によって多くが借り上げられているほか、東京電力3施設(福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所・広野火力発電所)に関わる社員や、除染作業の本格化による除染作業員や復旧作業員の居住地にもなっているために需要がひっ迫しており、2013年4月現在でも市内への転勤者・進学者が入居物件を見つけられない事例もある。賃貸物件の入居待ち予約者が100人以上という賃貸仲介会社もあり、深刻な状況が続いている。。いわき市 フレッシュアイペディアより)

  • 特殊警備隊

    特殊警備隊から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    2013年 - 東京電力福島第二原子力発電所において、テロリストの襲撃を想定した警察との合同テロ対策訓練にSSTが参加し、船舶に立て籠もったテロリスト役の制圧を行った。なお、この合同訓練には千葉県警察の特殊部隊 (SAT)と福島県警察の銃器対策部隊が参加した。特殊警備隊 フレッシュアイペディアより)

  • 福島テレビ

    福島テレビから見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    2008年(平成20年)頃新設。地震発生時は近隣の福島第二原発の様子も映し出される。福島テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所

    福島第一原子力発電所から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    1973年頃には福島第二原子力建設準備事務所、広野火力建設準備事務所と本発電所の3事業所で「浜通り情報連絡会議」を毎週開催、公害総合本部を中心に各所長クラスが出席し、情報交換をしていた。また、本店との情報連絡を早急に実施するために、テレファックスを導入していた。福島第一原子力発電所 フレッシュアイペディアより)

  • さちみりほ

    さちみりほから見た福島第二原発福島第二原子力発電所

    第二巻は、2014年3月11日に、単行本『ストーリー311 あれから3年 漫画で描き残す東日本大震災』として出版された。その巻頭に収録された作品は、さちみが描いた漫画で、福島第二原発で働く原発作業員の物語だった。有志の漫画家らの間に、作品はすごいインパクトであり、さちみの話を巻頭に掲載するのは、みんなの総意として、巻頭に選んだ。作品は、震災当日から、不眠不休で働き続けた原発作業員たちの業務や人間関係が、リアルに表現されたものだった。漫画化するにあたって、さちみは防護服を着て、福島の現地の様子も取材し、また、原発作業員のエピソードを詳しく聞き、漫画化する際に細かな指導も受け、事実を忠実に描いた。さちみなど有志の漫画家らの行動は、日本テレビなどマスメディアが取材をし報道した。さちみりほ フレッシュアイペディアより)

  • 福島県

    福島県から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    浜通り地方の夜ノ森付近では、2011年に福島第一原子力発電所事故が発生するまで、福島第一原子力発電所(大熊。定格 470万kW)と福島第二原子力発電所(楢葉。定格 440万kW)が稼動していた。福島県 フレッシュアイペディアより)

  • 広野火力発電所

    広野火力発電所から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    施設は福島第二原発の10km圏内、および福島第一原発の30km圏内に位置しているが、4月21日に福島第二原子力発電所の避難区域が10km圏内から8km圏内に縮小し、翌22日に広野町全域が「緊急時避難準備区域」へと変更されたため、避難区域から外れた(同年9月30日に解除された)。広野火力発電所 フレッシュアイペディアより)

67件中 51 - 60件表示

「福島第二原発」のニューストピックワード