前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示
  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た福浦和也福浦和也

    藤田元司がロッテのフロントから「立て直し役に最適な人はいないか」と相談された近藤昭仁(89年から3年間巨人の監督だった藤田の下でヘッドコーチ)を推薦し、近藤が監督に就任。伊良部・ヒルマンの抜けた穴は大きく、去年不振だった小宮山が奮闘し最優秀防御率を獲得、黒木知宏が初の二桁勝利、薮田安彦が初の規定投球回数をクリアしたが、ストッパー成本が大怪我でリタイア。野手では新人の小坂誠が新人王に輝き、投手から打者に転向した福浦和也が台頭したが、外国人は長打不足、初芝・堀も不振。また、前年まで多くのマスクを被っていた定詰雅彦・田村藤夫が相次いで移籍し、ドラフトで大学ナンバーワンと評価された清水将海が開幕戦でスタメンマスクに抜擢されたがプロの壁は厚く苦戦を強いられた。結局投打に渡り駒不足で最下位に終わる。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 習志野市立習志野高等学校

    習志野市立習志野高等学校から見た福浦和也福浦和也

    サッカー・野球の古豪、ボクシングの強豪として知られる。野球はかつては甲子園常連校で、公立高校ながら二度の全国制覇を成し遂げた。著名な卒業生としては現東京ヤクルトスワローズ監督の小川淳司に、野球解説者の掛布雅之や谷沢健一など。現役では地元ロッテの福浦和也選手などが挙げられる。習志野市立習志野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 立川隆史

    立川隆史から見た福浦和也福浦和也

    拓大紅陵高校時代に「千葉が好きだからロッテに行きたいです。ロッテ以外にはどこにも行きません」と語るなど、地元球団であるロッテでプレイしたいとの希望が叶い、1993年のドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団した。スポーツチームでは一般には同県出身者を「地元選手」と呼ぶが、千葉市美浜区出身の立川は真の「ロッテの地元選手」だった。同期入団として福浦和也などがいる。立川隆史 フレッシュアイペディアより)

  • 山本功児

    山本功児から見た福浦和也福浦和也

    ロッテ二軍打撃コーチ時代の1994年開幕直後、当時高卒入団1年目の投手で、共に打撃センスがあった福浦和也と小野晋吾を呼び出しバッティング練習をさせ、福浦に「おまえ、今すぐにバッターへ転向しろ」と打者転向を命じた。福浦は当初は拒否したが、その後も山本は執拗に福浦に打者転向を迫り、オールスター明けには打者に転向させた。福浦は、「ある意味で、山本さんに無理やりという感じじゃないですか(笑)」と振り返っている。なお、小野はその後も投手として活躍している。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • 習志野市立習志野高等学校

    習志野市立習志野高等学校から見た福浦和也福浦和也

    部活動が盛んで、サッカー・野球、ボクシング、バレーボールの強豪校である。野球部は甲子園常連校で、公立高校ながら1967年と1975年の夏の甲子園で2度の全国制覇を成し遂げた。卒業生のなかには、東京ヤクルトスワローズ監督の小川淳司(1975年夏の優勝投手)、現千葉ロッテマリーンズ選手の福浦和也、現阪神タイガースオーナー付シニア・エグゼクティブ・アドバイザーの掛布雅之などがいる。習志野市立習志野高等学校 フレッシュアイペディアより)

  • 杉内俊哉

    杉内俊哉から見た福浦和也福浦和也

    6月1日の対ロッテ戦で福浦和也に満塁本塁打を打たれる等2回7失点で降板直後、悔しさのあまり、帽子とグローブを投げつけた直後、城島健司の制止を振り切ってベンチを素手で殴打して両手の小指付け根を骨折し、全治3か月。この行為に対して球団から罰金100万円・謹慎10日を科せられた。事態を重く見た球団は後日罰金を増額、罰金は600万円となった。長期離脱を余儀なくされ、この年はこの日が最後の先発登板となった。この事態に関して王貞治監督(当時)は「戦列を離れなければいけない。悔しさは誰にでもある。だが、何の為に選手としてやっているのか。絶対にやってはいけないことだ」と苦言を呈している。杉内俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 早川健一郎

    早川健一郎から見た福浦和也福浦和也

    初打点:1999年8月14日、対福岡ダイエーホークス19回戦(千葉マリンスタジアム)、5回裏に大村巌の代打・福浦和也の代打として出場、吉田修司から早川健一郎 フレッシュアイペディアより)

  • 花島寛己

    花島寛己から見た福浦和也福浦和也

    習志野市立大久保小学校、習志野市立習志野第二中学校を経て、習志野高校のエースとなる。1991年のドラフトで千葉ロッテマリーンズに4位で指名され入団。マリーンズ誕生後、初の地元出身選手として注目された。なお、中学、高校では同じくロッテに入団した福浦和也の2年先輩にあたる。花島寛己 フレッシュアイペディアより)

  • 高木啓充

    高木啓充から見た福浦和也福浦和也

    初奪三振:2008年6月9日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(明治神宮野球場)、8回表に福浦和也から空振り三振高木啓充 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のアジアシリーズ

    2005年のアジアシリーズから見た福浦和也福浦和也

    初芝が日本シリーズをもって引退し、小坂、堀、福浦といった主力を故障で欠いた千葉ロッテマリーンズ、主砲のシム・ジョンスを欠く三星ライオンズという両チームともに攻撃に万全さを欠いている状態で初代アジアチャンピオンは争われた。2005年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8
78件中 1 - 10件表示

「福浦和也」のニューストピックワード