前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示
  • 福浦和也

    福浦和也から見たゴールデングラブ賞

    2001年から2006年まで6年連続で打率3割を記録したアベレージヒッター。3度ゴールデングラブ賞を獲得したこともあり守備の評価も高い。家族は夫人と一男。なお息子の名前の一部に彼を見出した山本功児前監督にあやかって「功」の字が使われている。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た今江敏晃

    今江敏晃は「福浦さんがいなかったらチームの失策数は倍に増えている」と話し、小坂誠は「自分の守備がうまいと言われているのは福浦がいたおかげ」と話している。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た豊田清

    初二塁打:1997年8月19日、対西武ライオンズ19回戦(西武ライオンズ球場)、2回表に豊田清から福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た小笠原道大

    2001年に一塁手に復帰し、才能が開花。小笠原道大(当時・日本ハム)との熾烈な争いを制し打率.346で首位打者を獲得。また18本塁打を放ち、長打も打てることを証明した。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た城島健司

    初盗塁:1998年7月28日、対福岡ダイエーホークス16回戦(北九州市民球場)、2回表に二盗(投手:西村龍次、捕手:城島健司福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た金泰均 (1982年生の内野手)

    2010年は、金泰均の加入で主にDHや代打の切り札として出場。この年はここ数年の不振から脱却し、序盤は7番や代打で出場していたものの後半戦は里崎智也、サブローの離脱や大松尚逸の不振から6番や5番を打つことも多くなり、9月8日の対オリックス戦では不振の金泰均に代わって、7年ぶりに4番でのスタメン出場を果たした。5月13日の対横浜戦(横浜スタジアム)にて6回表1死満塁の場面で代打出場し、真田裕貴から、ライトポール際へ大飛球を放ち、最初は一塁塁審にファウルを宣告されるも、2010年から導入されたビデオ判定により本塁打と認定され代打逆転満塁ビデオ判定弾となった。ビデオ判定導入以降ファウルが本塁打に覆ったのは初。規定打席には到達しなかったものの最終的に打率は.295を記録し、ここ数年減少していた本塁打も13本と2004年以来の2桁を記録した。また、指名打者部門でベストナインに選ばれた。ベストナイン受賞は自身初である。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た小坂誠

    今江敏晃は「福浦さんがいなかったらチームの失策数は倍に増えている」と話し、小坂誠は「自分の守備がうまいと言われているのは福浦がいたおかげ」と話している。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た桟原将司

    2005年は故障もありやや低調なシーズンだったが、終盤の追い込みで辛うじて5年連続の打率3割を達成。チャンスでの強さは変わらず、ロッテのプレーオフ進出に大きく貢献した。そのプレーオフでも好調を維持し、ロッテの31年ぶりのリーグ優勝に貢献した。日本シリーズ第3戦では阪神の桟原将司から満塁本塁打を放った。アジアシリーズでは腰痛のため選手登録はされなかった。また、この年にはリーグトップの犠飛(9本)を打っている。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た里崎智也

    2010年は、金泰均の加入で主にDHや代打の切り札として出場。この年はここ数年の不振から脱却し、序盤は7番や代打で出場していたものの後半戦は里崎智也、サブローの離脱や大松尚逸の不振から6番や5番を打つことも多くなり、9月8日の対オリックス戦では不振の金泰均に代わって、7年ぶりに4番でのスタメン出場を果たした。5月13日の対横浜戦(横浜スタジアム)にて6回表1死満塁の場面で代打出場し、真田裕貴から、ライトポール際へ大飛球を放ち、最初は一塁塁審にファウルを宣告されるも、2010年から導入されたビデオ判定により本塁打と認定され代打逆転満塁ビデオ判定弾となった。ビデオ判定導入以降ファウルが本塁打に覆ったのは初。規定打席には到達しなかったものの最終的に打率は.295を記録し、ここ数年減少していた本塁打も13本と2004年以来の2桁を記録した。また、指名打者部門でベストナインに選ばれた。ベストナイン受賞は自身初である。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た真田裕貴

    2010年は、金泰均の加入で主にDHや代打の切り札として出場。この年はここ数年の不振から脱却し、序盤は7番や代打で出場していたものの後半戦は里崎智也、サブローの離脱や大松尚逸の不振から6番や5番を打つことも多くなり、9月8日の対オリックス戦では不振の金泰均に代わって、7年ぶりに4番でのスタメン出場を果たした。5月13日の対横浜戦(横浜スタジアム)にて6回表1死満塁の場面で代打出場し、真田裕貴から、ライトポール際へ大飛球を放ち、最初は一塁塁審にファウルを宣告されるも、2010年から導入されたビデオ判定により本塁打と認定され代打逆転満塁ビデオ判定弾となった。ビデオ判定導入以降ファウルが本塁打に覆ったのは初。規定打席には到達しなかったものの最終的に打率は.295を記録し、ここ数年減少していた本塁打も13本と2004年以来の2桁を記録した。また、指名打者部門でベストナインに選ばれた。ベストナイン受賞は自身初である。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
70件中 1 - 10件表示

「福浦和也」のニューストピックワード