78件中 31 - 40件表示
  • ヘクター・カラスコ

    ヘクター・カラスコから見た福浦和也福浦和也

    初奪三振:同上、9回表に福浦和也から空振り三振ヘクター・カラスコ フレッシュアイペディアより)

  • 桟原将司

    桟原将司から見た福浦和也福浦和也

    は前年不調だった夏場は好調だったものの、9月以降失速し登板数は減少。しかし、9月6日には中日戦で日本プロ野球史上14度目、セントラル・リーグ史上9人目、球団史上石川緑以来2人目となる3者連続3球三振を記録。二軍では主に抑えとして21試合に登板、防御率2.29、リーグトップの12セーブを記録した。JFKに対して、橋本健太郎、江草仁貴らとあわせてSHEと命名された。千葉ロッテマリーンズと対戦した日本シリーズでは第3戦で初登板したが、福浦和也に満塁本塁打を浴びるなど打者4人に対し一死も取れずに降板。以後シリーズでの登板がなかった為、日本シリーズにおける生涯防御率は未算出のままである。桟原将司 フレッシュアイペディアより)

  • 振り子打法

    振り子打法から見た福浦和也福浦和也

    振り子打法はイチローを筆頭に、坪井智哉・福浦和也・川崎宗則などが使っていた。「タイミングを合わせやすい」、「非力な打者でも強い打球を放ちやすい」などの利点がある一方、動作が大きく重心を前に移していく打法ゆえに「内角攻めに弱い」、「速球に振り遅れやすい」などの弱点もある。そのためかメジャー移籍後のイチローは、外国人投手の速球に対応するため振り子打法をやめている。振り子打法 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村裕基

    吉村裕基から見た福浦和也福浦和也

    ''は、今季もシーズン開幕を一軍で迎え、3月26日の対楽天戦で代打で今季初出場するが、4月15日まで9試合ノーヒットが続く。4月17日の楽天戦において、4-7で迎えた9回裏・2死1、2塁の場面で代打で登場し、松井裕樹から右翼席に起死回生の同点3ランを放つ。次の打席は、12回裏無死1塁で迎え、戸村健次が投げた高めのボールを左翼席に飛ばし、2打席連続となるサヨナラ2ランを放ち、チームの勝利に大きく貢献した。この活躍により、5月11日、最も印象深いサヨナラ打を放った選手を表彰する3・4月度の「スカパー! ドラマティック・サヨナラ賞」を受賞する。しかしその後も打撃は不振で、6月14日のセ・パ交流戦、対ヤクルト戦では、自身の誕生日に4号ソロ本塁打を放つが、6月は打率1割台を記録する。7月は7月13日の対ロッテ戦での2点適時二塁打、7月29日の対日本ハム戦では、有原航平の29イニング連続無失点を破るレフト前適時打を放つなど、復調をみせた。8月14日の対ロッテ戦では、ソフトバンクに移籍して初めて4番でスタメン出場を果たすが4打数無安打で、また2点リードの9回裏2死一、二塁の場面で福浦和也の平凡な一塁へのゴロをファンブルし、チームの逆転負けとなる原因を作る。8月19日の首位攻防戦、対日本ハム戦では、約2ヵ月振りとなる5号2ラン本塁打を放つ。吉村裕基 フレッシュアイペディアより)

  • 堀幸一

    堀幸一から見た福浦和也福浦和也

    は、ホセ・オーティズとフリオ・ズレータが前年オフに揃って退団したこともあり出番が増加。打率.259、4本塁打ながら得点圏打率.423、代打打率.417と、ここ一番での勝負強さを見せた。6月11日の対広島戦では、1イニング最多となる15得点を記録した6回の途中から福浦和也(この回2打席目)の代走として出場、その後も攻撃が続き「代走」のまま打席が廻ってくるという珍事があった。7月5日に2年ぶりに三塁でスタメン出場するが、これは西村徳文がボビー・バレンタインよりスタメンを告げられる際、正三塁手・今江敏晃の愛称である「ゴリ」と「堀」を聞き間違えたことによるミスだった。結局、堀は第1打席で左翼へ犠牲フライを放ったのち、次の回の守備で今江と交代した。同オフには球団よりコーチ就任を打診されるが、現役続行を選択。堀幸一 フレッシュアイペディアより)

  • 12月14日

    12月14日から見た福浦和也福浦和也

    1975年 - 福浦和也、プロ野球選手12月14日 フレッシュアイペディアより)

  • 日本シリーズにおける各種記録

    日本シリーズにおける各種記録から見た福浦和也福浦和也

    福浦和也(千葉ロッテマリーンズ、2005年)日本シリーズにおける各種記録 フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ズレータ

    フリオ・ズレータから見た福浦和也福浦和也

    は交流戦以降、膝などに不安がある松中信彦に代わり一塁手に定着。一塁では無難な守備を見せており、2005年はゴールデングラブ賞を獲得した福浦和也よりも失策数は少なかった。打率.319、43本塁打、99打点といずれもリーグ2位の好成績を記録。またオフに、第1回ワールド・ベースボール・クラシックパナマ代表候補に選出されたが日本のシーズンを優先するため辞退した。フリオ・ズレータ フレッシュアイペディアより)

  • トッド・リンデン

    トッド・リンデンから見た福浦和也福浦和也

    2009年10月6日のロッテ戦において中谷仁のスクイズ失敗により三本間で挟まれた際、ロッテの福浦和也のグラブを肘打ちしてボールを弾き飛ばし守備妨害を宣告された。トッド・リンデン フレッシュアイペディアより)

  • 細川亨

    細川亨から見た福浦和也福浦和也

    は開幕から抹消されることなく一軍に居座り、捕手ではリーグ最多となる139試合に出場した。126試合に先発出場し、フル出場した86試合では50勝34敗2分、5完封勝利だった。打撃では4月19日から5月4日まで自己最長の11試合連続安打を記録、猛打賞も自己最多の8回を達成、打率・打点も自己記録を更新し、本塁打も3年ぶりに2桁に乗せた。守備では2年連続で12球団トップとなる盗塁阻止率.405を記録した。5月30日から6月11日までチームは球団史上2度目の10連敗を喫して借金10の最下位となったが、その8試合で先発出場し、途中出場でも1試合サヨナラ負けのマスクを被った。7月5日、7月7日に2試合連続完封試合を達成しチームの貯金を1とした。8月31日から9月7日まで先発マスクで6連敗してチームは5位へ転落、9月8日に銀仁朗が先発捕手で連敗を止めたのを境に9月はほぼ途中からの出場となった。9月26日の対千葉ロッテ戦では1点リードの8回から途中出場したが、9回にアレックス・グラマンが福浦和也に同点タイムリーを許し、続くサブローのヒットで本塁を狙った二塁走者の早川大輔が細川の顔面に左肩でタックルし、細川はボールは離さずスリーアウトチェンジとなった。しかし脳震盪状態となり担架で運び出され、西武は捕手2人体制かつ捕手経験者のG.G.佐藤も交代済みだったため、治療に時間を要したが9回裏の攻撃から続けて出場した。打撃結果は三振で、10回表の守備では登板した山岸穣が制球に苦しみ2四球3安打で2点勝ち越されそのまま敗戦し、チームのBクラスが確定した。9月29日から再び正捕手へ戻った。プロ入り6年間8・9番の先発出場だったが、10月1日に7番、10月5日には2番での先発起用を経験した。細川亨 フレッシュアイペディアより)

78件中 31 - 40件表示

「福浦和也」のニューストピックワード