1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示
  • Pokemon GO

    Pokemon GOから見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    東海第二発電所(茨城県那珂郡東海村)も除外設定を申し入れた。そして、原子力規制委員会は日本国内の原子力発電所の事業者に対し、構内への立ち入り禁止の徹底を喚起し、警備の強化を呼びかけした。また、東京電力も同様に、福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所・柏崎刈羽原子力発電所の除外設定を申し入れている。アメリカ合衆国では原発の駐車場に無断侵入した例もある。Pokemon GO フレッシュアイペディアより)

  • 東日本旅客鉄道

    東日本旅客鉄道から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    2011年3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の影響で、東京電力の福島県にある福島第一原子力発電所・福島第二原子力発電所などが停止して電力不足になり輪番停電(計画停電)が実施された。その際、十日町市長の提案と国土交通省の指示により信濃川発電所の取水量を増して発電量を増やし、東京電力へ電力の融通 を行った。また、JR東日本も節電のために駅での照明の減灯や電車の運行本数を減らすなどした。東日本旅客鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • 福島中央テレビ

    福島中央テレビから見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    楢葉町 - 福島第二原子力発電所から約2km離れたところに第二原発に向けて設置。福島中央テレビ フレッシュアイペディアより)

  • 東日本大震災

    東日本大震災から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    双葉郡は漁港が未発達で産業に乏しかった過去から、積極的に東京電力の電力供給地となり、福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所、広野火力発電所と日本有数の電力供給源になっていた。そこを津波が襲来し、日本がかつて経験したことのない全電源喪失による福島第一原子力発電所事故の発生へとつながっていく。東日本大震災 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所事故

    福島第一原子力発電所事故から見た福島第二原発福島第二原子力発電所

    政府の事故調査・検証委員会が福島第一原発の吉田昌郎所長から聴取した内容(通称「吉田調書」)によると、2号機の注水が停止しベントもできない危機的な状況に陥っていた3月14日から15日にかけて、吉田所長は、このままでは格納容器が破壊され核燃料が全て出てしまう、原子炉の圧力破壊が起きると考えていたという。「放射性物質が全部出てしまうわけですからわれわれのイメージは東日本壊滅ですよ」と語っている。このような恐怖感は、同じ頃総理官邸も共有していて、例えば枝野内閣官房長官は、福島第一から福島第二原発、東海第二原発へと連鎖的に事故が進むシナリオが頭の中にあったと後に語っている。2号機の格納容器が破壊され、放射性物質が大量放出される最悪のシナリオが現実に迫っていた。実際には、2号機は圧力破壊には至らず、格納容器の配管の繋ぎ目が壊れたり蓋に隙間ができたりして、部分的に放射性物質が漏れ出したのではないかとみられる。なぜ2号機が決定的に壊れなかったのかは、十分解明されていない。福島第一原子力発電所事故 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第一原子力発電所事故

    福島第一原子力発電所事故から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    事故当時の福島第一原子力発電所所長であった吉田昌郎が政府事故調査・検証委員会の調べに答えた「聴取結果書」に関して、2014年5月20日、朝日新聞が「吉田調書」と題して特集し、2011年3月15日朝、福島第一原子力発電所にいた所員の9割にあたる約650人が吉田の待機命令に違反し、福島第二原子力発電所へ撤退していたと報道した。特集記事デジタル版本文では吉田昌郎の「本当は私、2F(福島第二原子力発電所)に行けとは言ってないんですよ。ここがまた伝言ゲームのあれのところで(中略)よく考えれば2Fに行った方がはるかに正しいと思ったわけです」との証言を掲載しつつ、命令違反であったと結論していた(紙面には掲載されなかった)。産経新聞が8月18日、「伝言ゲーム」による指示の混乱はあったが、吉田自身に命令違反としての認識はなかったと報じ、読売新聞が8月30日、吉田昌郎が「よく考えれば、(線量の低い)2Fに行った方がはるかに正しいと思ったわけです」と追認していたことを指摘するなど、他の新聞、雑誌から福島第二原子力発電所への退避が命令違反であったとする報道を否定、糾弾する記事が相次いだ。朝日新聞社広報部は読売新聞社の「退避をなぜ『命令違反』と報じたか」という質問に対し、「『吉田調書』をそのまま報じるのではなく公共性、公益性の高い部分について東京電力の内部資料や関係者への取材とつきあわせて報じています」などとしていたが、9月11日、朝日新聞は同報道を取り消した。同日、内閣官房は吉田昌郎の「聴取結果書」を公開した。福島第一原子力発電所事故 フレッシュアイペディアより)

  • 福島第二原発

    福島第二原発から見た福島第二原子力発電所福島第二原子力発電所

    福島第二原発 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 次へ
67件中 61 - 67件表示

「福島第二原発」のニューストピックワード