2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
108件中 91 - 100件表示
  • 福浦和也

    福浦和也から見た振り子打法

    打席においては左のお尻に力を入れることを意識しながら左脇を開け、打つポイントを体の近くに置くことでギリギリまでボールを見極めてスイングをする。かつては「振り子打法」で注目されたこともあったが、腰痛や年齢的な衰えなどからフォームは見直されていった。また、調子のバロメーターの一つとしてファウルボールの方向をあげており、レフト方向へライナー性のファウルが打てる時は調子が良く、バックネット方向へファウルが飛ぶ時はタイミングが合っていないという感覚を持っている。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た犠牲フライ

    、故障もありやや低調なシーズンだったが、終盤の追い込みで5年連続の打率3割と3年連続の70打点を達成。本塁打は一桁に終わったが、得点圏打率.333、満塁打率.556、犠飛はリーグトップの9本を記録した。また、5月12日の対阪神タイガース戦では通算1000試合出場を達成している。ボビー・バレンタイン監督による日替わりのマリンガン打線において、唯一福浦だけが1年間「3番」に固定されるなど、チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献。阪神タイガースとの日本シリーズ第3戦では桟原将司からシリーズ史上17本目となる満塁本塁打を放った。なお、優勝したアジアシリーズでは腰痛のため選手登録はされなかった。3度目のオールスターゲーム出場と2度目のゴールデングラブ賞受賞を果たす。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た2006年のオールスターゲーム (日本プロ野球)

    、3・4月度の成績がリーグトップの43安打、打率.422と好調で初の月間MVPを受賞。入団13年目での初受賞は、リーグ史上2番目に遅い記録であった。7月に死球により左手を骨折し、約1か月間の戦線離脱もあったが、6年連続の打率3割を達成。成績は打率.312(リーグ5位)、4本塁打。なお、前述の理由により出場が決まっていたオールスターゲームは辞退。シーズンオフの日米野球には2大会連続の出場となった。同年、FA権を取得。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た札幌市円山球場

    初打点:1997年7月13日、対西武ライオンズ15回戦(札幌市円山球場)、5回表に石井丈裕から福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た2010年の日本シリーズ

    、慢性的な腰痛や、金泰均の加入などを考慮して指名打者に転向する。ここ数年の不振から脱却し、序盤は7番や代打で出場していたものの後半戦は里崎智也、サブローの離脱や大松尚逸の不振から6番や5番を打つことも多くなり、9月8日の対オリックス・バファローズ戦では不振の金泰均に代わって、7年ぶりに4番でのスタメン出場を果たした。規定打席には到達しなかったものの最終的に打率.295を記録し、ここ数年減少していた本塁打も13本と2004年以来の2桁を記録。3月22日の対埼玉西武ライオンズ戦では通算100号本塁打を達成。史上258人目だが、1539試合での到達は6番目に遅い記録であった。また、代打率.364と代打の切り札としても結果を残した。クライマックスシリーズファーストステージの対埼玉西武ライオンズ戦では、延長11回に土肥義弘から勝ち越しソロ本塁打を放ち、勝利に貢献。チームはファイナルステージも突破し、日本シリーズでも中日ドラゴンズを破り、シーズン3位から5年ぶりの日本一を達成。1年を通した活躍で、指名打者部門で初のベストナインを受賞した。5月13日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)にて6回表一死満塁の場面で代打出場し、真田裕貴から、ライトポール際へ大飛球を放ち、最初は一塁塁審にファウルを宣告されるも、2010年から導入されたビデオ判定により本塁打と認定され「代打逆転満塁ビデオ判定弾」となった。ビデオ判定導入以降ファウルが本塁打に覆ったのは初の事例である。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た2010年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ

    、慢性的な腰痛や、金泰均の加入などを考慮して指名打者に転向する。ここ数年の不振から脱却し、序盤は7番や代打で出場していたものの後半戦は里崎智也、サブローの離脱や大松尚逸の不振から6番や5番を打つことも多くなり、9月8日の対オリックス・バファローズ戦では不振の金泰均に代わって、7年ぶりに4番でのスタメン出場を果たした。規定打席には到達しなかったものの最終的に打率.295を記録し、ここ数年減少していた本塁打も13本と2004年以来の2桁を記録。3月22日の対埼玉西武ライオンズ戦では通算100号本塁打を達成。史上258人目だが、1539試合での到達は6番目に遅い記録であった。また、代打率.364と代打の切り札としても結果を残した。クライマックスシリーズファーストステージの対埼玉西武ライオンズ戦では、延長11回に土肥義弘から勝ち越しソロ本塁打を放ち、勝利に貢献。チームはファイナルステージも突破し、日本シリーズでも中日ドラゴンズを破り、シーズン3位から5年ぶりの日本一を達成。1年を通した活躍で、指名打者部門で初のベストナインを受賞した。5月13日の対横浜ベイスターズ戦(横浜スタジアム)にて6回表一死満塁の場面で代打出場し、真田裕貴から、ライトポール際へ大飛球を放ち、最初は一塁塁審にファウルを宣告されるも、2010年から導入されたビデオ判定により本塁打と認定され「代打逆転満塁ビデオ判定弾」となった。ビデオ判定導入以降ファウルが本塁打に覆ったのは初の事例である。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た日米野球2006

    日米野球出場:2回 (2004年、2006年福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た2005年の日本シリーズ

    、故障もありやや低調なシーズンだったが、終盤の追い込みで5年連続の打率3割と3年連続の70打点を達成。本塁打は一桁に終わったが、得点圏打率.333、満塁打率.556、犠飛はリーグトップの9本を記録した。また、5月12日の対阪神タイガース戦では通算1000試合出場を達成している。ボビー・バレンタイン監督による日替わりのマリンガン打線において、唯一福浦だけが1年間「3番」に固定されるなど、チームの31年ぶりのリーグ優勝と日本一に貢献。阪神タイガースとの日本シリーズ第3戦では桟原将司からシリーズ史上17本目となる満塁本塁打を放った。なお、優勝したアジアシリーズでは腰痛のため選手登録はされなかった。3度目のオールスターゲーム出場と2度目のゴールデングラブ賞受賞を果たす。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た千葉県立野田北高等学校

    習志野市立習志野高等学校では最速142km/hのストレートとカーブのコンビネーションを武器にエースで4番として活躍。2年夏()の県大会では東京学館技術との4回戦で本塁打を放つ。チームはベスト8に進出するが、準々決勝で立川隆史を擁する拓大紅陵に敗退。秋季関東大会県予選の準々決勝では、暁星国際高に8回コールド負け。3年春()には練習試合でノーヒットノーランを達成している。夏の県大会では3回戦で野田北高に敗退。なお、習志野高校のチャンステーマ「レッツゴー習志野」は、現在も福浦の打席で応援歌として使われる事があり、自身も「思い入れがあり、力になる」と述べている。福浦和也 フレッシュアイペディアより)

  • 福浦和也

    福浦和也から見た北九州市民球場

    初盗塁:1998年7月28日、対福岡ダイエーホークス16回戦(北九州市民球場)、2回表に二盗(投手:西村龍次、捕手:城島健司)福浦和也 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
108件中 91 - 100件表示