1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
78件中 71 - 78件表示
  • 多田野数人

    多田野数人から見た福浦和也福浦和也

    他に大きな山なりの弧を描く、60-70km/hの超スローボールを持つ。(ただのボール・イーファスピッチ・スカイツリーボールなどと呼ばれる)メジャー時代、アレックス・ロドリゲスに対して投げ、三塁手へのゴロに討ち取ったこともある。日本でも2008年6月18日のセ・パ交流戦・広島東洋カープ戦(広島市民球場)でスコット・シーボルに対して用い、遊撃手へのゴロに打ち取った。本人によると「流れを変えたかった」(このときはテレビカメラの撮影範囲外まで投球が上がり、「消える魔球」と呼ばれてスピードガンによる計測も出来なかった。)。なお、この時の球速は同年6月19日放送の『イチオシ!』(北海道テレビ放送)と『プロ野球ニュース』(スカイパーフェクTV!・フジテレビ739)においては約40km/h、同日放送の『スーパーJチャンネル』(テレビ朝日系)では48km/hという計算結果を出した。テレビ番組で多田野が特集される際には、この場面の映像が頻繁に使用されている。また、4月21日の福岡ソフトバンクホークス戦(東京ドーム)においても松中信彦に対して「流れを変える」べく投じているが、この時は見送られ、その打席では本塁打を打たれている。5月8日には福浦和也に対し「ただのボール」を投じた際、上手くタイミングを合わせた福浦に、センター前に初めてヒットにされた。また一時期は、出身地が墨田区ということもあり、テレビ画面からはみ出すほどの高さに放るさまから、地元の建造物である東京スカイツリーにあやかって「スカイツリーボール」に改名する案が持ち上がったこともあった。多田野数人 フレッシュアイペディアより)

  • 川上憲伸

    川上憲伸から見た福浦和也福浦和也

    には、6月6日の対ロッテ戦に、9回を1安打2四球という内容で完封勝利。7回二死までは完全試合(福浦和也に四球)、9回無死までノーヒットノーランペース(代打のサブローに右前安打)と好投した。8月3日には、NPB史上120人目の一軍公式戦通算1000奪三振を記録。シーズン通算では17勝を挙げて、自身2度目の最多勝、自身初の最多奪三振のタイトルを獲得した。北海道日本ハムファイターズとの日本シリーズでは、10月21日の開幕戦に8回2失点と勝利。ナゴヤドームでは、先発としてシリーズ初の勝利投手になった。第5戦で敗戦投手になったため、チームはまたしても日本一を逃したが、川上自身は2度目の敢闘選手賞を受賞した。川上憲伸 フレッシュアイペディアより)

  • 能見篤史

    能見篤史から見た福浦和也福浦和也

    はメジャー移籍で抜けた井川の穴埋めを期待され先発ローテーションとしてスタートしたが、4月が終わるまでに5試合で1勝3敗と結果を出せず中継ぎに配置転換。しかし、中継ぎでもほとんどの登板で安打を許す不安定な投球が続き、5月27日の対千葉ロッテマリーンズ戦で1回5失点と炎上してからは二軍降格。この試合では福浦和也にチームとして3個目の死球を与え、その裏にロッテの藤田宗一が金本知憲に与えた死球が報復とされ乱闘となるきっかけを作った。その後、8月中旬に先発ローテーションとして一軍復帰すると4試合で1完投を含む3勝と好投を続けたが、9月11日に4回途中7失点でノックアウトされると、その後2度の先発登板も5回まで投げきることができず、シーズンを終えた。二軍では7試合に登板してチームトップタイ、リーグ2位の6勝を挙げて防御率2.51, 43回で37奪三振を記録、35被安打、15与四球でWHIP1.12と安定した内容だった。能見篤史 フレッシュアイペディアより)

  • 野球のビデオ判定

    野球のビデオ判定から見た福浦和也福浦和也

    一方、ビデオ判定により本塁打が取り消された初のケースとなったのは、同年5月1日の広島東洋カープ対中日ドラゴンズ戦(MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島)の6回表に和田一浩が打った左翼ポール際の打球(この打球はポールの上空を通過したため、即座の判断が難しい打球であった)。また、その逆にビデオ判定によりファウルが取り消され本塁打となった初のケースは、同年5月13日の横浜ベイスターズ対ロッテ戦(横浜スタジアム)の6回表に福浦和也が右翼ポール際へ放った打球だった。野球のビデオ判定 フレッシュアイペディアより)

  • 2017年の日本プロ野球

    2017年の日本プロ野球から見た福浦和也福浦和也

    千葉ロッテマリーンズは、来季の一軍打撃コーチとして金森栄治が6年ぶりにチームに復帰。また一軍戦略兼バッテリーコーチに今季日本ハム二軍バッテリーコーチを務めた的場直樹、内野手の福浦和也が選手兼任打撃コーチ補佐に就任することを発表。今季一軍打撃コーチを務めた堀幸一は二軍に回る。2017年の日本プロ野球 フレッシュアイペディアより)

  • 北九州市民球場

    北九州市民球場から見た福浦和也福浦和也

    2009年5月13日のソフトバンク対ロッテ戦では福浦和也の今季初本塁打などでロッテが7-0と快勝。大嶺祐太がプロ初完投・初完封を達成し、ボビー・バレンタイン監督への良い誕生日プレゼントとなった。北九州市民球場 フレッシュアイペディアより)

  • 西口文也

    西口文也から見た福浦和也福浦和也

    福浦和也の四球による出塁1つに抑えて9回2死までノーヒットノーランだったが、小坂誠に中前打されて逃した。次のサブローにも右前打されたが、西口は何とか後続を抑えて2安打1四球、6-0の完封勝ち。西口文也 フレッシュアイペディアより)

  • 清田育宏

    清田育宏から見た福浦和也福浦和也

    初出場:2010年5月24日、対阪神タイガース1回戦(阪神甲子園球場)、7回表に福浦和也の代走で出場清田育宏 フレッシュアイペディアより)

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ
78件中 71 - 78件表示