78件中 61 - 70件表示
  • 城所龍磨

    城所龍磨から見た福浦和也福浦和也

    ''、開幕を一軍で迎え、81試合に出場しチームトップの代走36試合、守備固め44試合とリーグ優勝に貢献した。主に左翼手で起用され一軍、二軍ともに中堅手としての起用が全く無かった。7月15日対ロッテ戦9回裏1点リード二死二塁、抑えのデニス・サファテ登板中、福浦和也のレフト線ヒットの返球を悪送球にしてしまい岡田幸文が楽に生還、打者の福浦も二塁へと進め、12回延長引き分けとなった。8月31日対楽天戦9回1点リード一死一塁、同じくデニス・サファテの登板中に銀次のレフト前ヒットを後逸して同点のタイムリーエラーとなり打者の銀次も三塁に進めた。なおチームは延長12回に森福允彦が松井稼頭央にタイムリーヒットを打たれサヨナラ負けした。これによりチームは2勝を失い、サファテはセーブ失敗が2回記録され、自身の連続無失策も6年で途絶えた。CSファイナルステージ、日本シリーズではベンチ入りできなかった。シーズンオフの12月9日の契約更改交渉にて控え選手の大変さを力説して90分間粘り700万円アップの年俸2,400万円(金額は推定)で一発更改した。城所龍磨 フレッシュアイペディアより)

  • サウスポー

    サウスポーから見た福浦和也福浦和也

    元来は右利きであるが野球ではサウスポーが有利だという理由で、左投げに転向する選手も多い。石井弘寿や井川慶、菊池雄星などである。江夏豊は兄の勧めで、柴原洋や杉内俊哉は親の方針で、今中慎二や石井一久は初めて貰ったグラブの都合で、野村弘樹は『巨人の星』に憧れて、鈴木啓示、中村良二、福浦和也、ビリー・ワグナーは右腕を故障したために左投げに転向したという例もある。サウスポー フレッシュアイペディアより)

  • 指名打者

    指名打者から見た福浦和也福浦和也

    ロッテの指名打者として福浦和也が第一打席に入ったが、自打球で負傷退場。神戸拓光が代打に起用され、本塁打を打った。指名打者 フレッシュアイペディアより)

  • 李承ヨプ (野球)

    李承ヨプ (野球)から見た福浦和也福浦和也

    オープン戦において打率.050の大不振のまま開幕2軍スタート。しかし、昇格と同時にロッテの下位打線に定着し、このシーズンは打率.260・本塁打30・打点82とプレーオフ進出に貢献。プレーオフは7試合で16打数3安打と鳴りを潜めたが、阪神タイガースとの日本シリーズでは井川慶から本塁打を放った。第3戦ではスタメンを外れたものの、第4戦は先制本塁打を放つなどシリーズ計3本塁打を放って日本一に貢献し、優秀選手賞を受賞した(MVPは今江敏晃)。続くアジアシリーズでは古巣・サムスンとの対決となり、第1戦では5番、決勝戦では3番と主軸を任されたものの、2戦で無安打に終わった。「シーズンを通じて調子の波が大きい」「左投手に弱い」との理由で、相手先発が左投手のときはスタメンを外されるなど、ロッテ時代は最後まで固定レギュラーを任せられなかった。ボビー・バレンタインがプラトーン・システムを採用する監督だったためでもある。守備位置も、李は本来一塁手だが、ロッテの一塁には福浦和也がいたため、DHや左翼手でも出場するなど守備機会は安定しなかった。ロッテに残留との合意報道も出ていたが、ロッテでの起用法に不満があったため、自由契約となる。李承ヨプ (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 雄平

    雄平から見た福浦和也福浦和也

    、石井一久がヤクルトに復帰したため、背番号を22に変更。この年からリリーフに回り36試合に登板したが、防御率は自己ワーストの6点台と結果を残せなかった。6月17日の対千葉ロッテマリーンズ戦7回表二死一、二塁で3番手で登板したが、打者の福浦和也に投じた初球が側頭部を直撃し、わずか1球で危険球により退場した。10月12日、この年初めて先発登板したが、1イニングに3個の暴投を記録。雄平 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年

    1975年から見た福浦和也福浦和也

    12月14日 - 福浦和也、プロ野球選手1975年 フレッシュアイペディアより)

  • 習志野市

    習志野市から見た福浦和也福浦和也

    福浦和也(プロ野球千葉ロッテマリーンズ選手)習志野市 フレッシュアイペディアより)

  • 小野寺力 (野球)

    小野寺力 (野球)から見た福浦和也福浦和也

    初奪三振:同上、2回裏に福浦和也から小野寺力 (野球) フレッシュアイペディアより)

  • 北川博敏

    北川博敏から見た福浦和也福浦和也

    守備範囲は多少狭いがグラブ捌きは上手く、2007年は福浦和也の.995を上回るリーグトップの守備率.998を記録している(ゴールデングラブ賞は福浦が受賞)。北川博敏 フレッシュアイペディアより)

  • 初芝清

    初芝清から見た福浦和也福浦和也

    そのため日本シリーズ(第2戦の出場)を最後に現役を引退するはずだったが、11月5日のパ・リーグオールスター東西対抗へ、怪我をしているチームメイト・堀幸一と福浦和也に代わり出場。8回裏1アウトの場面で代打で登場し、ショートフライに倒れた。初芝清 フレッシュアイペディアより)

78件中 61 - 70件表示