62件中 11 - 20件表示
  • 早川健一郎

    早川健一郎から見た福浦和也福浦和也

    初打点:1999年8月14日、対福岡ダイエーホークス19回戦(千葉マリンスタジアム)、5回裏に大村巌の代打・福浦和也の代打として出場、吉田修司から早川健一郎 フレッシュアイペディアより)

  • ゲイリー・バーナム・ジュニア

    ゲイリー・バーナム・ジュニアから見た福浦和也福浦和也

    1月16日に千葉ロッテマリーンズと契約を結んだ。登録名はバーナム・ジュニア。開幕当初は好調で4月終了時点では打率が4割台であったが徐々に調子を落とし、福浦和也の復調もあって出番が減少し最終的には.218 4HRに終わってしまったが、代打での打率は3割を超えていた。10月7日、球団から翌シーズンの契約を更新しない旨を通知された。ゲイリー・バーナム・ジュニア フレッシュアイペディアより)

  • 2005年のパシフィック・リーグプレーオフ

    2005年のパシフィック・リーグプレーオフから見た福浦和也福浦和也

    西武は1回、先頭の栗山巧が先発渡辺俊介の初球を右翼スタンドへ叩き込み先制。一方ロッテは5回、今江敏晃、橋本将の連打に西武先発の松坂大輔の失策で無死満塁とすると、堀幸一が左翼へ犠飛を放ち同点。松坂はマリンスタジアム独特の強風で体力を消耗し7回で降板。ロッテは8回、代わった三井浩二を攻め、福浦和也とサブローの連打で無死1、3塁とするとマット・フランコが中前に落ちる安打で1点勝ち越し。リードを奪ったロッテは9回に守護神の小林雅英が登板し、中島裕之と中村剛也の連打で1死1、2塁とピンチを迎えるが、続く代打平尾博嗣を併殺打に打ち取り逃げ切った。2005年のパシフィック・リーグプレーオフ フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市民球場

    北九州市民球場から見た福浦和也福浦和也

    2009年5月13日のソフトバンク対ロッテ戦では福浦和也の今季初本塁打などでロッテが7-0と快勝。大嶺祐太がプロ初完投・初完封を達成し、ボビー・バレンタイン監督への良い誕生日プレゼントとなった。北九州市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 立川隆史

    立川隆史から見た福浦和也福浦和也

    拓大紅陵高校時代に「千葉が好きだからロッテに行きたいです。ロッテ以外にはどこにも行きません」と語るなど、地元球団であるロッテでプレイしたいとの希望が叶い、1993年のドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団した。スポーツチームでは一般には同県出身者を「地元選手」と呼ぶが、千葉県美浜出身の立川は真の「ロッテの地元選手」だった。同期入団として福浦和也などがいる。立川隆史 フレッシュアイペディアより)

  • ヘクター・カラスコ

    ヘクター・カラスコから見た福浦和也福浦和也

    初奪三振:同上、9回表に福浦和也からヘクター・カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • 桟原将司

    桟原将司から見た福浦和也福浦和也

    は前年不調だった夏場は好調だったものの、9月以降失速し登板数は大きく減少。しかし、9月6日には中日ドラゴンズ戦で日本プロ野球史上14度目、セントラル・リーグ史上9人目、球団史上石川緑以来2人目となる3者連続3球三振を記録。二軍のウエスタン・リーグでは主に抑えとして21試合に登板、防御率2.29、リーグトップの12セーブを記録した。JFKに対して、橋本健太郎、江草仁貴らとあわせてSHEと命名された。千葉ロッテマリーンズと対戦した日本シリーズでは第3戦で初登板したが、福浦和也に満塁本塁打を浴びるなど打者4人に対し一死も取れずに降板。以後シリーズでの登板がないため、2011年シーズン終了時点で日本シリーズにおける防御率は未算出である。桟原将司 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た福浦和也福浦和也

    4試合 2?阿部慎之助(巨人、2002年)、福浦和也(千葉ロッテ、2005年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • 実況パワフルプロ野球8

    実況パワフルプロ野球8から見た福浦和也福浦和也

    選手の固有フォームが追加された。千葉ロッテマリーンズの福浦和也や巨人の入来祐作らのフォームがそれにあたる。実況パワフルプロ野球8 フレッシュアイペディアより)

  • 黒木知宏

    黒木知宏から見た福浦和也福浦和也

    3月15日、東北楽天ゴールデンイーグルスとのオープン戦で引退セレモニーが行われ、この日はオープン戦にもかかわらず一階の一塁側内野自由席が開門20分でほぼ満員になるなどオープン戦としては異例の3万人の観客を集めた。対戦相手の楽天ファンはレフトスタンドの上段一角のみであり、あとはその他のレフトスタンドを含め、スタンド全体がマリーンズファンで占められた。試合後の引退セレモニーでは同期入団のサブロー、同級生の楽天の礒部公一、そして盟友の福浦和也と対戦し、サブローを三振、礒部を三塁ゴロ、福浦も三振に打ち取り、見事に有終の美を飾った。最後はファンに「マリンのマウンドが大好きでした。13年間いろいろありましたが本当に幸せでした。ありがとうございました」と言い、球場内に大きな拍手とジョニーコールがロッテファンだけでなく楽天ファンからも起こった。黒木知宏 フレッシュアイペディアより)

62件中 11 - 20件表示

「福浦和也」のニューストピックワード