62件中 51 - 60件表示
  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た福浦和也福浦和也

    6月6日のロッテ戦で7回二死までは完全試合(二死から福浦和也に四球)、9回無死までノーヒットノーランペースだったが、代打のサブローにライト前ヒットを打たれ自身2度目の大記録を逃すも9回1安打2四球での完封勝利となった。8月3日にプロ野球史上120人目となる通算1000奪三振を記録した。10月21日の北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズ開幕戦で8回2失点で勝利投手となり、ナゴヤドームでは先発としては初の勝利投手となった。しかし第5戦では日本ハム打線の勢いを抑えきれずに敗戦投手となり、この敗戦によりチームはまたしても日本シリーズに敗れてしまった。しかしチーム唯一の勝ち星を挙げるなどの活躍が評価され自身2度目の敢闘選手賞を受賞。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 多田野数人

    多田野数人から見た福浦和也福浦和也

    他に大きな山なりの弧を描く、60-70km/hの超スローボール「ただのボール」を持つ(「イーファスピッチ」と呼ばれることも)。メジャー時代、アレックス・ロドリゲスに対して投げ、三塁手へのゴロに討ち取ったこともある。日本でも2008年6月18日のセ・パ交流戦・広島東洋カープ戦(広島市民球場)でスコット・シーボルに対して用い、遊撃手へのゴロに打ち取った。本人によると「流れを変えたかった」(このときはテレビカメラの撮影範囲外まで投球が上がり、「消える魔球」と呼ばれてスピードガンによる計測も出来なかった。広島市民球場の球速表示では107km/hと出たがそれを下回る速度なのは明らかであり、誤作動してしまったものと思われる)。なお、この時の球速は同年6月19日放送の『イチオシ!』(北海道テレビ放送)と『プロ野球ニュース』(スカイパーフェクTV!・フジテレビ739)においては約40km/h、同日放送の『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)では48km/hという計算結果を出した。テレビ番組で多田野が特集される際には、この場面の映像が頻繁に使用されている。また、4月21日の福岡ソフトバンクホークス戦(東京ドーム)においても松中信彦に対して「流れを変える」べく投じているが、このときは見送られ、その打席では本塁打を打たれている。5月8日には福浦和也に対し「ただのボール」を投じ、センター前に初めてヒットされた。通称「多田野ボール」などと呼ばれてきたが、墨田区出身ということもあり、テレビ画面からはみ出すほどの高さに放るさまから東京スカイツリーにあやかって、「スカイツリーボール」に改名する案も持ち上がった。多田野数人 フレッシュアイペディアより)

  • 高沢秀昭

    高沢秀昭から見た福浦和也福浦和也

    「伝説の打撃コーチ」といわれる高畠導宏(ロッテ在籍時は登録名・高畠康真)に技術を伝授された1人である。高畠の教えを受けたロッテの選手には高沢のほか、落合博満、西村徳文、平井光親と同時代に3人も首位打者になった者がいる。打撃コーチとしてその指導法を受け継ぐ高沢は、福浦和也(2001年首位打者)、サブローといった主力選手の台頭にも貢献している。サブローは同じ俊足巧打の外野手として高沢の「走る(つなぐ)4番」というスタイルを受け継いでいる。高沢秀昭 フレッシュアイペディアより)

  • フリオ・ズレータ

    フリオ・ズレータから見た福浦和也福浦和也

    は交流戦以降、膝などに不安がある松中信彦に代わり一塁手に定着。一塁では無難な守備を見せており、2005年はゴールデングラブ賞を獲得した福浦和也よりも失策数は少なかった。打率.319、43本塁打、99打点といずれもリーグ2位の好成績を記録。またオフに、第1回ワールド・ベースボール・クラシックパナマ代表候補に選出されたが日本のシーズンを優先するため辞退した。フリオ・ズレータ フレッシュアイペディアより)

  • サウスポー

    サウスポーから見た福浦和也福浦和也

    元来は右利きであるが野球ではサウスポーが有利だという理由で、左投げに転向する選手も多い。石井弘寿や井川慶などである。江夏豊は兄の勧めで、柴原洋や杉内俊哉は親の方針で、今中慎二や石井一久は初めて貰ったグラブの都合で、野村弘樹は巨人の星に憧れて、鈴木啓示、中村良二、福浦和也、ビリー・ワグナーは右腕を故障したために左投げに転向したという例もある。サウスポー フレッシュアイペディアより)

  • 杉内俊哉

    杉内俊哉から見た福浦和也福浦和也

    1イニング4奪三振:2003年4月14日、対千葉ロッテマリーンズ4回戦(千葉マリンスタジアム)、8回裏に小坂誠(振り逃げ)・渡辺正人・垣内哲也・福浦和也から ※史上8人目(9度目)杉内俊哉 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た福浦和也福浦和也

    初奪三振:同上、2回裏に福浦和也から小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た福浦和也福浦和也

    オープン戦において打率.050の大不振のまま開幕2軍スタート。しかし、昇格と同時にロッテの下位打線に定着し、このシーズンは打率.260・本塁打30・打点82とプレーオフ進出に貢献。プレーオフは7試合で16打数3安打と鳴りを潜めたが、日本シリーズ(対阪神タイガース戦)では井川慶から本塁打を放った。第3戦ではスタメンを外れたものの、第4戦は先制本塁打を放つなどシリーズ計3本塁打を放って日本一に貢献し、優秀選手賞を受賞した(MVPは今江敏晃)。続くアジアシリーズでは古巣・サムスンとの対決となり、第1戦では5番、決勝戦では3番と主軸を任されたものの、2戦で無安打に終わった。「シーズンを通じて調子の波が大きい」「左投手に弱い」との理由で、相手先発が左投手のときはスタメンを外されるなど、ロッテ時代は最後まで固定レギュラーを任せられなかった。守備位置も、李は本来一塁手だが、ロッテの一塁には福浦和也がおり、DHや左翼手でも出場するなど守備機会は安定しなかった。ロッテに残留との合意報道も出ていたが、ロッテでの起用法に不満があったため、自由契約となる。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 小笠原道大

    小笠原道大から見た福浦和也福浦和也

    ロッテの福浦和也との首位打者争いには敗れたが、打率.339、32本塁打、86打点、195安打を残し、2年連続でパ・リーグ最多安打を記録。この年放った195安打はシーズン安打数両リーグで歴代2位(当時)であった。そしてイチロー以来、史上2人目となる複数年での180安打以上も記録した。チームが最下位に沈んだ中、49本塁打を記録したアレックス・カブレラ、3割30本100打点を記録した松中、首位打者の福浦を抑え激戦と言われたベストナイン一塁手部門を受賞した。加えて歴代3位タイとなるシーズン猛打賞23回を記録する。小笠原道大 フレッシュアイペディアより)

  • ジョン・ベイル

    ジョン・ベイルから見た福浦和也福浦和也

    も開幕直後は守護神として活躍していたが、5月13日の対千葉ロッテマリーンズ戦で大塚明への5球目を投じた時に雨で足を滑らせ左足内転筋を負傷した(代わった林昌樹が福浦和也にサヨナラ安打を打たれ敗戦。根元俊一の項参照)。そのため、永川勝浩が代わりに守護神を務めることになった。怪我からの復帰後は先発に戻り、まずまずの成績を残すも、長期離脱と高年俸100万ドルがネックとなり10月18日に戦力外通告を受ける。ジョン・ベイル フレッシュアイペディアより)

62件中 51 - 60件表示

「福浦和也」のニューストピックワード