62件中 31 - 40件表示
  • 清田育宏

    清田育宏から見た福浦和也福浦和也

    初出場:2010年5月24日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、7回表に福浦和也の代走として途中出場清田育宏 フレッシュアイペディアより)

  • 大塚明

    大塚明から見た福浦和也福浦和也

    同年11月21日の優勝報告会で引退セレモニーが行われ、同期である諸積兼司、福浦和也、小野晋吾、家族から花束が送られた。セレモニーの最後には、グラウンドにいた大勢のファンから胴上げされるというサプライズがあった。大塚明 フレッシュアイペディアより)

  • 山本功児

    山本功児から見た福浦和也福浦和也

    成績は低迷したが、上記の性格もあり選手からも慕われていた。特に、山本に見出され巧打・巧守の一塁手として主力選手に成長した福浦和也は子供の名前の一部に「功」の字を入れるほどである。山本功児 フレッシュアイペディアより)

  • 高井雄平

    高井雄平から見た福浦和也福浦和也

    は石井一久がヤクルトに復帰したため、背番号16を石井に譲り、高井は22に変更した。更に高津臣吾も復帰したため22から再変更かと思われたが、高津は本人の希望により学生時代の背番号だった11となったため再変更はなかった。この年からリリーフに回り36試合に登板したが、防御率は自己ワーストの6点台と結果を残せなかった。6月17日、千葉ロッテ戦、7回表2死1、2塁の場面に3番手で登板したが、打者の福浦和也に投じた初球が側頭部を直撃し、わずか1球で危険球により退場となってしまった。10月12日、この年初めて先発登板した試合であったが、1イニングに3個の暴投を記録してしまう。しかも塁上のランナーは四球で出塁させていたため、ノーヒットで1点を献上するはめに。古田敦也監督も伊東昭光ピッチングコーチも流石に呆れ顔であった。高井雄平 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た福浦和也福浦和也

    福浦和也の四球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、小坂誠に中前打されて逃した。次のサブローにも右前打されたが後続を抑えて2安打1四球、6-0の完封勝ち。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見た福浦和也福浦和也

    2009年10月6日のロッテ戦において中谷仁のスクイズ失敗により三本間で挟まれた際、ロッテの福浦和也のグラブを肘打ちしてボールを弾き飛ばし守備妨害を宣告された。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

  • ビデオ判定

    ビデオ判定から見た福浦和也福浦和也

    一方、ビデオ判定により本塁打が取り消された初のケースとなったのは、同年5月1日の広島東洋カープ対中日ドラゴンズ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)の6回表に和田一浩が打った左翼ポール際の打球(この打球はポールの上空を通過したため、即座の判断が難しい打球であった)。また、その逆にビデオ判定によりファウルが取り消され本塁打となった初のケースは、同年5月13日の横浜ベイスターズ対ロッテ戦(横浜スタジアム)の6回表に福浦和也が右翼ポール際へ放った打球だった。ビデオ判定 フレッシュアイペディアより)

  • 堀幸一

    堀幸一から見た福浦和也福浦和也

    は、ホセ・オーティズとフリオ・ズレータが前年オフに揃って退団したこともあり出番が増加。打率.259、4本塁打ながら得点圏打率.423、代打打率.417と、ここ一番での勝負強さを見せた。6月11日の対広島戦では、1イニング最多となる15得点を記録した6回の途中から福浦和也(この回2打席目)の代走として出場、その後も攻撃が続き「代走」のまま打席が廻ってくるという珍事があった。7月5日に2年ぶりに三塁でスタメン出場するが、これは西村徳文がボビー・バレンタインよりスタメンを告げられる際、正三塁手・今江敏晃の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞き間違えたことによるミスだった。結局、堀は第1打席で左翼へ犠牲フライを放ったのち、次の回の守備で今江と交代した。同オフには球団よりコーチ就任を打診されるが、現役続行を選択。堀幸一 フレッシュアイペディアより)

  • コンバート (野球)

    コンバート (野球)から見た福浦和也福浦和也

    一塁手へのコンバートは、ピッチャーからの転向の中でも高い比率を占める。右ピッチャーは全ての守備位置に転向できるが左ピッチャーが転向した場合必然的に外野手または一塁手に限定されてしまう。よって左ピッチャーからの転向が大部分を占める。また高校野球でも左腕投手が一塁手を兼任する場合が多い。他の守備位置に選択肢があるにも関わらず転向する右投手の場合はすぐに打撃の結果を要求される、あるいはある程度年齢を重ねてから投手としての能力を見限られて(又は故障)転向した選手が多い。一塁手というポジション柄、基本的に打力が評価されて転向する。代表的な例は、元巨人の王貞治、駒田徳広、元ヤクルトの杉浦享、元ロッテの愛甲猛、元近鉄の吉岡雄二、ロッテの福浦和也など。コンバート (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 能見篤史

    能見篤史から見た福浦和也福浦和也

    はメジャー移籍で抜けた井川の穴埋めを期待され先発ローテーションとしてスタートしたが、4月が終わるまでに5試合で1勝3敗と結果を出せず中継ぎに配置転換。しかし、中継ぎでもほとんどの登板で安打を許す不安定な投球が続き、5月27日の対千葉ロッテマリーンズ戦で1回5失点と炎上してからは二軍降格。この試合では福浦和也にチームとして3個目の死球を与え、その裏にロッテの藤田宗一が金本知憲に与えた死球が報復とされ乱闘となるきっかけを作った。騒動を引き起こしたことも重なり、技術的にも精神的にも未熟さを痛感してしばらく立ち直れなかった。その後、8月中旬に先発ローテーションとして一軍復帰すると4試合で1完投を含む3勝と好投を続けたが、9月11日に4回途中7失点でノックアウトされると、その後2度の先発登板も5回まで投げきることができず、シーズンを終えた。二軍では7試合に登板してチームトップタイ、リーグ2位の6勝を挙げて防御率2.51, 43回で37奪三振を記録、35被安打、15与四球でWHIP1.12と安定した内容だった。能見篤史 フレッシュアイペディアより)

62件中 31 - 40件表示

「福浦和也」のニューストピックワード