62件中 41 - 50件表示
  • 1975年

    1975年から見た福浦和也福浦和也

    12月14日 - 福浦和也、プロ野球選手1975年 フレッシュアイペディアより)

  • 里崎智也

    里崎智也から見た福浦和也福浦和也

    8月2日に行われた東北楽天戦で相手選手のトッド・リンデンと一触即発の状態となる。発端は3回表の胸元への投球にリンデンが挑発行為を行い、6回表の次打席でリンデンがバントの構えから引いたバットが、里崎のマスクを掠め、それをリンデンが謝罪しなかったことにより報復行為とみなされたことである。両選手の争いはベンチより選手・コーチらが飛び出し両チームを巻き込むものへと発展したが、幸い乱闘騒ぎが起こるようなことはなかった。しかし延長11回裏に今度は里崎の頭部付近への投球があり、次打者福浦和也の頭部への死球により有銘兼久が危険球退場になるなど、遺恨を残した。シーズン通算では打率を更に下げてしまったものの橋本の不調もあり正捕手に復帰し、再び規定打席到達。リーグトップの盗塁阻止率.382も記録。里崎智也 フレッシュアイペディアより)

  • 藤田宗一 (投手)

    藤田宗一 (投手)から見た福浦和也福浦和也

    2007年5月27日の阪神戦で金本知憲に3球続けて胸元に投げ、結果死球を与えて乱闘騒ぎになった(この試合はそれまでに福浦和也が二死球を受けるなど荒れていた)。ファンから激しい罵声を浴びて、プロ野球に入ってこれが一番恐怖を感じた経験だという。翌日には謝罪し、金本も「こういうのは仕方ない」と言い、2人の間にわだかまりはないと言う。藤田宗一 (投手) フレッシュアイペディアより)

  • 習志野市

    習志野市から見た福浦和也福浦和也

    福浦和也(プロ野球千葉ロッテマリーンズ選手)習志野市 フレッシュアイペディアより)

  • 12月14日

    12月14日から見た福浦和也福浦和也

    1975年 - 福浦和也、プロ野球選手12月14日 フレッシュアイペディアより)

  • 角中勝也

    角中勝也から見た福浦和也福浦和也

    2006年のドラフト会議において、千葉ロッテマリーンズから7巡目で指名を受け、入団。与えられた背番号61について「(独立リーグの)高知では9を付けていた。ロッテの9は福浦さん。いまは無理だが、いつかは9を付けられるように頑張りたい」と抱負を語っている。角中勝也 フレッシュアイペディアより)

  • 2010年の日本シリーズ

    2010年の日本シリーズから見た福浦和也福浦和也

    内野手:2今岡誠、6井口資仁、7西岡剛、8今江敏晃、9福浦和也、16塀内久雄、32根元俊一、40渡辺正人、52金泰均、58青野毅、59細谷圭2010年の日本シリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 川崎球場

    川崎球場から見た福浦和也福浦和也

    本塁打  堀幸一、ジェフ・バリー、初芝清、小坂誠(この4選手は各2本)、福浦和也、立川隆史川崎球場 フレッシュアイペディアより)

  • 近藤昭仁

    近藤昭仁から見た福浦和也福浦和也

    1997年からはロッテの指揮を執る。当時のロッテは前年の低迷に加え、小宮山悟に並ぶエースであった伊良部秀輝とエリック・ヒルマンが退団しており、戦力的にはかなり厳しい状態であったが、その中で小坂誠、福浦和也といった新戦力が近藤に見出されて台頭した。しかし1年目はチームの防御率3点台に対して打線が振るわず最下位、2年目も現在もプロ野球記録である公式戦18連敗を記録し、横浜監督時代に続き再び「チーム総得点が総失点を上回ったにも関わらず最下位」を経験する。これにより契約期間を1年残しての引責辞任となったが、その辞任会見の席で「もっと強いチームで監督をやりたかった」という発言をし、ロッテファンの批判を浴びた。近藤昭仁 フレッシュアイペディアより)

  • 指名打者

    指名打者から見た福浦和也福浦和也

    ロッテの指名打者として福浦和也が第一打席に入ったが、自打球で負傷退場。神戸拓光が代打に起用され、本塁打を打った。指名打者 フレッシュアイペディアより)

62件中 41 - 50件表示

「福浦和也」のニューストピックワード