前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示
  • 初芝清

    初芝清から見た福浦和也福浦和也

    そのため日本シリーズ(第2戦の出場)を最後に現役を引退するはずだったが、11月5日のパ・リーグオールスター東西対抗へ、怪我をしているチームメイト・堀幸一と福浦和也に代わり出場。8回裏1アウトの場面で代打で登場し、ショートフライに倒れた。初芝清 フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズ

    千葉ロッテマリーンズから見た福浦和也福浦和也

    3月24日の開幕戦(千葉マリンの対北海道日本ハムファイターズ戦)が降雨コールドで引き分け。翌日も延長12回で引き分け。投手陣は、中継ぎ陣が藤田宗一の防御率10点台を超える乱調や、小林雅英の度重なる救援失敗により、事実上YFKは崩壊したが、38HPで最優秀中継ぎ投手賞を獲得した薮田安彦が、シーズン終盤に抑えに回り、2年目の川崎雄介と新人の荻野忠寛が活躍し、強固な中継ぎを維持できた。先発陣はエース清水直行が6勝どまりだったものの、渡辺俊介が不振から脱却し、援護が無いものの安定した防御率を残し、小林宏之が自己最多の13勝。そして成瀬善久が16勝1敗、防御率1.817で、最優秀防御率と最優秀投手の2冠を獲得する大活躍を見せた。この3人が柱となり、前年を上回る成績を残した。 一方野手陣は福浦和也、今江敏晃、フリオ・ズレータの故障による離脱・不振などでシーズン通して安定した攻撃力を維持できず、早川大輔の台頭もあり得点はリーグトップだったが、首位日本ハムとは2ゲーム差の2位に終わった。クライマックスシリーズ1stステージではソフトバンクを2勝1敗で下したが、2ndステージでは日本ハムに2勝3敗で敗退した。千葉ロッテマリーンズ フレッシュアイペディアより)

  • 渡辺英昭

    渡辺英昭から見た福浦和也福浦和也

    日大二高から日本大学へ進学し、1988年ドラフト会議でロッテオリオンズから3位指名され入団。3年目となる1991年に33試合出場。今後の活躍も期待されたが、1軍での成績は伸びず1996年オフに戦力外通告され引退した。現在はスポーツマネジメントとして小林宏之、福浦和也、黒木知宏のマネジメントを務めている。渡辺英昭 フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のアジアシリーズ

    2005年のアジアシリーズから見た福浦和也福浦和也

    初芝が日本シリーズをもって引退し、小坂、堀、福浦といった主力を故障で欠いた千葉ロッテマリーンズ、主砲のシム・ジョンスを欠く三星ライオンズという両チームともに攻撃に万全さを欠いている状態で初代アジアチャンピオンは争われた。2005年のアジアシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • イー・スマイル

    イー・スマイルから見た福浦和也福浦和也

    福浦和也(千葉ロッテマリーンズ)イー・スマイル フレッシュアイペディアより)

  • 花島寛己

    花島寛己から見た福浦和也福浦和也

    習志野市立大久保小学校、習志野市立習志野第二中学校を経て、習志野高校のエースとなる。1991年のドラフトで千葉ロッテマリーンズに4位で指名され入団。マリーンズ誕生後、初の地元出身選手として注目された。なお、中学、高校では同じくロッテに入団した福浦和也の2年先輩にあたる。花島寛己 フレッシュアイペディアより)

  • デリック・メイ (野球)

    デリック・メイ (野球)から見た福浦和也福浦和也

    オフに千葉ロッテマリーンズの入団テストを受けて合格し、入団。来日1年目のに31本塁打を放ち、主砲としての役割を果たし、福浦和也やフランク・ボーリックらと強力クリーンナップを形成した。は本塁打が23本と30本塁打には届かなかったが、勝負強い打撃でチームトップの90打点をマークした。しかし、のペナントレースでは不調が続いて二軍落ちし、そのまま復調することなく戦力外通告を受け退団。当時の応援歌はDropkick Murphysの「For Boston」が原曲となっており、応援歌では「D・メイ」とコールされた。メイの退団後はマット・フランコ、のち神戸拓光に引き継がれた。デリック・メイ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 千葉ロッテマリーンズの応援団

    千葉ロッテマリーンズの応援団から見た福浦和也福浦和也

    選手3人(サブロー・福浦和也・今江敏晃)を除き応援歌が刷新された。千葉ロッテマリーンズの応援団 フレッシュアイペディアより)

  • 高木啓充

    高木啓充から見た福浦和也福浦和也

    初奪三振:2008年6月9日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(明治神宮野球場)、8回表に福浦和也から高木啓充 フレッシュアイペディアより)

  • 2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)から見た福浦和也福浦和也

    福浦和也は左第2中手骨剥離骨折のため出場辞退、代わりに大村直之が選出2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
62件中 1 - 10件表示

「福浦和也」のニューストピックワード